« 何の喜びか憂いに非ざらんや | トップページ | 山本拓発言 »

2007.07.21

憲法に於ける安全と安心

世の中、いろんなことがあって、アレも書こうコレも思っていたのですが、慌ただしくしていて、これらの鮮度が落ち、落ちてしまえばパトスが湧かない、したがってなかなかパソコンに向かえない、ということで今日にいたりました。
本当は一番書きたいことは、いう間でもなく「参議院選挙」です。
皆さん、棄権なんか絶対してはなりません!
棄権は危険。
先に何がまっているかを考えたら絶対、絶対、ぜったい棄権はしないでください。
(どこかの候補者は、誰とは言いませんが、、、ここ三年間
選挙に行っていないし、今回も投票権が無いそうですが、、、)

さてさて、そんな中で今日は少々気合いを入れて今回の参議院選挙の争点の一つについて見てみます。
ズバリ。
憲法です。
憲法9条を変えるか、守るかと言う争点がこのところ曖昧になって来ているようなので、もう一度見ていきます。
今日は、安全と安心について。
「安心」と言う文言は憲法にはありません。
「安全」は一か所、前文第二段にでてきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今、私たちの周りには安全や安心と言う言葉が溢れかえっています。
卑近な例では言えば「食の安全・安心」、あるいは「住の安全・安心」、、、、と。
同列にとらまえられている安全と安心ですがこの両者の意味は明らかに違います。安全は客観的であり安心は主観的です。
私たちの生活の保障をしてくれるようなこれらの耳触りの良い言葉を憲法と警察法というフィルターを通して今日は見ていきます。
そもそも近代憲法の成り立ちは、権力が暴走したかつての封建社会の総括と反省から「国家権力を規制する」ために生み出されたものです。近代国家は夜警国家と言われたように国家の役割は防衛と治安でした。しかし20世紀意向の現代国家は社会保障や教育、労働など国家の役割を大きく拡張しました。
こうした背景の中生まれた日本国憲法は近代憲法と現代憲法の両方の性格をもっています。
そして平和や治安については誇るべき9条によりあえて安全や安心はことさら憲法に文言としては書いていません。
そして治安については警察に委ねるという形で安全を保障しています。
では警察は治安について今まではどの様な対策を行ってきたのでしょうか?
1996年から2002年までは検挙率が戦後最悪の記録を更新し続けました。しかし2003年からはかなり改善されて来ました。
が、警察当局は新しい概念を導入、つまり「体感治安」という客観的概念を使うことで、より国民を監視する方向へと進んでいったのです。具体的には監視カメラやコミュニティポリシング(警察が地域社会に入りこみ住民と協力しながら警察活動を行うこと)や迷惑犯罪も重大犯罪も同列に取り締まる「ゼロトレランス」などがそれです。
これらは一見、なんの問題もなさそうですが、実は大ありなのです。
何が問題か、と問われれば答えは「警察は安全・安心」を守ることを謳っているからです。そもそも警察法
第2条には以下のように警察の責務を規定します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第2条 警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当ることをもつてその責務とする。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安全とは客観的な事実です。安心とは主観であり人それぞれ違います。
しかし警察が治安という名目で「安全・安心」を謳うことは、
活動としては安全が第一義であり人々の安心までは立ち入らないが、一方で安心を掲げ民事介入を積極的に果たしていくということです。
それは自民党改憲案にも見ることができます。
現憲法では安全という文言は憲法が規定するものというよりは保障する物としてとらまえていたため控えめであったのですが、自民党案は堂々とでてきました。しかも「国」「国民」「国際社会」の「安全」ということです。現実には社会福祉や教育は切り詰められるだけ切り詰められ、軍事と国民を監視する治安だけが「安全・安心」のスローガンのもと拡大していくということです。
「安全や安心な町作り」は大切です。
必要です。
国が最大の努力をして国民に保障すべきものです。
しかし、これらの安全安心が逆手にとられ、国民相互が監視しあい、権力がズカズカと私たちの生活に入ってくることがないように、しっかりと見ていく必要があります。
こうした意味からも現日本国憲法を守ることは、私たちの自由と権利を守ることであると改めて認識しました。

|

« 何の喜びか憂いに非ざらんや | トップページ | 山本拓発言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/15834301

