« 秋の京都その2 | トップページ | ねじれ目線 »

2007.11.27

予算の時期です

昨日は国会中継をつらつら見ていました。
例の額賀さん。
ツヤツヤのお顔に何故か満面の笑み。
そして福田さんは眠そうに、やっとこさっとこ、官僚の作った文を棒読み。
本当に緊張の欠いたいつもの国会が映し出されていました。
さてさて、こんなかでも日本政府はきっちりとアメリカのための予算と軍事予算は確保するつもり。
国民に一切の思いやりなんて示さない「思いやり予算」。
来年は、この思いやり予算を一掃できる好機です。
しかし、福田さんはアメリカに、
「基地で働く日本人従業員の人件費を削減する」ということを伝えるだけで精一杯。
勿論、アメリカからは反発。
折角税金を山ほど使ってアメリカに行った福田さんですがブッシュさんとの日米首脳会談はたった一時間あまり。
もうブログ界隈では話題ですが北朝鮮問題も、BSEも給油もすべて含めてアメリカの言いなりで終わった会談でした。

1978年に金丸信防衛庁長官(当時)が日米地位協定を無視してふみきった思いやり予算は当初は62億円だったものが今年度は2100億円強。
日米地位協定二四条では、
「合衆国軍隊を維持することに伴うすべての経費」は「合衆国が負担する」と明記。
基地の施設整備費、日本人従業員の人件費、光熱水料、、米軍駐留を維持するための経費です。
法律さえ無視してアメリカのためにひたすら奉公している日本政府を目の当たりにみていた守屋さんは、
そりゃ、山田洋行に自分への「思いやり」を要求する気にもなったことでしょう。
税金は決して庶民には行き渡らないこと、
力や金にさらに集まることを肌で感じてきたことでしょう、、、
ねぇ。久間さん。額賀さん。
それにしても、
後期医療制度の貧しき内容をみるにつけ、
消費税を上げよう、上げたいという政府の本音を聞くにつけ、
5兆円にのぼる軍事費や思いやり予算はどこから出てくるのと聞きたいものです。
ねぇ。
福田さん。
額賀さん。

|

« 秋の京都その2 | トップページ | ねじれ目線 »

コメント

最近やっと注目された制度です。最初うちが取り上げた時、知らない人おおかったようです。これは貧困者には厳しい制度です。高齢でもう働けない・貯金ろくにない人は病院いけなくなる恐れがあります。

高齢者は国保から分離独立します。一つの世帯で、同一国保できなくなります。

おかねない人は医療うけられないのは問題だとおもうんです。そういう事態におちいる可能性があるとおもうんです。見直して修正してもらわないと、これは問題大きい法案だとおもうんです。

投稿: ayu | 2007.11.28 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/17205044

この記事へのトラックバック一覧です: 予算の時期です:

« 秋の京都その2 | トップページ | ねじれ目線 »