« テロよりも花を | トップページ | 血液型ハラスメント »

2007.10.19

どうなる消費税率

消費税率値上げ、気になります。
福田さんの就任後初の経済財政諮問会議が10月4日行われました。
そこでは、
小泉内閣のときに決めた「歳出歳入一体改革」を「堅持する」こと、
当初予定通り、消費税を含む税制の抜本的改革について議論を進めることなど
御手洗冨士夫キヤノン会長(日本経団連会長)らの民間メンバーの提案が了承されました。
また財界は、
企業の社会保険料負担を減らすこと、
法人実効税率を引き下げること、
そして、それらの財源を庶民の消費税負担に置き換えることを要求しています。
もう一度書きます。
「財源を庶民の消費税負担に置き換えることを要求」。

つまり、
年金保険料にかわり、消費税を充当するということは、企業にとって使用者負担がゼロになるということを意味します。
ズバリ、企業のために庶民の財布で充当するということです。
消費税は物を買えば必ずついてきます。
お年寄りから子どもまで。
無収入であろうが低所得であろうが、、、
今でも消費税の使われ方に不信を持ちつつも、レジで強制的に徴収される税に仕方なく払っている消費税。
文句を言わないのは納得しているからではありません。
いずれ、こんな税がとっぱわれることを願いながら不承不承なのです。
本当に社会福祉に使われているなんて甘い言葉に騙されているわけではありません。
が、
が、
事もあろうかその消費税を今度はさらに上げるという。
しかも17%???
まずはこうして虚仮威しででっかい数字を掲げて、予想される反対のために「皆様の声を聞いた」ということで10%くらいに落ち着かせようという魂胆丸見えの政府与党のあざとさ。
まったく国民も阿呆にされているものです、、、
それにしてもひたすら、ひたすら強欲なるは日本企業。
税・保険料負担はフランスやドイツの7〜8割程度。
政府税制調査会(首相の諮問機関)に提出された政府資料では、法人所得課税と社会保険料について法人がどれだけ負担しているかを業種別に国際比較したものがあります。
それによると、日本の企業負担(05年度)は、
自動車製造業ではフランスの73%、ドイツの82%、
エレクトロニクス製造業ではフランスの68%、ドイツの87%である。
特に、日本は社会保険料の企業負担が軽いことが特徴とのこと(資料は「しんぶん赤旗」10月8日付けより)。
大企業はバブル期の約2倍の経常利益を上げながら、その一方、自民党政治による大企業減税の恩恵をうけ、大企業の税負担(06年度)は、90年度と比べると13.9兆円から13.7兆円に逆に減っている。
法人税率を十年前の水準に戻すだけで約4兆円、この上さらに、研究開発減税などの政策減税をただせば、合計約5兆円もの財源を確保できると追及した(資料は「しんぶん赤旗」10月11日付け)。

やっぱりなぁ〜〜〜という感じ。
儲けているところはしっかり儲けているんだよね。
それでもって社会福祉のための税金や働く人たちの健康の為の保険とか老後の保障の年金なんかには鐚一文払いたくない、、、ということです。
ところで今初めて知ったのですがビタって漢字では鐚と書くのですね。
金偏に悪???
うう〜〜〜ん。
言い得ているな、この場合。
国民を泣かして、働く人々から絞るだけ絞って稼いだお金。
そんな大事なお金。
決して国民にお返しなんかできません。
ひたすら貯めるだけですよ、、、ってことかぁ。


と、言うことでこの国は大企業の為にだけあり、
私たち国民はひたすらひたすら耐えて痛みをガマンするそんな清く貧しい国になるのです。

いえいえ。
そんなことは許してはなりません。
今でさえ家計に大きな負担を強いている消費税。
これ以上の値上げはイヤです!!!
大きな声で言っていきましょう。
まずは大企業から税金をとってくれ、、、と。

|

« テロよりも花を | トップページ | 血液型ハラスメント »

コメント

将来(老後)は暗いです。次々と生存脅かすお話でてきますねえ。このどうしようもない状況なんとかしてもらわないと、「美しい国」てかんじられないです。

投稿: あゆ | 2007.10.19 14:54

あゆさん。
お元気ですか?
暑い夏も過ぎ漸くと思えば今はもう肌寒い日々。
お風邪なんかひいていませんか???


先に亀田騒動でLadybird さんからコメントを頂きました。あの折「土」についてあゆさんからも頂いていたんだよなぁ〜〜〜なぁんて思っていたら貴女からコメントがあり、アラアラビックリ。
通じているんだね〜〜〜(^.^)

さてさて、
今後この国はどうなるんでしょう。
税金だけバッチリ取られて、福祉、医療、老後はシッコですよ、、、
自己責任ってことかぁ。
保険に入っても出口は固い。
本当に生きにくくなります。
こんな世の中、はやくなんとかしたいものですね。
今後の動きに注目です。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2007.10.19 16:43

うちは、孤独と貧困の悲惨な老後しか描く事ができません。

投稿: あゆ | 2007.10.22 15:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/16806838

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる消費税率:

» 最も「普通の国」 [ブログ blog で 情報交換]
改憲論者として知られる慶応大学小林節教授(憲法学)が憲法に関連する講演で注目すべ [続きを読む]

受信: 2007.10.19 22:17

» 2007年10月18日付け「日米規制改革要望書」の内容紹介をしているブログと論評記事・コメント [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
(人気blogランキング参加中。) 「今年の日米規制改革要望書(2007年10月18日付け)が発表されました (追記あり)」 http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-442.html と 「報道されなければマスメディアに文... [続きを読む]

受信: 2007.10.23 03:46

« テロよりも花を | トップページ | 血液型ハラスメント »