« 報道番組を見て | トップページ | 昨日の国会中継で分かったこと »

2007.12.04

生活保護見直し???

生活保護水準の切り下げよりも最低賃金を引き上げよと言うエントリーをブログ仲間のアッテンボローさんより頂きました。
早速訪問して記事を拝見。
由々しき事態が述べられています。
なんだかなぁ〜〜〜という暗澹たる思いを抱きつつ私もいろいろ調べました。

生活保護のうち食費、被服費、光熱水費などにあたる生活扶助基準の見直しのために厚生労働省が設置した「生活扶助基準に関する検討会」という会議で座長の樋口美雄さんを初めとして出した結論は寒々としたものでした。
低所得の夫婦と子1人の世帯や単身世帯(六十歳以上)の生活扶助費に相当する支出額が生活扶助基準より低い、などとする内容。

これを受けて、
舛添要一厚労大臣は「きちんと受け止め、第一歩としてこれをもとに作業していきたい」とのこと。
つまり来年度予算では生活扶助基準引き下げを検討する姿勢を示したのです。

そもそもこの生活扶助基準は、国民の消費水準との比較で決められてきました。
しかしこの検討会では2006年度骨太方針を基準にしています。
夫婦と子1人の低所得世帯の生活扶助に相当する支出額は月14万8781円で扶助基準より1627六円低いとしました。また単身世帯(六十歳以上)は、6万2831円で8378円安いと言うことです。
この低所得層より生活扶助が高いといって切り下げると言う発想が検討会の内容です。
この様な貧困な発想の検討会から果たして国民の生活の改善や豊かさが保障されるものでしょうか???

これとは別に経済財政諮問会議(議長・福田康夫首相)が、来年度の「予算編成の基本方針」を取りまとめました。

勿論この「基本方針」でも社会保障はバッサバッサと切り捨てられ、
おまけに消費税増税の方針を打ち出しています。
ポーズとして、福田内閣は高齢者医療の負担増や児童扶養手当の削減などを見直す姿勢を示しています。が、あくまでポーズです。
その中身は、負担増の一時的・部分的な先送りや、いずれ“解凍”する「凍結」措置にとどまっていることを見逃してはなりません。

一方で無駄、無駄、無駄、、、は山ほどあります。
今、注目の軍需産業との癒着で大幅に水増しされた軍事費。
無駄ですね。
道路をつくり続ける道路特定財源を温存。
無駄ですね。

テレビ番組でも「ほっとけない」とか「注目」とかキャッチフレーズを駆使して税金の無駄遣いにメスを入れていますが、庶民の生活をギリギリにまで追い込み、国民の懐ばかりあてにして遣り放題、使い放題の政府の方針に、ノーと大きな声で訴える必要を感じています。

|

« 報道番組を見て | トップページ | 昨日の国会中継で分かったこと »

コメント

誰か発言力ある人がデータでなく、実際にその金額で、憲法に定められた日本の人間としての生活が保障されてると、実際に確認したんかしら?

無駄使いなら、ただで数百億の国営ガスステーションで支援しなくても、民間なら3億で有効な支援しているようです。民間にまかせたら経費うきます。 ⇒  http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-12-06

投稿: あゆ | 2007.12.09 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/17271558

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護見直し???:

» [歴史の評価]『国家的ネコババ型癒着構造』に煽られつつ右傾化してきた日本国民の悲劇 [toxandriaの日記、アートと社会]
【画像】京都、晩秋の風景/プロローグ あの小泉劇場(紛れもなく、ヤクザ型政権によって作為的に仕掛けられた幻想民主主義)から現在に至るまでの間に、我われ素朴な日本国民の多くが『政・官・財・その筋&一部メディア』の癒着構造に煽られつつ、「テロとの戦い」と「美し... [続きを読む]

受信: 2007.12.04 23:29

« 報道番組を見て | トップページ | 昨日の国会中継で分かったこと »