« セプテンバー・バレンタインは自民党に | トップページ | 芙蓉鎮を観て »

2007.09.15

安倍さんの脱税

FAIRNESSさんからトラックバックを頂いて、早速立花さんの記事、週刊現代が暴いた“安倍スキャンダル”の全容を見ました。
内容を読んで唖然、呆然、、、
驚き、
怒り、
脱力、、、
もう言い難い。

とにかく是非立花さんの記事をお読みください。
また週間現代も必読かも。

いずれにしても退院次第、説明責任は必要だよね。
安倍さん。

|

« セプテンバー・バレンタインは自民党に | トップページ | 芙蓉鎮を観て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/16452120

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍さんの脱税:

» 【日記】拝見しているブログの一部紹介(2)(★追記あり) [散策]
社内A氏、忙しいようで、アクセスしていないのでは。 やはり私は、時間の使いかたが下手で、せっかくの休みも、ボーとしてしまう。休みだからそれで良いのかもしれないが。続けてブログ列記。... [続きを読む]

受信: 2007.09.15 13:44

» インド洋から自衛隊を戻せるぞぅ!! [ブログ blog で 情報交換]
参議選に結実した国民の力により、遂にインド洋上からアメリカ貢献の自衛隊を引き戻す [続きを読む]

受信: 2007.09.15 20:53

» 政府ができることとやるべきこと [晴耕雨読]
>今宣伝している個人向けの国債は、紙幣を市場から回収するという意味では、デフレ要因になりませんか?(ちょっとした売りオペみたいなもの)まったく財務省は、日本人(とくに、低所得者層)をどこまで苦しめればいいんでしょうか? 個人向け国債は、貯蓄種別の移動で購入されるものなので直接のデフレ要因にはならないと考えています。(投資・貸し出し機会が乏しい現状では、貯蓄増加そのものがデフレ要因です) 個人向け国債は、預金+郵貯+生保保険料という金融機関と財政当局のあいだで管理してきた「国債サイクル」を歪めるも... [続きを読む]

受信: 2007.09.15 23:36

» 安倍氏、辞任の真相 [◆書く/読む/喋る/考える◆]
噂されていた9/29発売の『週間現代』(p.27-30)を読んだ。 安倍信三首相「相続税3億円脱税」 そう、安倍氏を辞任に追い込んだシキャンダルとは、本誌が9月12日に解答するように安倍事務所に質問をつきつけた「相続税3億円脱税疑惑」のことなのである。政治団体をつかった悪質な税金逃れの手口を詳細に突きつけられて首相は観念したというわけだ。 そして、本誌は記事をこう結んでいる。 首相は「政治とカネに関して十分な説明ができない閣僚は去ってもらう」と言い放った。その言葉が自ら... [続きを読む]

受信: 2007.09.16 01:28

» 野党、特に民主党は対決姿勢を強めていくべきだ。 [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
安倍の「放り出し辞任」(法的にはまだ首相だが)を受けて、マスコミは自民党の総裁選報道で一色である。今日(日曜)も朝から、各テレビ局では、麻生、福田両氏が出演しての報道番組が目立った。 下馬評では、自民党内で、小派閥の麻生派を除いて、全派閥が福田支持で動..... [続きを読む]

受信: 2007.09.16 11:15

» <安倍辞任 本当の理由はこれだ!>安倍首相辞意:「週刊現代」が「脱税疑惑」追及で取材【毎日新聞】 [どこへ行く、日本。(自民党の悲願「戦後体制からの脱却(=戦前・戦争体制への回帰)」を自民・民主は捨てられるか)]
安倍首相がついに辞めることになった。表向きにあげられている理由は、健康面であったり、首相としての求心力の無さだったりするが、どうも本当の理由はそうではないらしい。電子版の毎日新聞にアップされると速攻で削除されたこんなニュースがあるからだ。 ==================... [続きを読む]

