« 芙蓉鎮を観て | トップページ | 吉原手引草 »

2007.09.19

シッコを観て

本当はもっと早く書くはずあったのですが、
先週は安倍さん辞任、さらにそれに引き続くゴチャゴチャで書けなくなった記事があります。
記憶の隅に埋没する前に書きたいのだが、ちょいと鮮度は落ちたかも、、、

話題の映画シッコがそれ。
この映画、ご覧になった方もそうでない方もアメリカの医療の現実を訴えた映画であるということはご存じではと思います。
またアメリカの凄まじい医療の現実は来るべき日本の姿であるとも想像されます。
あの映画を観て多くの方は「年取ったらいい国に行きたい」と思われたのではないでしょうか。
実際、私も先行き不安な日本の医療を考えると出来るものなら日本脱出を試みたいと思ったものです、、、

さてそんな映画のメインテーマは別にして私の心にひっかかったのは、
アメリカ人とフランス人の政府に対する考え方、と言うか政府が国民をどの様に支配(?)しているかということでした。
フランスでは「政府は国民を怖がっている」そうです。
一方、アメリカは「国民が政府を怖がっている」とのこと。
その違いが国民の諸々の生活に反映しているのでしょうか?
福祉。
教育。
医療。
国は国民に与える物なのか。国民が当然うけとるものなのか。
この正反対の意識が映画の画面いっぱいに映し出されています。
そして観る私たちは誰だって「日本はどうだろう、、、日本人はどうだろう」と思うのです。
すると、やっぱりみんなここ最近の政府の過酷なまでの税金の取り上げに福祉の切り捨てを思わざるをないわけです。
「日本はアメリカのようにいずれなる、、、」と思う背景は、
日本の医療が将来(今でも十分)新自由主義に侵されていくと言うよりは、
日本人が政府に唯々諾々と従わされている現実を見ると言う方が的確ではと思います。
映画は言うのです。
「国民を支配するには教育と健康と希望を奪えばいい」と、、、

なるほど、
教育。
やっぱり、
医療。
そして
希望。

次第に私たちの生活から消えていっているのでしょうか???
「愛国心」とか「美しい国」とか「国際社会」とか、そんな言葉にかき消されていっているのでしょうか?
そんな不安がフツフツと沸き起こる実に問題作品シッコでした。

「国民を支配するには教育と健康と希望を奪えばいい」。
教師から教えることの喜びを奪い、
医師から病気克服の使命感を奪い、
国民から気骨を奪う。
そんな国が待っているのだろうか???
いや、そんな国にしてはならないと思います。

余談ながら先日から愚樵さん papillon9999さんとも話題にしている医療と心。
papillon9999さんは詳細に医療の現実分析と将来のあり得るべき姿も示されています。
またトラックバック下さったポチさんも日本の医療の実態について危惧を表明していらっしゃいます。

まだまだ私たちは赤ひげを手放してはなりません。

過去の記事です。
お時間がありましたらご覧ください。
医療制度改革の意味すること
医療制度改革の意味すること その2
医療制度改革の意味すること その3
医療費と消費税

|

« 芙蓉鎮を観て | トップページ | 吉原手引草 »

コメント

こんにちわ.TBと過分のご紹介,真にありがとうございます.思い付きの書きなぐりでお恥ずかしいですが,続編をTBさせていただきました.
シッコのご感想,大変ユニークですね.
<国は国民に与える物なのか。国民が当然うけとるものなのか。>
お上意識の強い我が国では税金は国民のもの,という意識が希薄です.サラリーマンの源泉徴収制度も一役買っているのでしょう.とにかく,収めた税金がすべて国民のために使われるなら高負担でも喜んで差し出しますが,我が国ではいかに掠め取るかの智謀に長けた連中が仕切っていますから,まず無理ですね.
<教師から教えることの喜びを奪い、・・・・>
プロとしての誇りもなにもあったものではありません.すべて金銭価値観で席巻されてしまいました.ぜひ反撃したいものです.

投稿: papillon9999 | 2007.09.19 16:48

アメリカでは保険ない人がいっぱいいます。
救急車のるのはいいけど、「お支払いは現金ですか?カードですか?」なんて笑えないお話あるそうです。

この背景は
貧困者は病院いけないので、救急で入るそうです。でも支払い能力がなく、病院は不良債権?をかかえて経営に負担になるかららしいです。

投稿: あゆ | 2007.09.20 00:11

papillon9999 さん。
あゆさん。
コメントありがとうございます。

papillon9999 さん。
トラックバックもいただきありがとうございます。
本当に金本位の考えに席捲されてはならないと私も思います。
ところで、エ○バのエントリー、興味深く拝見しました。
そうなんですか〜〜〜と思って、ビックリしたり失礼とは思いつつ笑ったりと。
また教えてくださいね。
これからも宜しくお願いいたします。

