« 戦う者の内的心情 | トップページ | ないしょの話はあのねのね »

2007.10.31

物のべぬ守屋さん

29日月曜日の国会守屋武昌前防衛事務次官を証人喚問。
この映像や、その後の報道、ニュースをご覧になって、皆さんはどの様な印象を持たれましたか?

私はと問われると、
そうですね〜〜〜〜
マンガで表現するのも何かな、とは思いながらもピッタリなのがコレ。
「おのれ守屋。うぬが命つきたぞ」
山岸涼子作 「日出処天子」。
あまりにピッタシで思わず主人公の厩戸皇子と 物部守屋に思いが移ってしまいます、、、
結局、軍事派の物部守屋は失脚。
「おのれ守屋。うぬが命つきたぞ」と言うことですが。

さてさて我らが守屋さんは、どうだったでしょうか???
観念して洗いざらい喋ったでしょうか?
いえいえ。
物部(もののべ)の守屋ならぬ物のべぬ守屋さんでした。

肝腎のことは一切言わず、
分かったことはゴルフや宴会の実態。
それはそれで重要な情報もありましたが、、、

「みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃え 昼は消えつつ 物をこそ 思へ」

と、言うことか???
防衛省と言う名のみかきもりは夜は皓々と宴会で燃え、昼は役所で居眠り???
思うことは、次は何をおねだりしようかばかり。
しかも、
しかも、
家族までです。
そんな実態が明らかになりました。

しかし、
焦点のインド洋での海上自衛隊補給艦による米艦への給油量隠ぺい問題、
軍需関係商社による守屋氏への過剰接待と口利き疑惑など核心には、
「記憶にない」を連発し、のらりくらりとかわす態度。
イケシャシャ。
のらりくらり。


「おのれ守屋。うぬが命運つきたぞ」

過剰接待の見返りの口利きについて私たち国民は何回言っても飽き足りません。

「おのれ守屋。うぬが運命つきたぞ」。

また、給油量隠ぺい問題。
今回明らかになったこと。
米空母キティホーク艦長が自衛隊から80万ガロンの給油を受け、イラク戦に使ったと発言した転用疑惑をめぐり、守屋さんが在日米大使館公使に「テロ特措法の範囲内で使っていることをはっきりさせてほしい」と依頼し、事実を確かめるためではなく、口裏を合わせるために働きかけていたこと。

守屋さん本人は「覚えていない」の繰り返しなので、
覚えていないなら思い出させましょう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2003年
2月25日 海自補給艦「ときわ」が米補給艦ペコスに約80万ガロンを給油、ペコスからイラク戦争に参加する米空母キティホークに約67.5万ガロンを給油。

2月26日頃 海幕防衛部運用課担当者が給油量を取り違えて入力(防衛省報告)

3月20日 イラク戦争開始

5月6日 空母キティホークの艦長が記者会見で「海上自衛隊から補給艦経由で約80万ガロンのディーゼル燃料を受け取った」と発言。

5月7日 日本共産党の小泉親司議員(当時)が参院決算委で艦長証言についてテロ特措法違反だと追及。石破茂防衛庁長官(当時)は米側に確認したとして流用を否定。

5月8日 石川亨統合幕僚会議議長(当時)が記者会見で、「海自から米補給艦(ペコス)に約20万ガロンの補給を実施」と発言。

5月9日 海幕装備部需品課担当者、防衛部防衛課長に誤りを指摘。防衛課長は「キティホークへの間接給油問題が鎮静化しつつあったことを考慮し」上司や内局への報告をせず。
同  日 福田康夫官房長官(当時)が記者会見で、海自補給艦「ときわ」から米補給艦ペコスへの給油量を「約20万ガロン」である旨説明。「キティホークの燃料消費量は1日20万ガロンで、(海自提供の燃料は)ほとんど瞬間的に消費してしまう」とイラク作戦への転用疑惑を否定。

5月15日 小泉親司議員、参院外交防衛委で再び給油問題を追及。石破長官は給油量について、米補給艦に「20万ガロン」と答弁。

5月16日 衆院安保委で日本共産党の赤嶺政賢議員が給油問題で質問。

2007年
9月20日 市民団体「ピースデポ」が給油量の誤りを指摘。

9月21日 防衛省、 03年2月のペコスへの給油量を80万ガロンに訂正

10月10日 日米両政府がイラク転用疑惑を否定

10月17日 新テロ特措法案を閣議決定

10月22日 防衛省が給油問題をめぐる報告書を提出

(しんぶん赤旗より)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こうして見ると本当に罪深い。

と、言うことで国民をバカにしきっている守屋さんと取り巻きたち。
いずれこの腐った構図は成敗しようぞ。

「おのれ守屋。うぬが嘘もここまで」
そして守屋さんとともに利権を貪っていた者たちも。

守屋さんが人として救われる道はただ一つ。
仏に帰依する???
いえいえ。
物部の守屋になること。
つまりすべてをお話になることです。
己の罪と、
己の罪の上にさらに罪を重ねた者のことを。

