« 大晦日 | トップページ | 準優勝 »

2008.01.01

今年の初めは笑いから

370459541_1c4716c3fd_m

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。
今年が、壮大で、なお豊かで実り多い年でありますように!!!

ところで、富士山ってよくよく見ていると漢字の「笑」に似ていると思われませんか?


「正月(むつき)立つ春の初めにかくしつつ相し笑みてば時じけめやも」
と、読んだのは大伴家持。
意味は、
「正月の初めに友と出会う駅天見への道夢でおさらい
新年に思うは常に笑み浮かべ怒涛の気概持ちて乗り切る」だそうです。

常に笑みを浮かべることで自己を制して、律している姿が読み取れます。
「笑う門には福来る」とは言いますが、
笑うと自然に優しいたおやかな気持になるのは、今も昔も同じなのでしょね。
なお、この「笑」と言う字は、なかなか艶やかな意味があります。
巫女が手をあげ、首を傾けて舞う形から出来た象形文字だそうです。
また「若」も巫女が両手をかざして舞う形で、その前に祝詞の器である口(さい)をおいた形から出来た文字で、両字の構造は近く、艸・竹は両手の形だとのことです。

ううう====ん。
若い巫女が笑う美しい姿に、ときめく古人の感性の豊かさが今に偲ばれます。
いずれにしても、笑うっていいですね。

今年、一年が笑いの多い年でもありますように。

|

« 大晦日 | トップページ | 準優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/17543216

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の初めは笑いから:

» [暴政]2008年の緊急課題は「権力の可視化」の問題 [toxandriaの日記、アートと社会]
ピーテル・ブリューゲル『イカロスの墜落』 Pieter d. A.Brueghel(the Elder/ca1528-1569):Landscape with the Fall of Icarus、c. 1558 (180 Kb); Oil on canvas, mounted on wood, 73.5 x 112 cm; Musees royaux des Beaux-Arts de Belgique, Brussels 1月1日付・日本... [続きを読む]

受信: 2008.01.02 02:36

» 国と個人は違います・・・ [お玉おばさんでもわかる 政治のお話]
この記事に関してのお断り これは死刑制度の是非を書いてるのではありません。 ただ、三輪さまのおっしゃっている 「「個人なら許す」「国は許さない」と言うダブルスタンダード... [続きを読む]

受信: 2008.01.02 12:35

» 皆様、今年もよろしく [華氏451度]
あけましておめでとうございます。  お年玉をもらえるわけでもなし、特に正月が嬉しい年でもなくなったが、それでも年が改まると人並みに「今年は……」などと思ってみたりする。むろん大したことなどできるわけはないが、見果てぬ夢に向けて半歩でも近づきたい。 ◇◇◇◇  ブログにさほどの意味はない。いや……こういう言い方は語弊があるかも知れない。私の場合は、と限定した方がいいだろう。ブログの中には、広く訴える力を持つものも少なくないのだ。だが私のブログは、思いつくままに殴り書きしたメモに過ぎない。要す... [続きを読む]

受信: 2008.01.07 00:57

« 大晦日 | トップページ | 準優勝 »