あゆさん。
そうですよね。
保険の問題、日本でもこの頃不払い、取り沙汰されています。こうして段々入り口だけ広げ出口を狭くしていくのでしょうね。
格差が広がっていくのでしょうか?
CMじゃないが♪よ〜〜〜く見ていこうですね。
では、、、またね。

投稿: せとともこ | 2007.09.21 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/16500889

この記事へのトラックバック一覧です: シッコを観て:

» 医師の報酬についての雑感(医師の需給緩和法) [アルバイシンの丘]
 患者が医師を攻撃し,医師が患者のことを放り出す,というような末期的状況が医療現場にすでに出現しているようだ.こういう状況は今のうちに解消を試みないと,あっという間にアメリカの医療体制社会になってしまう.マイケルムーアの「シッコ」はまだ残念ながら見る機会がないが,それはそれはすさまじい社会らしい.要するに,金がないと医療を受ける資格がないらしい.医療現場そのものが金融資本家どもの格好の餌場となっているのだ.  患者が医師の「高報酬」を攻撃し,医師は「医療行為」を単に義務的な最低限の「処理行為」に落... [続きを読む]

受信: 2007.09.19 16:24

» 「国債サイクル」による金融資産の侵食とハイパーインフレへの道 上 [晴耕雨読]
「普通の人」の金融資産に対する見方は、 「マネーサプライの定義のついて」 で書いた内容と関わりがあることですが、同じ貨幣が同時的に複数の経済取引に使われているという“危ない橋”に対する問題意識が希薄だと思われます。 経済学者のなかには、国債問題を「家庭内の貸借関係」と見立てたり、政府の資金運用部が半分ほど保有しているのだから心配は要らないと説明する人までがいます。 国債の経済効果は脇に置いて、国債の発行・引き受け・利払い・償還のサイクルを見ることで、そのようなもっともらしい説明が正当なものがどう... [続きを読む]

受信: 2007.09.20 19:26

» 不死と餓死 [アルバイシンの丘]
 エ○バの証人が家族や親戚から謗られながら,時には輸血拒否で命を捨ててまでも信者を続けていく最大の理由(動機,インセンティブ)はなんであるがご存知だろうか.それは神に是認され,永遠の命を授かることである. 現在はすでに神の第七日目に入ってイエスの天での支配が始まっており(1914年以降),地上では『終わりの時』が進行中である.この『終わりの時』が終わるのが有名な『ハルマゲドン』であり,その年がいつになるのか,昔から預言がエホバ教団(統治体という)よりしばしば告げられた.  最初はその1914年のは... [続きを読む]

受信: 2007.09.20 21:38

» [希望のトポス]「ケインズ政策」へ救いを求める土壇場の「ブッシュ流・市場原理主義」の没落 [toxandriaの日記、アートと社会]
【画 像】 これらの画像は、当記事の内容と直接的な関係はありません。「小泉劇場」→「安倍の美しい国の崩壊」の下で伏流する余りにも“ドス黒い汚水の流れ”が見えてきたので、気分転換のつもりで「ドレスデン歌劇場室内管弦楽団&森麻季」のコンサートをご案内しておき... [続きを読む]

受信: 2007.09.21 20:08

» 【日記】華氏911(Gyaoで見た)、アクセスジャーナルTV(見た)、シッコ(まだ見てない) [散策]
一昨日にエントリを書いてまた書くのも珍しいのですが、まあ書きたくなってしまったので。 「ほんとなの?SiCKO」(A Tree at Ease)を見たあたりから、気にはなり、一昨日も、踊る新聞屋さんの「[映画][社会]マイケル・ムーア「SiCKO」(シッコ)をメモしつつ、構造改革とか自己責任とか相互扶助とか統治の方法論とか」を貼らしていただきましたけど、続々、見たという人や見るようにというエントリがあったので、貼っときます。 「◇ コ ラ ム ◇ 映画「シッコ」を観よう!!」(城内みの...... [続きを読む]

受信: 2007.09.22 09:19

» [希望のトポス]ポスト・モダンの知を求め動揺する「フランス共和国の擬人化された女性像」 [toxandriaの日記、アートと社会]
【画像の解説】 『“2000年の彫像・マリアンヌ”のモデルとなったレティシア・カスタ』 presented by http://www.laetitia-casta.net/castapedia/Marianne ・・・2000年度(〜)におけるフランス共和国の擬人化された女性像・マリアンヌ(Marianne)のモデルに、女優レテ... [続きを読む]

受信: 2007.09.24 16:14

« 芙蓉鎮を観て | トップページ | 吉原手引草 »