« 福田さん新総裁に | トップページ | 罪と赦し »

2007.09.25

福田総理

福田さんが総理になられたようですね。
予想通りだから、今日の新聞のテレビ欄はまだ決まってもいないのに、
「福田内閣発足」の見出しがひしめいていました。
やれやれ、、、

今回のドタバタ劇。
一体だれが得して、
誰が貧乏くじをひいた???
と、聞かれれば、
そりゃ、一番の貧乏くじは「国民」。
ふと金子みすずを思い出しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 大漁

朝焼け小焼けだ大漁だ
オオバいわしの大漁だ

浜は祭りのようだけど
海の中では何万の
いわしの弔いするだろう
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
永田町は祭りのようだけれど、
市井では何万の国民が喘いでいるのだろうか???
国民にとって今回の騒動がハッピーだなんて思ってはいない。
むしろ同じようにみすずさんの詩から引用することが許されるなら、
今回のことは国民にとって「石ころ」でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

石ころ

きのうは子どもを
ころばせて
きょうはお馬を
つまずかす。
あしたはたれが
とおるやら。

いなかのみちの
石ころは
赤い夕日に
けろりかん。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あああ〜〜〜
だれもかれも蹴飛ばしてころばせて、つまずかせ、
明日は誰を転ばせるかとケロリンカン。
そんな石ころと、
夕日に浮かぶあのお顔が重なります。

最後にみすずさんにもう一回登場していただきましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
星とたんぽぽ
        
青いお空のそこふかく、
海のこいしのそのように、
夜がくるまでしずんでる、
昼のお星はめにみえぬ。
見えぬけれどもあるんだよ。
見えぬものでもあるんだよ。

ちってすがれたたんぽぽの、
かわらのすきに、だァまって、
春のくるまでかくれてる、
つよいその根はめにみえぬ。
見えぬけれどもあるんだよ。
見えぬものでもあるんだよ。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私たちは見ているんですよ。
言わなくても思っているんですよ。
しっかり、しっかり感じているんですよ。
福田さん。

|

« 福田さん新総裁に | トップページ | 罪と赦し »

コメント

結局国民不在の政治が続いていくのでしょうか・・・

投稿: かねごん | 2007.10.02 16:57

かねごんさん。
こんにちは。
お元気でいらっしゃいますか?

さてさて、お面は変わっても本質は変わらない。
つまり国民イジメはまだまだ続きそうです、、、
決して安心してはいけませんね。
しっかり見ていかなければ。

と、言うことでまたこれからも宜しくお願いいたします。

投稿: せとともこ | 2007.10.06 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/16569514

この記事へのトラックバック一覧です: 福田総理:

» 構造改革と心の報酬 [アルバイシンの丘]
 笠智衆が遠い眼をしてぼそりぼそりと口を動かす・・小津安二郎のどの映画でもいい,必ずこういう場面があるだろう.そばには娘の原節子が健康な笑みを満面に湛えて,控えている.そのセリフはいろいろあったろうが,記憶によると中にはこういうものもあったに違いない. 「大学教授というものはお金には恵まれんが,きっとお前を幸せにしてくれるじゃろう・・・」  私は小津映画のファンであるがマニアではないので,細かいシチュエーションはあるいは異なるかもしれないが,赤字の部分,『大学の教授というものはお金には恵まれん... [続きを読む]

受信: 2007.09.25 19:40

» [希望のトポス]【続編】ポスト「美しい国」に掛けられた「小泉の呪い」を解く鍵はサルコジ・フランスの政治動向にある [toxandriaの日記、アートと社会]
[副 題]【続編】ポスト・モダンの知を求め動揺する「フランス共和国の擬人化された女性像」 『週間シネマガジン、http://cinema-magazine.com/new_starlog/star87.htm』より 『カトリーヌ・ドヌーブ』=フランス共和国の擬人化された女性像・マリアンヌ(Marianne)のモデ... [続きを読む]

受信: 2007.09.25 23:57

» 郵政民営化問題1:「資金の流れを官から民に変える」の検証 [晴耕雨読]
まず、郵政問題でよく使われる「資金の流れを官から民に変える」という表現は、“資金の流れを民間金融機関を通じたものに変える”と言い換えなければならない。 供給活動主体ではない官=政府部門に入ったお金は、必ずや財政支出を通じて民間供給活動主体(企業)に流れているからである。※参考1 “資金の流れを民間金融機関を通じたものに変える”政策は、1980年代前半までの日本で掲げられたものならそれなりの妥当性を認めることもできる。 郵政資金や年金資金は、民間に流れるとしても、政府・国会が採択した政策・予算(... [続きを読む]

受信: 2007.09.26 19:12

» 加害者になるかも知れないと感じるとき [お玉おばさんでもわかる 政治のお話]
戦場で相手の国のテロリストを殺す。どうしようもなく残虐な方法で・・ヒョッとしたら無関係かも知れない人を、確証もなく殺す。側にいた子供も殺す。女性も殺す。イラクでアメリカ兵が(もちろんすべてではないでしょ... [続きを読む]

受信: 2007.09.26 19:37

» [民主主義の危機]マスク(仮面/Mask)を変えただけの“いかさま政権を信用する”お人好しのノンポリ日本国民 [toxandriaの日記、アートと社会]
[副題][Souvenir Ser.]2006年、夏のフランドル(オランダ・ベルギー)旅行の印象/エトセトラ1 http://www.yamano-music.co.jp/docs/soft/classic/classic01.jspより(この画像と当記事の内容は無関係です) 今朝の各新聞の一面は「福田内閣の高支持率!」の大きな文字が躍... [続きを読む]

受信: 2007.09.27 16:21

» “島ぐるみ”11万人が抗議 沖縄、超党派で県民大会 [ブログ blog で 情報交換]
太平洋戦争末期の沖縄戦で日本軍が住民に「集団自決」を強制したとの教科書記述が削除 [続きを読む]

受信: 2007.09.29 19:47

» [Souvenir Ser.]2006年、夏のフランドル(オランダ・ベルギー)旅行の印象/エトセトラ2 [toxandriaの日記、アートと社会]
[副 題]「小泉・安倍ワッショイ」現象に日本極右化の懸念を見ていた海外メディア等の炯眼 《 [2006-09-04付toxandoriaの日記/2006年、夏のフランドル(オランダ・ベルギー)旅行の印象/Appendix2]を再編集したものです 》 【画像の説明】(2006年7月、撮影) 一枚目は「... [続きを読む]

受信: 2007.10.02 08:13

« 福田さん新総裁に | トップページ | 罪と赦し »