« 水には流しません | トップページ | 何の喜びか憂いに非ざらんや »

2007.07.06

政治は国会から市中へ

国会閉幕、参院選へと言うことでいよいよ舞台は国会から市中へと移ります。
安倍さんが心の底ではジリジリとしている改憲よりも私たち庶民が今回の選挙で選ぶ基準はズバリ生活。
年金問題です。
衣食住全てに亘る「偽装」問題、さらには介護・医療です。
また久間発言、さらには米特使発言など問題が噴出。
ネットでは既にお馴染みの「北朝鮮からの援護ミサイル」くらいでは安倍さんの方に風は吹かないくらい厳しい選挙が予想されます。
そのうえ、「消費税争点に」なんて自らが発言してくれるなら、なんと見通しがいいことかぁ、、、
いえね、前回の参議院選挙は2004年7月を思い出しているのです。
小泉さんはしぶとかったと言うか「したたか」でしたね。
3年前の7月6日の私の記事はレトリックな表現と言うタイトルで小泉さんの詭弁について些か辟易しながら書きました。
あの選挙は投票率が低く荘子 混沌よりと言うエントリーを思わず書いたほど「混迷」選挙でした。
二大政党の幕開け、、、とマスコミの鳴り物入りに踊らせ、
自民か民主か、、、とい二者択一がネットでも相当に議論された頃です。
結果、今にいたっているのですが、さてさてどんなものでしょう???
私個人は数多くの選択の中から自分の代弁者を選んでいけたらと願っています。

いずれにしても、
いずれにしても選挙にはいきましょう!!!
それが私たち有権者に与えられている「たった一つのスマートな意思表示」なのだから。
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアの「たったひとつの冴えたやりかた」にもじってたったひとつの スマートな抵抗と言う記事を今読み返しながら、あれから三年のうちに闇がドンドンと顕在化していると戦くばかりです。
ここで私は以下の文で最後を締めています。
その思いは今さらにさらに強烈になっています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私は、私たちの頭も
どこかの誰か、
あるいは、何かに乗っ取られていくのではないか、、、
と、危惧する昨今です。
気がついたら、
取り返しがつかないような事態にならないために。

今、
何ができるか。

そう、
私たちにできる
たったひとつのスマートな抵抗は、
「選挙」
です。
まちがっても
まちがっても、
みんなが
「選挙にいかない」
事だけはないように、
願わずにはいられません。
そして、
本当に、ほんとうに
みんなが納得できるように、
選ばれた政治家が
国を動かしてくれることを、
心より祈ります。
(たったひとつの スマートな抵抗より)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

|

« 水には流しません | トップページ | 何の喜びか憂いに非ざらんや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/15671337

この記事へのトラックバック一覧です: 政治は国会から市中へ:

» 自民党に投票し続けた人々は判断力をもっていない本質的な馬鹿、無知の輩である [晴耕雨読]
馬鹿は米英支権力の支部である自民党にアメリカ国籍に変えてもらい、日本を去れ。さん: これまで、自民党に投票をし続けた人々よ。 最近では小泉を支持した人々よ、あなたたちは本質的に馬鹿だったといえる。 現状の日本をみるがいい。 自民党は米英の新自由主義を受容推進した結果、米国からバブル経済ではめられ、今日の不良債権の状態が作られた。 貿易自由化、市場原理主義、競争原理、規制緩和、民営化により、米英強者により、いまや、日本の金融が乗っ取られるところまできた。 金融が乗っ取られるという事は、日本の全産業が彼... [続きを読む]

受信: 2007.07.06 19:45

» 選挙に勝つためには、何でもありか!! [ブログ blog で 情報交換]
安倍首相は4日夜、米国のジョゼフ核不拡散問題担当特使(前国務次官)が記者会見で広 [続きを読む]

受信: 2007.07.06 21:42

» 「アベ壷内閣の役回り」…ただ第2章の幕が閉じられるだけ? [dr.stoneflyの戯れ言]
 「花・髪切と思考の浮遊空間」のこれお・ぷてらさんから頂いたTBを読みながら、ハタっと考えてしまった。これは一体なんなんだろう?ってね。  ポチコイズミで得た頭数、その頭数の遺産をアベ壷が引き継いだ。  引き継いだアベ壷が空っぽの頭で、空虚な言葉を振りますアホのうえに、「頭数の遺産」で強行採決しまくるお坊ちゃんで非常に害悪であることから、ブログ界でも早いとこ壷の政治生命を葬ってしまおう、という風が吹きまくった。そして今さらに強く吹きまくっている。  目標である「壷内閣の終焉」を迎えれ...... [続きを読む]

受信: 2007.07.07 01:04

» 尾辻かな子さん情報 [喜八ログ]
参議院議員民主党公認候補・尾辻かな子さんのビデオニュースとCD発売のお知らせです。 [続きを読む]