受信: 2007.09.16 11:44

» 提言を受けて...:政府ができることやるべきこと [晴耕雨読]
質問: 政府ができることやるべきことの提言についてから続きます。 政治家は表舞台に立つ人ですから、能弁で魅力的な人物であれば誰でもいいでしょう。 政治家に協力することは厭いませんが、地盤も金もなく権力に危険性を覚えている私が政治家を志すことは無謀です(笑) >○ 税制政策:「中低所得者減税」とその減税金額に対応した「高所得者増税」 > 中低所得者は絶対多数ですから、その説得に成功すれば実現可能です。 > 国内に定職(高所得の源泉)を持つ高所得者は逃げられません。投資と年金のみで食っている高所得... [続きを読む]

受信: 2007.09.16 17:49

» 政治家に「国家観」は必要ではあるけれど [遠方からの手紙]
 本当かどうかは分からないが、中国の古典『史記』によれば、聖帝尭の時代に許由という人がいたそうだ。 この許由、非常に優秀なひとだったそうで、それを聞いた尭は彼に天下を譲ろうとした。ところが、許由は富も名誉も思いのままというせっかくの話を断り、箕山という...... [続きを読む]

受信: 2007.09.17 04:52

» 医師の報酬についての雑感 [アルバイシンの丘]
医師と報酬について,身近な例を参考に考えてみたい. 今はもう十年以上前になるだろうか.その頃までは個人の開業医,歯科医は同級生達も含めて,多くは別荘やクルーザーを所有していた.(したがって,彼らは高報酬を得ていたわけだ).しかし,実は本人達の日常は激務でへとへとであった.特に,手術を行った日には.それを癒すためであろう,毎日の夜は酒を求めて彷徨う生活だった.人によっては女性を求めて.  高報酬の美味い果実をホントに賞味できるのは実は本人ではなくて家族,特に奥さまだった.奥さま達はしょっちゅう,海外... [続きを読む]

受信: 2007.09.17 09:45

» ブログを始めて2年経ちました [医療制度改革批判と社会保障と憲法]
2005年9月にブログを始め、2年が経過しました。 月に2〜3本ほどのエントリーを続けてきました。このエントリーで87本目となるようです。 TBは696本(いかがわしいTBを含む)で、 コメントは151件という数字になっています。 アクセスは、おおむね週1000人の訪問、2000本の閲覧で、平日の昼間が、比較的訪問人数が多く、時折の土曜日・日曜日には、2桁の訪問と少なくなることがあります。 なぜか直近の8月は、7〜800人と少なかったのは、選挙疲れの夏休みでしょうか。それでも、昨年の... [続きを読む]

受信: 2007.09.17 09:51

» 日本人のDNA [愚樵空論]
昨日の天木直人さんの記事に引っかかった。「優しい世代」と題した記事だ。これは毎日新聞の「発信箱」というコラムを元に書かれた記事。 「僕らは貧乏だけど貧困じゃない」「お金がなくても人間らしく暮らせればいいじゃないか... [続きを読む]

受信: 2007.09.17 10:38

» やはり憲法改悪のエースは違うわ [ブログ blog で 情報交換]
舛添要一厚生労働相は十一日の閣議後記者会見で、一定の事務職を割増賃金の支払い対象 [続きを読む]

受信: 2007.09.17 18:25

» 日本企業は優位でも日本経済は劣勢ということもあります [晴耕雨読]
中国の今後については、東西経済格差が引き起こす政治的不安定要因を別にしても、「中国元安」・「外資依存体質」・「輸出拡大に必要な製品の高度化」ということから成長維持は困難だと予測しています。 「中国元安」:日本にとって不利な為替政策であることを認めていますが、中国にとっても、輸出を増加させても、生産財などの輸入が過大な負担になるので国民経済的利益は拡大しないという中長期的に不利な為替政策です。 生産財を自国で生産できるようになれば、有利な為替政策に転化しますが...。 人気blogランキング ... [続きを読む]

受信: 2007.09.18 14:11

» 衰退の一途。安倍自民党。 [ブログ blog で 情報交換]
美しい国造りが売りの安倍総裁。引き際は醜態首相の限り。国民に対しては無責任の極み [続きを読む]

受信: 2007.09.18 18:45

« セプテンバー・バレンタインは自民党に | トップページ | 芙蓉鎮を観て »