« ねじれ目線 | トップページ | 身分なき亡者と身分ある亡者たち »

2007.11.28

悪人正機なるか?

今日11月28日は親鸞上人の命日です。
私が生まれた育った地は、
この時期はいつも鉛色の雲が垂れ下がりみぞれまじりの雨が冷たく降ってきます。
お逮夜(おたいや)の時期は天気があれると父が生きている頃はよく言っていました。
先ほど母に電話したら「今日は真っ青な青空が見える」とのこと。
さてさて、それはともかく今日は親鸞上人の命日。
親鸞と言えば私には倉田百三の「出家とその弟子」です。
人間親鸞と唯円の悩みや苦しみが生々しく描き出され、
若かりし日の私には強烈で鮮烈な印象で、本を閉じたことを思い出します。

親鸞。

教えは悪人正機を中心に説きました。

〜〜善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。しかるを世の人つねにいはく、「悪人なほ往生す、いかにいはんや善人をや」〜〜

「悪人こそが阿弥陀仏の本願による救済の主正の根機である」。
阿弥陀仏が本当に救いたいのは悪人であり、善人は自らの力で成仏を目指せるので、眼目ではないというものである。

悪人とは何か、
善人とは誰か、、、
それは仏の前ではみな同様。
救われるには悪人も善人もみな同じ。
だがしかし、
衆生である私たちは、心の隅で他をそっと差別(しゃべつ)する。
我こそが善であり、他は至らざる者と、、、
本当に心の隅で、そっとではあるが。
親鸞は、そうした善人を鋭く戒める。
そして、そうであってもみな同様に救う。
まことに、まことに有り難き仏の道を説いたわけです。

〜〜善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。しかるを世の人つねにいはく、「悪人なほ往生す、いかにいはんや善人をや」〜〜


この言葉、噛みしめれば噛みしめるほどに「許されている」有り難みがひしと伝わります。
が、
仏の道は許しとともに自己を律することも教えているのです。
悪人は悪人のままでは往生はできません。
ここで言う善も悪も、ひたすらに己の心と向き合うということです。
悪人だから往生できるのは、全てを明らかに告白し、己の罪を全て受け入れる時です。
守屋氏午後にも逮捕 収賄容疑で取り調べ、東京地検と言うニュース。
悪人と言えば悪人である守屋夫婦。
しかし、彼らが己の罪を認め全てを明らかにしたとき、悪人は正しくなる機会を得ると考えます。
守屋さんご夫妻においては逮捕の日が親鸞上人の命日と言うことで、
懺悔と事実を全て明かして頂けたら、、、いいですね。
それにしても、
往生際のわるい誰かさん。
会合に出たの出ないのと争点をずらさずに、本当は「何をしたか」を証言してもらいたいものです。


いささか、本来の悪人正機からずれましたが、
許してくださるところが有り難い。
今日11月28日は親鸞上人の命日。

|

« ねじれ目線 | トップページ | 身分なき亡者と身分ある亡者たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/17214616

この記事へのトラックバック一覧です: 悪人正機なるか?:

» [歴史の評価]“ジャーナリスト出身”のN.K.財務大臣は福田内閣に潜む“その筋”の闇を“どんだけぇ”隠すつもりっすか? [toxandriaの日記、アートと社会]
<注記>“どんだけぇ?”については、下記URLを参照してください。 ▼時代を読む新語辞典、“どんだけぇ?”、 http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/abc/newword/070516_1st/ 【画像1】若き天才ヴァイオリニスト、ネマニャ・ラドウロヴィッチをご存知ですか? 公式HPはコ... [続きを読む]

受信: 2007.11.29 06:52

» [歴史の評価]“ジャーナリスト出身”のN.K.財務大臣は福田内閣に潜む“その筋”の闇を“どんだけぇ?”隠すつもりか?(Appendix) [toxandriaの日記、アートと社会]
(プロローグ) 【画像】ドストエフスキーの肖像(ヴァシリー・グリゴリエヴィチ・ペロフ画〉・・・ウイキメディアより ●ドストエフスキー『罪と罰』の主人公ラスコーリニコフは、“もし自分が「絶対の力と知性」を併せ持つ者であるとするならば、たとえ自分が罪を犯したと... [続きを読む]

受信: 2007.11.30 22:28

« ねじれ目線 | トップページ | 身分なき亡者と身分ある亡者たち »