受信: 2007.07.07 10:07

» 残るは、下からの政治改革。 [ブログ blog で 情報交換]
上からの政治改革の欺瞞が露呈し、今下からの政治改革が多くの国民の自覚と努力によっ [続きを読む]

受信: 2007.07.07 22:31

» きょうは七夕でした [◆書く/読む/喋る/考える◆]
あ、もう30分ほど過ぎちゃいましたけど。 ある方のブログで、七夕にちなんだ短歌遊びをしました。 そこで作ってみたのを。 現世と知ってか渡る天野川 面影浮かぶ旅やかなしき 現世と知りつつ誓う影ふたつ いまも浮かぶか天野の岸に いづくにか現世こゆる橋あるらん かささぎ告げよ袖ぬれぬ間に ※ 現世=(うつしよ)この世のこと   かささぎ=【鵲】スズメ目カラス科の鳥。全長約45センチメートル。    腹・肩・翼の先が白く他は黒く、尾は長くて緑黒色。    七夕になると天の川に翼を並べ、牽牛と... [続きを読む]

受信: 2007.07.08 01:09

» 赤城の月も今宵限りか [津久井進の弁護士ノート]
 赤城徳彦農水大臣の事務所経費疑惑が急浮上しています。  「赤城の月も今宵限りか」 とは,国定忠治の名セリフですが, 国定忠治という名前のとおり,    国の定め(=憲法)に忠実に国を治める ということを履践で... [続きを読む]

受信: 2007.07.08 15:46

» [緊急] ブログ狩りが始まった!! [Saudadeな日々]
最後の「真実の窓」が閉じようとしている。 恐れていた事態が起こりはじめた。 このままだと政府・与党を批判するブログやHPが消される。 テレビ・三大新聞はすでに骨を抜かれ、大本営機関に成り下がった。 第二次大戦前夜にソックリじゃないか。 民主主義を破壊するには、..... [続きを読む]

受信: 2007.07.08 18:12

» 落ち続ける安倍の支持率と、赤城農水相の事務所費問題 [平和のために小さな声を集めよう]
(29日お出かけの方は、期日前投票を!安倍無能首相にノーを!!) 無事に旅から帰りました。知床半島だけの旅行でしたが、父が喜んでくれたので、良い旅でした。 さて、旅行中も宿のテレビや、往復の飛行機の中では新聞で、政治情勢のチェック。 この土日に行われた、..... [続きを読む]

受信: 2007.07.10 09:24

» “欲ボケ”と“知識ボケ”、それらを背後で操る「大不況歓迎派」 [晴耕雨読]
厖大な借金をしてまで財政支出を増やすことは平気で行うくせに、「生産コストの上昇なし」・「財政支出の必要なし」(銀行救済策は必要だがこのままずるずる「デフレ不況」を続ければそれ以上の財政負担を強いられる)の政策を国民に問うこともしないのは、基本的には“欲ボケ”と“知識ボケ”のせいだと思っています。 ● “欲ボケ” “欲”は行動に駆り立てるきっかけですから重要なものだと考えていますが、合理的に追求してこそ現実化できるものです。 “欲ボケ”の人は、一時的もしくは短期的な基準で損得を判断するため、持続... [続きを読む]

受信: 2007.07.10 13:52

» [参考情報]2007年春、ドイツ旅行の印象[ガルミッシュ・パルテンキルヒェン編] [toxandriaの日記、アートと社会]
Attention! クリックしてみてください。MIDIでバック・ミュージックが聴けます。                ↓   http://www.ne.jp/asahi/hiroko/home/yume.mid、シューマン『トロイメライ』         ・・・繰り返すときはRealPlayerのスタートボタンを... [続きを読む]

受信: 2007.07.10 15:21

» 「政治とカネ」の問題も参議選の争点だ。 [ブログ blog で 情報交換]
---------------------------------------- [続きを読む]

受信: 2007.07.10 19:37

» 民主政治への癌。「ぐるみ」選挙。 [ブログ blog で 情報交換]
民主政治をつくるのに癌となっている大きなものの一つは、何といっても「ぐるみ」選挙 [続きを読む]

受信: 2007.07.12 18:36

» [参考情報]2007年春、ドイツ旅行の印象[フュッセン・シュバンガウ編] [toxandriaの日記、アートと社会]
[ 副 題 ] 『中間層の確保=民主主義の根本』を自覚できない日本政治と市民意識の貧困(ポスト参院選にも引き続く日本の危機) ・・・・・・この[ 副 題 ]の記述内容は(プロローグ)の部分に書いてあります。[ フュッセン・シュバンガウ編 ]を記述するうちに、必ずや「... [続きを読む]

受信: 2007.07.16 06:18

» 参議院選 投票率 [newsナニかあるかな?]
柳沢発言柳沢発言「若い人たちは子どもを2人以上持ちたいという健全な状況にいる」こ... [続きを読む]

受信: 2007.07.31 22:48

« 水には流しません | トップページ | 何の喜びか憂いに非ざらんや »