« どうなる消費税率 | トップページ | 京都 »

2007.10.20

血液型ハラスメント

ABO式の血液型ってどなたでも御存知と思います。
またご自分の血液型が何型かも知っていることと思います。
まだ確認なさっていない方は何かの機会があれば是非なさってください。
こんな時代、ご自分はもとより、身近な方がいつ、如何なる時に輸血が必要という事に出くわすかもしれません。ABO式とRh式くらいは御存知の方がいいですよ。

さて、こんな血液型。
次に多くの方が思うのは血液型と性格判断かもしれません。
A型、、、ううう〜〜〜んA型って○○で、
えっ、うそぅ。
貴女はB型。
フムフム。

とかとか。

ネタとして遊ぶには罪もなく他愛もありません。
だって、人間なら平等に流れている血液だから誰だってABO式に当て嵌まるので、
みんな平等に遊べて笑って、それで済ませることができます。
それでオシマイ。
何故なら血液型と性格が相関関係にあるとか、血液型によって性格が違ってくる、なんて誰も本気にしていないから。
本気にしていないからこそ軽いノリでネタとして遊べるのです。

ところが、
ところが、
どうもそれだけではすまされない、つまり本気で血液型と性格の相関関係を信じているいる。
しかもあろうことかハラスメントまで現実に行われていることが有、なぁんてニュースを見て驚きました。
血液型ハラスメント? 福岡県警「血液型講座」に波紋 と言うのがソレ。
元記事をもう少し紹介。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「O型は事故率が高い」「AB型は居眠り運転」。福岡県の免許更新の講習で行われていた「血液型講座」が波紋を呼んでいる。「当たるも八卦…」程度なら分かるが、公的な場所となると大いに疑問だ。でも、本当に当たっているの?

 問題の講習は2月から福岡県警で行われていた。最初から“危険”と決めつけられるO型やAB型のドライバーは気分が悪いが、この発言を東洋大社会学部社会心理学科教授の北村英哉氏(47)は「血液型ハラスメント」と指摘する。「血液型を人の行動や性格と結びつける発言には、何の裏付けもない。言う方は気軽でも、言われる側にはれっきとした差別発言」と警鐘を鳴らす。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こうなるとこれは社会問題ですね、、、
これはブラッドタイプ・ハラスメントという和製英語まであるそうです。
wikipediaのよれば具体的には次のようなものがあるそうです。
==============
学校や職場などで血液型によって性格を特定の枠に押し込めようとする。
保育所で血液型別による保育(後に取りやめ)。
会社における個人の素質・能力を無視した血液型別の部署配属。
異性との交際相手や結婚相手を「血液型の相性」によって決める。相性の良い血液型としか交際しないと宣言し、交際相手が血液型を伏せる場合もあり、実際に血液型を告白したら、血液型の相性が合わないという理由だけで婚約解消という事態にもなっているという。
================

あらあら、これは大変。
現実にこんな被害に遭われた方いらっしゃいますか???
ニセ科学、疑似科学を告発する事で第一人者と私が秘かに思い、世の中でもそう認められている大阪大学の菊池先生が血液型と性格と言うエントリーで多くの方の体験を集めていらっしゃいます。是非ご覧ください。それ以外にもためになることが満載のブログです。
また思考実験:血液型性格判断と言うエントリーでInterdisciplinaryのTAKESANさんが詳しく書かれています。TAKESANさんのブログはゲームを初めとしてニセ科学や時々の話題盛り沢山。いつも楽しく拝見。論理的思考をコッソリ教えて頂いています。

と、言うことで、
と、言うことで、、、
世の中、いろんな不条理に包まれているのですが、せめて自分の性格ぐらいは血液に頼らなくても自分で責任を取りたいものです。
そして、
生きる上で最も大切なことは、血液型性格ではなく自分のおかれている環境への積極的な対応ではないでしょうか。
そんなことを思いながら先のニュースを読みました。

|

« どうなる消費税率 | トップページ | 京都 »

コメント

人は、さまざまなデータで人をイメージしますよね。血液型以外に年齢・性別・職業・服装・顔つきとか。
それぞれの平均的イメージを描いていくようです。

投稿: あゆ | 2007.10.22 15:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/16817796

この記事へのトラックバック一覧です: 血液型ハラスメント:

» 普通の科学者の気持ちを代弁すると… [室井健亮の憂言記]
原罪とは人間の認識や行為は全て間違いだという観念です。可謬性(誤ることもある)ではなく必謬性(必ず誤る)です。 まもなく『挑発する知』文庫版が筑摩書房から出ます! - MIYADAI.com Blog これはニセ科学論者達への叱責である。ニセ科学論者は、日常的に科学的思考を... [続きを読む]

受信: 2007.11.04 16:28

« どうなる消費税率 | トップページ | 京都 »