« 京都 | トップページ | 学力テスト結果から、具象と抽象について »

2007.10.23

白日の下へ 守屋さん

補給支援法案が審議入りと言う事でそれでなくても国会の日程上、テロ特措法の成立が危ぶまれていた最中、
ボロボロとでてきました。
まずは小池百合子さんがらみでテレビの画面では一躍、全国区になった守屋武昌さん。
やっていたんですね、、、いろいろと。
軍事・航空関係の専門商社の「山田洋行」の元専務とゴルフや会食を通じて親密な交際を続けていた疑惑。
いいですか。
親密な交際ですよ。
「事務次官補様、詰まらないものですが、、、」
「山田屋、おぬしもワルよのう===」
「いえいえ。守屋さまにはかないませぬ」
「はははっ、さてドレドレ、、、」
なぁんてことが行われていたのかどうか、国会のお白州で明らかにしていただきたい。
が、
が、
これは守屋さん一人が私腹をたんまり、タンマリと貯めたと言うことだけが問題ではありません。
むしろ見るべきことは「山田洋行」。
軍需産業です。
そりゃ、そうだよね。
防衛庁(当時)の幹部が癒着するのは軍需産業だよね。

「山田洋行」は軍事・航空関係の専門商社で、防衛省のA級入札業者とされ、軍需部門を一手に握ってきました。航空自衛隊に新型輸送機(CX)のエンジンを納入する米メーカーとの代理店契約を奪い、防衛省との関係を続けているという会社です。

こんな山田洋行がボランティアでゴルフや会食の接待をしたなぁんて誰も考えていません。
「お前もワルようの」と言うことで持ちつ持たれつ、、、
自衛隊への兵器納入などで利益を提供したのではないかとの疑惑は「火を見るより明らか」。
さらにさらに、
一部の報道によれば、山田洋行の元専務が新会社を設立したあとも、守屋さんは何の実績もない新会社への発注を防衛省に強く働きかけたといわれています。
この問題、守屋さん一人の問題ではなくさらに組織ぐるみの癒着も示唆されています。
当然、野党は証人喚問を要求。
与党もこれには一も二もなく応じる構え。
誰も抵抗しません「守屋さんを差し出すことには」
「守屋、頼む。
おまえが防衛してくれ。そのためにさんざんいい目をみさせてきたじゃないか」と。

守屋さん。
ここで自分だけがリングの上にのって反則しまくるか、
あるいはワケのわからない謝罪会見で逃げきるか、
あるいは、
あるいは、
全部、ぜんぶ話して巨悪を白日の下にさらすか?
どの道を選択なさいますか???
そう言えば、アナタのときではないですか。
今、大問題のテロ特措法に絡んで問題になっている、給油実績のねつ造なども。
あらあら守屋さん。
やっていたんですね。
癒着以外にも捏造とかいろいろ。

そりゃ、この際、膿を出して頂きたいものです。
証人喚問では、
全部、洗いざらい話てください。
なにしろ誰も、もうアナタの味方ではないのだから。
天皇なんて言われて怖れられていたかもしれないが、今では誰も味方はいない。
そんな防衛省に義理立てなんかする必要はありません。
言いましょ。
いいましょ。
この際、全て、本当のことを。

私たち国民は知りたい本当のことを。
ただそれだけです。

|

« 京都 | トップページ | 学力テスト結果から、具象と抽象について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/16848680

この記事へのトラックバック一覧です: 白日の下へ 守屋さん:

» 福井氏はなぜバブルを引き起こしたのか [晴耕雨読]
>なぜバブルが起こり内需は拡大しなかったのか  >答えは、 >国内の規制が多く、改革が遅れて生産性の異常に低い非採算企業特に半官産業と高給取りだけが生き残ってしまったこと >そして >年功賃金が変わらなかったために高齢者に金が集積して貯金に回り、消費が増加しなかった >結果としてインフレが起こらず、国内産業も輸入も増加せず円高不況に落ち込んでしまったってことだろう >そして >莫大な小渕財政拡張政策も常に無駄な公共投資とデフレ借金の返済に使われて循環する実需には流れず >反動の小泉緊縮財政と米国バ... [続きを読む]

受信: 2007.10.23 19:28

» [戦争と平和]軍需・防衛ビジネスの“偽装はげ落ち”で露出する現代日本のファスケス(内なるテロリズムの牙) [toxandriaの日記、アートと社会]
【画像1】仙台近郊、秋の風景(2007年10月中旬、撮影) ・・・10月中旬でも、まだ秋と夏が同居したような光景です。 【画像2】ご近所の“お友達”(お犬さま達?)のスナップショット ・・・三枚目は、ご近所ではなく“ヘルシンキ(フィンランド)のお犬さま”です。 ・... [続きを読む]

受信: 2007.10.24 08:34

« 京都 | トップページ | 学力テスト結果から、具象と抽象について »