悪いことは出来ない。
お天道様はみんな御存知。

すべて観念して洗いざらい暴露しましょう。
これが「天の声」です。

|

« 戦う者の内的心情 | トップページ | ないしょの話はあのねのね »

コメント

 「テレプシコーラ」も面白いけれど,やはり「アラベスク」がすばらしい.「日出処天子」は早く終わりすぎましたね.何か事情があったのでしょうか.
 ところで守屋って,いかにも自衛隊にふさわしい名前に聞こえます.物部守屋もそういう役職だったのでしょうか.おフザけ半分で,「名前と職業は関係がある」という説(professional nominalism)を意識していると,時々すごく面白い実例に遭遇します.
 ゴミコメント失礼しました.

投稿: Ladybird | 2007.11.01 04:29

始めまして。カビ毒という言葉をご存知ですか。聞きなれないと思いますが。今年の三月と五月に参院農水委員会で共産党の紙議員が輸入飼料の発ガン性有るカビ毒汚染問題を質問してます。政府は問題無いと回答してますが、近年全国的に輸入飼料を食べた家畜の死亡や流産等のカビ毒の中毒被害が多発しています。カビ毒は畜産物に残留し、それを食する我々に、いずれ健康被害を及ぼします。是非、http://www.webtelevi.com/sokuho/kokunaiseiji/070828kokunaiseiji.htm    このウェブテレビサイトを。繊細が記されています。失礼します。

投稿: 匿名ですみません | 2007.11.02 11:40

Ladybird さん。
匿名(ですみません)さん。
コメントありがとうございました。


Ladybird さん。
そうですか、、、「アラベスク」ですか。
実は私は山岸涼子さんより萩尾もとさんの方が好きなのです。
山岸さんの「日出、、、、」は読んでいましたが、『アラベスク」は読んでいません。今度、機会があったら読みますね(^.^)
じゃぁ〜〜〜ね。


匿名さん。
情報、ありがとうございました。
早速、調べました。
大変な問題ですね、、、
私もまたエントリーであげてみますね。
その折はご意見やアドバイスを頂けると嬉しく思います。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2007.11.03 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/16932014

この記事へのトラックバック一覧です: 物のべぬ守屋さん:

» [民主主義の危機](米)サブライム問題と(日)防衛・疑獄に通底する“賭博化&軍需化経済”の病巣(プロローグ) [toxandriaの日記、アートと社会]
【画像1】 台風一過・東京の風景、ア・ラ・カルト(上野、日本橋、銀座/撮影、2007年10月28日) 【画像2】 秋が深まる、仙台近郊の風景(撮影、2007年10月31日) ・・・・・以上の画像【1、2】は、当記事の内容と直接の関係はありません。 【画像3】連想、セザンヌ「サ... [続きを読む]

受信: 2007.10.31 15:36

» 絶えて久しい政党ボスの密室談合復活 [ブログ blog で 情報交換]
海自による米軍等への給油活動の新テロ特措法案の対応などをめぐり、30日午前、突然 [続きを読む]

受信: 2007.10.31 22:12

» 鳩山法相はアルカイダと繋がりが有る上に米国防総省(ペンタゴン)のスパイだった [アッテンボローの雑記帳]
 先日友人の友人にアルカイダ関係者が居てバリ島でのゲリラ戦闘に関する情報を事前に [続きを読む]

受信: 2007.11.02 01:12

» “彼ら”は単なる強欲者ではありません。 [晴耕雨読]
まず、私はインサイダーではなく、300人委員会の綱領とやらがほんとうに“彼ら”の目的を表しているのなら、こう解釈できるという観点で説明をしていることを再確認させていただきます(笑) >「彼ら」の目指す世界征服とは、すでに、できつつあり、80パーセントは、仕上がっており、残り20パーセントとは、地球上の全地下資源利権の確保のみで、金融、メディアをほぼすべてに、手中に入れてしまっている現在、排除するより、宗教という啓示思想を大いに利用して統治を続けるほうが、お手軽だと思われるのです。 はまちさんが... [続きを読む]

受信: 2007.11.02 21:36

» [民主主義の危機]醜悪な防衛疑獄のダメージ・コントロールで激しく翻弄される日本国民の主権・生存権 [toxandriaの日記、アートと社会]
【画像1】仙台近郊、晩秋の風景(2007年11月3日、撮影) 【画像2】ララ・ファビアン(Lara Fabian)『ワンダフル・ライフ』のジャケット・カバ− ・・・Sony Music Entertainment Japan Inc(http://www.sonymusic.co.jp/)、CD『ワンダフル・ライフ』より(2007年11月3... [続きを読む]

受信: 2007.11.03 22:35

« 戦う者の内的心情 | トップページ | ないしょの話はあのねのね »