« 内田節に思うこと | トップページ | タカに絆創膏 »

2007.08.01

八月です

早いもので、もう八月。
暦の上では秋になります。
と言っても旧暦なので実際は梅雨明け10日。
ジュアワジュアワ、、、
ジィ、ジ〜〜〜〜ィと蝉が鳴き体感の暑さに一役買う夏本番。
昨日、内田樹さんの鼓腹撃壌のしあわせと言うタイトルのブラックユーモアたっぷりエントリーについてつらつらと書きました。
ところで昨年の8月1日、私は、
今日から八月という記事を書いたのですが、
そこでは物価が高くなり、さらに混合医療導入で命の格差について嘆息記事を書きました。
その最後で、あらら撃壌歌を引用。
いやぁ〜〜〜内田さん。
気が合いますねぇ、、、なぁんて思ったりして。
昨年は以下のように文を纏めています。
〜〜〜〜〜〜〜〜
日出でて作(な)し、
日入ていこう
井をうがちて飲み
田を耕して食らう
帝力、なにか我にあらんや
(撃壌歌より)

日が昇れば起き上がり、沈めば帰る。水が欲しければ井戸を掘り、食べるものが欲しければ田を耕す。それだけのことである。
政治の力はなんの関わりもない。
おおらかな古代中国大陸の農民の生活を謳ったものです。
現代の私たちには、ここまでおおらかな生活は出来ませんが、
自然と共にあるささやかな庶民の生活を見守るような静かな政府だったらなぁ、、、と贅沢な願いを思っています。

(昨年の記事)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この記事を書いて一年。
あの時は小泉さんが総理。
安倍さんの「美しい国」は未だ登場はしていませんでした。
「自然と共にあるささやかな庶民の生活を見守るような静かな政府だったらなぁ、、、と贅沢な願い」と書いていますが、
あの当時願った贅沢は今では到底叶うことのない夢なのではと思います。
相次ぐ強行採決に凶行採決に、
今や政府や政治が私たちを静かに見守ってくれるものではないことを実感として感じているからです。

この先、政府はどんな無体を国民に押しつけてくるのだろう???
だってそうでしょう。
安倍さんは「わかっちゃいない」のだから。
国民の生活の苦しさとか不安を。
分かろうとしないのだから、、、
そして国民の方も然り。
安倍さんの「美しい国」の全容がどうにも分からない。
と言うか、彼の目指す国作りを美しいと共感できない。
つまり、
安倍さんと多くの国民に「政治に対する格差」が在るのでは、、、と思います。
庶民から取り上げることができるものは何でも取り上げ、自分たちは贅沢三昧・したい放題では、
やはり国民は納得しない。
まずは安倍さんご自身が身をやつし、市井の民の声を直にお聞きなることをお勧めします。
あの賢帝尭のように(間違ってもみのさんや田原さんの声を民意と思われないように、、、)

|

« 内田節に思うこと | トップページ | タカに絆創膏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/15972593

この記事へのトラックバック一覧です: 八月です:

» 丸川珠代の宗教票と民主主義 [とむ丸の夢]
  参院選の結果を見て、違和感の残る当選者が何人もいます。 その中のひとりが、丸川珠代氏。 住民基本台帳法に違反してアメリカからの帰国後転入届をしなかったために期日前投票をできなかったのが7月16日。 このと... [続きを読む]

受信: 2007.08.01 16:24

» [参考情報]2007年春、ドイツ旅行の印象[ハイデルベルク編] [toxandriaの日記、アートと社会]
[ 副 題 ] 「原発の未来」に必須の「環境リスク・コミュニケーション」の視点 ・・・・・・この[ 副 題 ]の記述内容は(プロローグ)の部分に書いてあります。 ドイツの州区分(Portal fuer Deutechlernen der Weg、http://www.derweg.org/mwbuland/bulantoc.htm)より ... [続きを読む]

受信: 2007.08.01 16:24

» 円安は経済弱体化をもたらす“危険傾向” [晴耕雨読]
円安が国際競争力の上昇につながるという見方は、異なる産業・交易構造であった高度成長期の日本を引きずったままの錯誤から生じるものです。 現在の経済状況で円安になるとどうなるかという簡単な説明は、『今回の議論も実のある内容はゼロ』を参照してください。 為替レートの問題を端的に言えば、円高は国民生活を向上させる政策的余地をもたらすが、円安はそのような余地を狭めるものです。 (円高がいいと言っているわけではなく、円高条件をうまく活かせば経済活動をおかしくしないで国民生活をよくできるということです) 人... [続きを読む]

受信: 2007.08.01 22:08

» [暴 政]美しいアナクロ(墓穴)掘りばかりで、その器ならぬ<安部首相に無理心中を迫られ>苦悩する日本 [toxandriaの日記、アートと社会]
<注>当記事の内容は既に[2007年春、ドイツ旅行の印象/ハイデルベルク編、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20070801でUP済みですが、その表題から<記述内容の核心>が見えにくかったようなので、主要な内容だけを改題して再度UPしておきます。なお、併せて一部の誤記・... [続きを読む]

受信: 2007.08.02 07:16

» 【お題】護憲第三極政党成立のために必要なことは何でしょう? [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
さて、月曜日の「お題」で、「2大政党制の是非」を論じました。まだご意見のある方は、どうぞそちらへの書き込みを続けてください(各「お題」へのコメントはあくまでもそのエントリーにつけてください。こちらが混乱しますので)。 「2大正当性への是非」については、..... [続きを読む]

受信: 2007.08.02 10:30

« 内田節に思うこと | トップページ | タカに絆創膏 »