« 郵政民営化 | トップページ | 官僚の原稿をひたすら読む総理 »

2007.10.02

天ぷら内閣はごめんです

昨日10月1日。
福田康夫総理の、初の所信表明演説。
史上初の会期中に二回目の所信表明という鳴り物入りで注目を集めました。
今朝はテレビでは何回、なにを話したとか、その時小沢さんの顔は、、、とかとか実に幼い構成で紹介されました。
まずは政治空白への「おわび」と、野党との「話し合い」を目指すという態度表明からの演説。
安倍さんご自慢の「戦後レジーム(体制)の見直し」と「美しい国」はお蔵入り。
代わって登場したのが「国民の信頼を取り戻す」と「国民的な合意を目指す」という言葉。
いいですか。
もう一度。
「国民の信頼を取り戻す」と「国民的な合意を目指す」

おいおい、福田さん。
既にアナタは政治資金で「ミソ」をつけているのだが、どうして信頼を取り戻し、国民の合意をえるのですか???
「政治と行政にたいする国民の不信を率直に受け止めている」とアナタは言う。
「政治とカネ」の問題や公務員の倫理問題、行政の無駄遣い。
してアナタの倫理観や無駄使いは???
さてさて、どうなることやら。

次に国内問題。
小泉、安倍内閣以来の「構造改革」を継承と言う。また同時に強調したのは、都市と地方、農業、青年の雇用など「いわゆる格差問題への対応」。
まぁ、小泉さん、安倍さんの負の遺産があまりに大きいので、大変な時期の「貧乏くじ内閣」とは思いますが、「構造改革」と言う名の国民いじめが今回の参議院選挙の結果であることをよくよく思い知って頂きたいものです。
掛け声だけの政策はもう古いのです!
実際、国民の合意が「消費税を含む税体系の抜本的改革」では既にこの内閣の考えの貧乏ぶりがわかります。
つまり国民の財布だけをあてにするという「たかり政治」。
これまたもう古いのです。
大型公共事業や軍事費。
大企業・大資産家優遇の税制にメスをいれず消費税の増税だけを言い、国民に押し付けるというのは合意できません。

「美しい国」に代わって登場した「自立と共生」「希望と安心」。
是非ぜひ、中身を伴っていただきたいものです。
中身を隠すために衣を一杯、いっぱいつけた天ぷら内閣はごめんです。

|

« 郵政民営化 | トップページ | 官僚の原稿をひたすら読む総理 »

コメント

今日(2日)の代表質問を完全に聴きました。
流石にねじれ国会の値打ちが現れましたね。
よく勉強して(と言うか国政調査権を使って)質問した長妻昭民主党議員の質問は、担当大臣ではなく、総理に対して数値を示してのものであり、福田総理は殆ど数値を上げず、ただ今取り組んでおりますから解り次第申し上げますの一点張りでした。
調査権の獲得はこうも値打ちの有るものかを、まざまざと見せつけたように思います。
今後の委員会の論戦が楽しみですね。

投稿: hitoriyogari | 2007.10.03 17:09

済みません。今日は3日でしたので訂正させて頂きます。
4日も一部を除いて代表質問を聴きましたが、余り目新しい質問と答弁は有りませんでした。

投稿: hitoriyogari | 2007.10.04 16:30

hitoriyogari さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。
確かにテレビを見ていると長妻さんの質問は迫力がありましたね。
しかし、総理のヌラリクラリにはいささか辟易しました、、、
この路線でひたすら国民の怒りがおさまるまで、、、と言う路線を選択したのでしょうか?
その割りには消費税はしっかり打ち出しましたね。
本音もチョロチョロとだす福田さん。
目が離せませんね、、、

投稿: せとともこ | 2007.10.06 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/16638937

この記事へのトラックバック一覧です: 天ぷら内閣はごめんです:

» 「信頼に応える」。あまりじゃないの。福田首相。 [ブログ blog で 情報交換]
領収書の改ざんが発覚し、「最高責任者として汗顔の至り。事務的によくなかった」と謝 [続きを読む]

受信: 2007.10.02 20:11

» [暴政]“円天”の核心と干渉・共鳴する<小泉・安倍・福田政治>を貫く極右パワーの妖しさ [toxandriaの日記、アートと社会]
[副題][2007-10-02付toxandoriaの日記/「小泉・安倍ワッショイ」現象に日本極右化の懸念を見ていた海外メディア等の炯眼]の反照 ローテンブルクの風景(2007年4月、撮影) ・・・この画像は、当記事内容と直接の関係はありません。ローテンブルクの早春の遠景です。 ●目下... [続きを読む]

受信: 2007.10.04 11:04

» 「終末医療」は健康保険制度赤字や財政不如意のなかで突き出された政策ということが問題 [晴耕雨読]
医療を否定するものではありませんが、50歳をとっくに超えているのに健康診断もまったく受けず、風邪や腹痛では通院はもちろん薬も服用しない(合成新薬は10年以上服用してしない)、抗がん剤治療は拒否、開腹手術はできれば(生への執着度合いによるかも)避けたい、死は惚れた女とセックスしているときに訪れて欲しいと考えているので、医療に関して多数が納得するような考えを打ち出せるとは思っていないことを最初にお断りさせていただきます。 まず、他者の手による「安楽死」は、善悪は別として殺人行為だと判断しているので受容... [続きを読む]

受信: 2007.10.04 16:35

» [民主主義の危機]立憲平和主義が一向に理解できない「福田ネコ被り政治」と「小沢民主党」の頑迷固陋 [toxandriaの日記、アートと社会]
映画『山猫』のワン・シーン http://www.pwblog.com/user/inamiyaphotos/highwaydiary/category_3137.htmlより ・・・ルキノ・ヴィスコンティ(Luchino Visconti )監督の映画『山猫』(原作は、ヴィスコンティと同じ貴族の末裔であるジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペド... [続きを読む]

受信: 2007.10.06 12:36

« 郵政民営化 | トップページ | 官僚の原稿をひたすら読む総理 »