« 選挙とマスコミ | トップページ | 八月です »

2007.07.31

内田節に思うこと

内田樹さんの鼓腹撃壌のしあわせと言うエントリーを読んで私は考え込みました、、、
内田さんの相変わらずのアイロニー全開の文章は、額面どおりに読めば腹立たしいばかりの記事が目立ちます。
とは言え教えられる記事、なるほどと目から鱗記事も多いのも事実です。
私も何度となく啓蒙されています。

先日の格差社会って何だろうと言うタイトルの記事は物議を醸したようです。
この記事に関しては私自身の感想は「内田さんらしい」です。
この「らしい」というところに私の思いっ切りの感情が移入されています。
微笑ましくもあり、苦々しくもあるということです。
しかし彼は経済学者でも社会学者でもなくエッセイストと思えば「そんなものか」と言う感じです。

が、
が、
直近の「鼓腹撃壌のしあわせ」にはマイッタナ〜〜〜内田さん。
と思いました。
鼓腹撃壌のしあわせ、、、ねぇ???
ときに誰が堯???なの内田さん。
私は間違っても今の日本が鼓腹撃壌なんて思いません。

市井の民が「私たちが幸せに暮らせるのは政治がいいから」とか為政者が「そうか、これでよいのじゃ。人民たちが何の不安もなく鼓服をうち撃壌をして、自分たちの生活を楽しんでいてくれる。」
なんて思っているとは考えられませんねぇ、、、内田さん。
内田さん。
つい先日のこと北九州で餓死で亡くなった方がいられることをご存知ですか?
生活保護世帯の実態をご存知ですか?
勿論、
モチロン、
ご存知の内田さんとは思いますが、
そうした現実を見据えながらも、なお「鼓腹撃壌のしあわせ」なぁんて書く内田流の皮肉、あてこすり。
それを差し引いても私にはフツフツと怒りを覚えますね、、、
本当は内田さんは為政者の「無能・無知」を仰りたかったのは前の文章でわかりますが、
「日本社会が豊かである」という大前提はやはり「いただけない」。

尭舜から老荘思想へと論を発展していくと、
私には寧ろ老子24章を彷彿とさせる安倍さんですがねぇ。
「天地でさえ暴風を一日中続けさせることは出来ません。まして小さい人間ではなおさら続きません。大声を張り上げてしゃべりまくる不自然なことはやめたほうがよい。」

如何でしょうか???
内田さん。
見るべきことは、庶民の現実ではないでしょうか?
愚かな為政者を揶揄することではありません。

|

« 選挙とマスコミ | トップページ | 八月です »

コメント

瀬戸智子さん、長らくご無沙汰しておりました、愚樵であります。久しぶりにお邪魔させてもらいました。

内田樹というお方、最近、何かと話題になっているみたいですね。私はこれから読んでみようと思っているのですが、なにかと毀誉褒貶の激しい方のようで。好みが分かれるのは所以はどこにあるのか、そうしたことも気に留めながら読んでみるつもりです。

ところで、今回の「鼓腹撃壌のしあわせ」ですが、私の読んだ直後の感想は、この人はアナーキストなのかな? というものでした。 どんなバカが統治しても国民は幸せというのは、要するに統治者など不要ということなのではないのでしょうか? そう読むことができるなら、私は内田さんには好意的です。
けれど、「格差社会ってなんだろう」でも感じたんですが(ほかはまだほとんど読んでいません)、このお方、ご自分のアイデンティティの所在をはっきりとお示しにならないようで。ひょっとしたらそれがこの方のスタイルなのかもしれませんが、そうしたスタイルだと発した言葉はどうしても上滑りしてしまいますよねぇ。

投稿: 愚樵 | 2007.08.02 12:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/15959111

この記事へのトラックバック一覧です: 内田節に思うこと:

» 【お題】「安倍首相続投により、政局はどう動くか」 [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
前のお題「日本における2大政党制の是非」は継続しています。引き続き、ご意見のある方は、昨日の記事にコメントください。 ちょっと毎日新聞の社説にインスパイアされたので、時事ネタのお題をもう一つ。 毎日新聞は、選挙の終盤ごろから、具体的な安倍批判をはじめ、..... [続きを読む]

受信: 2007.08.01 04:54

» 内田流「格差社会」論の見方について [愚樵空論]
いまさらながらの内田流「格差社会」論。これもいまさらながらだが、鋭い社会への洞察と見る向きと、社会の実態が見えていない精神論と見る向きとの大別されているように思う。賛否両論というわけだ。で、私はというと、今は前者... [続きを読む]

受信: 2007.08.31 10:35

« 選挙とマスコミ | トップページ | 八月です »