« ナゲキバトを読んで | トップページ | 改造内閣 »

2007.08.24

夏が過ぎ秋

処暑も過ぎ、いよいよ秋は間近。
のはずだが、、、

いやぁ、やっぱり暑い。暑い。
心頭滅却なんてできないねぇ、この暑さ。

みなさんは夏バテなんてしていませんか?
私は、ちょっとばて気味。
喉は乾くがお腹は膨満感。
きっと飲みすぎかな?
いえ、麦茶をですよ。お酒ではありません。
汗はダラダラ、心臓はドキドキ。
あああ、、、暑い。

早く涼しくならないかな。
と、思うのですが実際、涼しくなると淋しい。
ほら、窓の外からはもう秋の虫が鳴いている。
風だって、目にさやかに秋。

〜〜窓の燈の草にうつるや虫の声   子規〜〜


暑いけれど秋なんだよね。
確実に秋。

高校野球も終わり、
青かった田も黄色になり、
と。

と、言うことでみなさん。
後僅かの夏を楽しみながら、元気にお過しください。

|

« ナゲキバトを読んで | トップページ | 改造内閣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/16225004

この記事へのトラックバック一覧です: 夏が過ぎ秋:

» 自民党総括委員会の敗因分析と、組閣への見通しについて。 [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
(引き続き【宿題】は、「http://www.dff.jp/」から、毎日募金することです。) 昨日、自民党内の組織である参院選総括委員会が、参院選での自民党大敗北を受けて、その原因を分析し、結果をまとめ、塩崎官房長官に提出した(安倍首相は外遊中だったため)。 その内容は、..... [続きを読む]

受信: 2007.08.25 08:20

» “きちんとした官僚国家”が「最強の近代国家」です [晴耕雨読]
>官僚国家はすべて滅びていますが。。。 肝心なときに誤った政策を採ったり米国と良好な関係が築けない官僚国家はおかしくなっていますが、官僚国家であるが故に滅びた国家はありません。 近代経済システムは、厖大な資本蓄積を必要とします。 遅れて近代化を歩む国民経済には、それを私的に実現できる経済主体はいません。 それを実現するためには、効率的で合理的思考に支えられた官僚機構が必要です。 (効率的でなければ、官僚の食い扶持のために、思うような資本蓄積はできません) 人気blogランキング “きちん... [続きを読む]

受信: 2007.08.26 20:43

» やってしまった(^_^;) [愚樵空論]
昨日、仕事中に負傷してしまった...。負傷の箇所は、左足、膝のあたり。もう、パンパンに腫れ上がって曲げることができない(右膝と比べた写真を撮ってUPしようと思ったが、汚いのでやめた(爆))。歩くことすらまま... [続きを読む]

受信: 2007.08.27 07:00

» [暴政]「美しい国」の先に見える「ゼロ貯蓄化シンドローム(1/4→1/3世帯)」の恐怖 [toxandriaの日記、アートと社会]
アンドレア・デル・サルト『洗礼者ヨハネの誕生』 Andrea del Sarto(1486-1531)「Baptism of the People」1515-17 Fresco Chiostro dello Scalzo 、 Florence 【画像の説明に代えて】 主に15世紀末〜16世紀初頭のフィレンツェで活躍した(フランソワ1世に招かれ1518... [続きを読む]

受信: 2007.08.27 07:04

» 「国際政治学者」の言う「現実」論の問題点 [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
以前から、この題で記事を書こうと思っていたが、調査不足で、今日になってしまった。 今日の記事の主眼は、舛添要一参議院議員(入閣が取りざた)や、民主党の前原衆議院議員の師であった、故・高坂正尭(こうさかまさたか)京都大学教授らの論を批判しつつ、現行憲法改定..... [続きを読む]

受信: 2007.08.27 16:37

» 私の哲学 ひとりひとりの幸せ [愚樵空論]
先のエントリーでの自らのコメントで予告していたことですが、同エントリーに頂いた布引洋さんのご意見に対して、ブログ主の特権を濫用してエントリーをアップすることで反論したいと思います。本文は後段になりますが、その... [続きを読む]

受信: 2007.08.27 18:50

» [暴政]美容整形的“安倍改竄内閣”の“偽装右翼一派”の真相 [toxandriaの日記、アートと社会]
【画像の解説】 アンブロジオ・ロレンツェッティ(Ambrogio Lorenzetti/ ? -ca1348) 『Allegoria del Gattivo Gererno(particolare)/善政の寓意』ca1338-1340 affresco、Palazzo Pubblico 、Siena   この絵の全体はシエナ市庁舎の壁画で、この部分画像は「暴政」(暴君が支... [続きを読む]

受信: 2007.08.28 04:19

« ナゲキバトを読んで | トップページ | 改造内閣 »