« しょうがない発言 | トップページ | 水には流しません »

2007.07.03

QBKの安倍さん

人身御供???
安倍さんの内閣はなにやら不穏だねぇ、、、
久間さんの引責辞任は身から出た錆とは言え、、、
辞任の理由は「安倍さんに迷惑をかけないため、選挙のため」だそうな。
そんな理由で国民が納得すると思っているのだろうか?
あまいねぇ〜〜〜

さて安倍さん。
アナタはそれでいいのだろうか?
アナタ自身の責任とか謝罪はないのだろうか???
そもそもこの久間発言は安倍内閣の本質その物だと私は思うのです。
存在のあまりに軽い人の命、、、という感覚が。
アナタは沖縄では「塗炭の苦しみを味わった」沖縄の方々という内容で「慰霊の日」に挨拶をなさったが、
その実、行っていることは辺野古であり、米軍であり、教科書検定です。
そして今回の久間発言は突然湧いて出たことでつい本音が出ました。
「アメリカの代弁者」という本質です。

急にボールが来たのでビックリしたと発言して話題になった柳沢選手のQBK発言。
さしあたり安倍さんにとって今回の「しょうがない発言」は
「急に暴言吐くな久間」ぐらいだったのでしょうねぇ、、、
それとも
「久間 ボケツ掘るな この○○」???
それとも
「急にボクに聞かれても、、、困っちゃう」だったのか、、、
確かに脊髄反射のようにいつものパターンでしたね。

さてさて
アナタにとって、大切なことはなんなのでしょうか?
今なお被爆で苦しんでいる方々でもなければ、
米軍の蹂躙にされるがままの沖縄の人々でもない。
ただただ「わたしの内閣」と「わたしの○○」だけしか頭には無い。
いえいえ、私の内閣すらない。
ご自分の指名した閣僚の次々の不手際に対して、庇うのは単にご自分が可愛いからで、決してお大尽で庇っているのではないことは、その後の推移をみれば一目瞭然です。

私たちは決して知らないわけではない。
見ていないわけではない。
そして諦めているわけではない。
人を軽じる者はいずれその罪に溺れていくことを、
遠き祖先は私たちに伝授してきました。
安倍さん。
アナタが大好き(?)な美しい国、大和の国にはそこら中に神々が宿っているのです。
八百の神々が。
私たちは、神々のこの国の自然とともに「人を大切」にすることを学んで来ました。
人身御供のように、ついに久間さんを斬ったアナタだが、
斬るべきは人ではなく、彼の「国民軽視の考え」だったのです。
そして、それはアナタ自身のものでもあるのだが、、、

アナタが取るべき道はただ一つ。
「国民とともにあること」。
私たち国民の願いは、安心で平和な日常なのです。
それだけです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
天下を取ろうとしてなすことがあるならば、吾は得るものはないのを見るだけだ。天下は神器である。強いてなすことはできない。なすものは敗れ、強行するものは失う。それは物事は先行するものがあれば随うものがある。緩んだものがあれば急なものがある。強いものがあれば弱いものもある。上があれば下もある。一方に片寄った行いは物事の実態に合わない。これにより、聖人は甚だしいこと、奢り、軽視を去る。
(老子29章)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

|

« しょうがない発言 | トップページ | 水には流しません »

コメント

「私の内閣」てほんとうに言ったんですか?
アメリカでは内閣は大統領にたいして責任を負います。助言しても決めるのは大統領です。
アメリカ式好きだから、ブッシュさん方式好きだから。

投稿: あゆ | 2007.07.05 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/15638758

この記事へのトラックバック一覧です: QBKの安倍さん:

» もうとっくに隷属しています [晴耕雨読]
太田龍氏やコールマン博士にうさんくささを感じるのは、このまま進めば人々は「家畜」になると脅していることです。 「近代」の世界化で、隷属から逃れている地域は消滅しました。 太田龍氏やコールマン博士がいう「家畜」化は、既に完了しているのです。 それがわかっていないのか、わかっていないふりをしているのかはわかりませんが、お二人が“あちら側”の人だと考える所以です。 現在に隷属感を抱かない人は、今後の世界でも、ただ生活苦に絶えるしかないと思うだけで、自分は“自由”だと錯誤し隷属しているとは考えないはず... [続きを読む]

受信: 2007.07.04 11:33

» 争点は“核武装レジーム”の是非 [津久井進の弁護士ノート]
 参議院選の争点が,あまりにもいろいろあって混乱しちゃっています。  争点に関し,久間防衛大臣の辞任劇について,総理の指導力や,任命責任が問われるべきだという意見もあります。  もちろん,そういう見方も確か... [続きを読む]

受信: 2007.07.04 19:12

» カエルの子はカエル 〜渡辺美智男も馬鹿だったが、さすがその息子、渡辺喜美も大馬鹿だった!〜 [ザ・のじじズム]
ちょっと前の話題で恐縮ですが、一昨日の昼過ぎ、愚妻からこんなメールが飛んできました。http://www.asahi.com/politics/update/0703/TKY200707030166.htmlこの最後の2行。この男、そーとーのバカだねえ。これって、言っちゃあヤバイ本音をみ....... [続きを読む]

受信: 2007.07.05 01:57

« しょうがない発言 | トップページ | 水には流しません »