« 安倍さんの脱税 | トップページ | シッコを観て »

2007.09.18

芙蓉鎮を観て

劉暁慶 りゅう・ぎょうけい主演の芙蓉鎮を昨日、観てきました。
映画の内容はネタバレにならないように感想のみを記しておきます。
時代は文化大革命前とその最中の中国を舞台に、
権力という暴力に翻弄される一人の女性の物語です。
墨絵のような中国の自然と雑駁な村の様子。
そこに生きる人々のしたたかさ、素朴さが実に克明に描かれているのですが、
うるさく押しつけてこないのです。
淡々と流れていくのです。
主人公の悲劇は当時、至る所で見られた光景だったのでしょう。
誰が敵で、誰が味方か?
誰を信じていいのか?
誰の庇護に下れば安泰か???
人々は昨日も、今日も、明日もひたすら耐え忍ぶ。
「これはおかしい」
「これは間違いだ」と少しづつ気がつく人が増えてくる、、、
そしてやがて悪夢は去り、
中国は「元」に戻ろうとする、、、何事もなかったように。
しかし、
しかし、
人々の失ったものは大きかった、、、
が、
が、
得た者も同様に大きかった。
愛する者のために、
自分の信じるものを守るために、
「生きること」「生き抜くこと」
「牛のように、豚のようにでも生き抜くことの大切さ」を映画は伝えてきます。

この映画は涙がボトボト落ちてたまらない、というような泣かせる映画ではないのですが、
気がついたらやっぱり泣いているんですね。
悲しい涙だったり、嬉しい涙だったり、、、
ハラハラ・ドキドキ。
来る日も来る日も道路掃除をする光景が、
時間の長さを思わせます。
貧しく猥雑な町で生きる人々のしたたかさと活気は、力では抑えきることができないと映画は伝えます。

どんな時代であろう、
どんな所であろうと、
人は生きなければならない、、、

そんなメッセジーをもらい、映画が終了したときはもう5時近く。
「うわっ〜〜〜3時間も見ていたのかぁ、、、」
時が止まっていたのかもしれません。
それくらい、いつのまにか映画に入り込むことができます。
まだご覧になっていない方は是非ご覧ください。


それにしても主人公の劉暁慶。
いいですね。
その後の生き方がまさに映画の「米豆腐店」胡玉音。

|

« 安倍さんの脱税 | トップページ | シッコを観て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/16488410

この記事へのトラックバック一覧です: 芙蓉鎮を観て:

» 変革原理と順応原理 もしくは 切断原理と受容原理  その1 [愚樵空論]
変革原理と順応原理、切断原理と受容原理とは、つまりは男性原理と女性原理のことである。一般に通じるように男性原理、女性原理と書くつもりで前から構想していたのだけれど、碧猫さんがやりとりの中でその呼称はどうかな... [続きを読む]

受信: 2007.09.18 20:00

» ある女医の叫び「医療崩壊よ!医療崩壊ッ!」 [A PLACE IN THE SUN]
 ポチです。 台風11号は朝鮮半島の方に抜けましたが、その影響で、昨日は雨が降っ [続きを読む]

受信: 2007.09.18 20:36

« 安倍さんの脱税 | トップページ | シッコを観て »