« 今どきの子どもたちの学力 | トップページ | 雨の冬至 »

2007.12.20

UFO談義の行き着く先は?

今、国会で話題の一つがUFO。
なんでも町村さんはその存在を信じているとか、総理は見たことがないと述べたとか、、、とかとか。
そもそもは民主党の山根さんの発言がきっかけです。
■民主党 参議院議員 山根隆治(りゅうじ)メールマガジンを読むと、あらあら〜〜〜です。
何が「あらあら」って???
いえね。
率直に言わせていただけば「ついに仮想敵はここまできたか」と言うものです。
テロや北朝鮮で飽き足らなくなったのか???

テレビで見たときも確かに山根さんは次のように言われていました。
「国民の財産を守るために」UFO論議を真剣に国会で行おうと。
個人的にはセンセ方はUFOよりUSO論議に花咲かせている方が似合っていると思うのですが、、、

さて、
じっくり考えるだに、これってやはり危険です。
UFO議論の行き着く先は情報収集へと進み、
宇宙基本法へと到達していくことは明らかです。
宇宙基本法についてはその問題性は何回も書きました。
お時間がありましたら宇宙基本法
ご用心 宇宙基本法などをご覧ください。

今回は軽く冗談のようにニュースで流されているUFO論議ですが、
この成り行きには注目している私です。

|

« 今どきの子どもたちの学力 | トップページ | 雨の冬至 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/17427055

この記事へのトラックバック一覧です: UFO談義の行き着く先は?:

» [暴政]日本政府の「不都合な真実」を覆い隠す「海上迎撃ミサイル(SM3)成功=称賛」のニュース(Appendix) [toxandriaの日記、アートと社会]
<注記>相互に補完関係となっているため、当記事は下記の二つの記事●と併せてお読み願います。 ●2007-12-20付toxandoriaの日記/日本政府の「不都合な真実」を覆い隠す「海上迎撃ミサイル(SM3)成功=称賛」のニュース、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20071220 ●2... [続きを読む]

受信: 2007.12.22 15:30

« 今どきの子どもたちの学力 | トップページ | 雨の冬至 »