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法に於ける安全と安心:

» 世界経済支配層が生き残る道 [晴耕雨読]
佐々木敏氏は歴史に学んでいないし経済論理も理解していないからつづきます。 >よく理解できないのは、兌換を復活した場合、金は、またたくまに、兌換されてしまうのでしょうか? 今まで交換停止していたのだから、急激に交換兌換されないと思うのは、甘い考えか?そうかもしれん。 >しかし、兌換復活時は、日本はともかく中国に対しては、戦略上の特別条項をつけるとかの、それなりの安全装置をつけるなり、ドルの信認が高まる政策とセットぐらいするでしょう。 ご明察の通り、日本は兌換請求をしないでしょう。 ほとんど兌換され... [続きを読む]

受信: 2007.07.21 19:09

» 予想を遥かに越える高度情報化社会の到来 [ブログ blog で 情報交換]
パソコン、携帯電話などがインターネットを紡ぎながらどんどん発展している折、今グロ [続きを読む]

受信: 2007.07.21 21:35

» 国保料の年金天引き [医療制度改革批判と社会保障と憲法]
厚生労働省は6月14日、2008年4月から開始される、国保料を年金から天引きする特別徴収制度について、都道府県に事務連絡を下ろしました。  その内容は、事務連絡となっていますが、きわめて露骨な特別徴収の強要であり、導入しなければ「法令に反する」と、脅しともとれる文言まであります。 ... [続きを読む]

受信: 2007.07.22 07:52

» 麻生太郎氏のスタンスは一つの争点 [津久井進の弁護士ノート]
 麻生太郎氏の失言は,今後の国政の動向を考えると,    単なる「失言」とか「不適切な表現」 というレベルにとどめずに,もっと深く検討しておく必要があると思います。  これまでも,色々な閣僚の失言事件がありま... [続きを読む]

受信: 2007.07.22 10:39

» 「明治憲法に戻れ」!! 自民党・民主党の候補が。 [ブログ blog で 情報交換]
日本の侵略戦争を正しかったと思い込んでいる「靖国」派候補が自民党や民主党から多数 [続きを読む]

受信: 2007.07.23 09:15

» 2007参院選3人区情勢と2007参院選投票指針 [平和への結集第2ブログ]
7月20付け朝日新聞が公表した参院選情勢調査の結果を平和への結集ブログの方にまとめてありますが、3人区情勢について、補足しておきます。また、3人区との関係で、「2007参院選投票指針」を再度説明します。 ■ 2007参院選――選挙戦情勢 http://kaze.fm/word..... [続きを読む]

受信: 2007.07.24 19:23

» 民主党へは1人区でだけ投票しても野党は勝てる [平和への結集ブログ]
民主党に優先して投票しなければ野党は勝てない、と思い込んでいる有権者は多いのではないでしょうか。そうではないのだ、ということを説明したいと思います。      Flashアニメが表示されていない場合、こちらでAdobe Flash Playerをダウンロードする必要...... [続きを読む]

受信: 2007.07.24 19:25

» [参考情報]2007年春、ドイツ旅行の印象[ローテンブルク編]の残照 [toxandriaの日記、アートと社会]
[ 副 題=「中間層の没落傾向」を抑止するため、参院選後に見据えるべき二つの視点]の残照 ▲マルクト広場の風景 http://hvanilla.web.infoseek.co.jp/rothenburg/rothenburg2.htmlより ▲マルクト広場の俯瞰ショット 市庁舎の尖塔(一枚目画像の左端、画像が切れている部... [続きを読む]

受信: 2007.07.26 12:01

« 何の喜びか憂いに非ざらんや | トップページ | 山本拓発言 »