« 大阪と岩国 | トップページ | バレンタインの日 »

2008.02.12

人はこうして美味の食を手に入れた

毎月12日はパンの日で豆腐の日だそうです。
豆腐は語呂合わせとしてもパンは何故?と思います。
実は1842(天保13)年、伊豆韮山代官の江川太郎左衛門英龍が軍用携帯食糧として乾パンを作ったそうです。これが日本で初めて焼かれたパンと言われ、毎月12日がパンの日となったそうです。

今日は本棚の本をゴソゴソと動かしていたら、
こんな本を見つけました。
人はこうして美味の食を手に入れた
副題が「飽くなき食欲が生んだ「発明・発見」の文化史」となっていて小泉武夫さんという方の本です。
随分前に読んで、本棚の片隅にソウッと置かれていた本。
ふと手に取ってパラパラと読み直しました。

「旨いものが食べたい」と言う人間のあくなき欲求が産み出す知恵と執念の賜物、美食が書かれています。
美食と言っても値段がはる高級なものではなく、
目に見えない微生物の力による「発酵」という方法で美味を手に入れた過程が紹介されています。
最初にふぐの卵巣の糠づけの紹介。これは石川県でしか製造が許されていないそうです。
その後、こんなもの食べられるの?と言うようないろんな珍味が書かれています。
長い年月をかけて先人たちが挑戦してきた「旨いものさがし」。
そこには美味ととともに自然の摂理に適った栄養が満載。
食の文化は営々と築かれてきました。

だがしかし、
今はどうでしょう???
コンビニママとコンビニキッチン、電子レンジ。
食べ物文化は細やかで繊細な味を失い、企画の味になり、
そして栄養さえも手放していくような光景があります。
好むと好まざるとに関わらず時間に追い立てられる生活という背景があるのも確かです。

また、餃子問題やBSEなど輸入に頼る問題もあります。
添加物も見逃せません。

生きる原点である「食」がやすやすと侵されていくことは、
あってはならない!
と、改めて思いました。

個人で出来る事は勿論、
行政でしか出来ないこともいっぱいあります。
いずれにしても、食を守ることの大切さを痛感している昨今です。

さて、今日はパンと豆腐の日。
湯豆腐にしようかな♪

|

« 大阪と岩国 | トップページ | バレンタインの日 »

コメント

小泉武夫ですか。
私はまだ読んでないのですが、家内がはまっていて、こないだから立て続けに何冊か本を購入しています。ウチのはとにかく食いしん坊で。家系なんですが。

ご紹介の本はありませんが、ともかくも小泉武夫の著書は家に何冊かあるので、近いうちに読んでみます。まずは『くさいはうまい』あたりからかな。そんな話をエントリーに挙げたばかりですし。

投稿: 愚樵 | 2008.02.12 19:55

食品の偽装で不安ですよね。

長時間かかり大変でした。良ければ↓
http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2008-02-14-1

投稿: あゆ | 2008.02.14 09:11

愚樵さん。
あゆさん。
こんにちは。
コメントありがとうございました。


愚樵さん。
お元気でいらっしゃいますか?
私もソコソコ元気です。
が、今、受験を控えた中学生と悪戦苦闘の毎日ゆえ、
パソコン前もちょっと座って、また別のことをしてと、
バタバタとした記事を書いています。
本当なら岩国や沖縄も書きたいのですが、生半可にはかけません。
さて、それはそれとして。
小泉武夫さんの本、お持ちだったのですか(^.^)
うん、愚樵さんの奥様なら、そうだね、、、と思いました。水上の「土、、、」もお好きですものね。
でも、いいなぁ、いつも新鮮で美味しいものばかり頂いているのでしょうね。羨ましい、、、
お野菜も柔らかくて甘くて、ほのかに土が感じられる優しい肌触りでした(^.^)
また、いろいろお話お聞かせくださいね。
待っています!


あゆさん。
岩国の方にもコメント頂いてありがとうございます。
あゆさんのブログ、バッチリ拝見しましたよ(^.^)
ラフカディオ・ハーン原作の本は存じませんでした。
とても迫力ある素敵なエントリーでしばらく考え込みました。
さてさて、食品の偽装にしても、
あるいは地方財政にしても、
あるいは治安にしても、、、
なんだか、何かが微妙に崩れ出している予感がします。
本当はみんな、これじゃいけないって思っている、感じている。
でも、ちょっとなら、これくらいなら許されるだろう、、という思いの積み重ねが、次第に方向のずれをうみだしているのでしょうか???
うう〜〜〜ん。
悩みます。
あっ、それからついでに「羊水発言」。
あの問題もなんだか見えにくいですね、、、
この頃、こうした「もどかしさ」があちこちに蔓延している気がしてなりません。
で、私は何が出来ると言われると、これまた何もできないのだが。
実に悩しい。

ねぇ。
困ったことだ。

でも、こうして書くことであゆさんや愚樵さんと繋がっているんだろうね(^.^)

投稿: せとともこ | 2008.02.14 15:06

そうですね。こわれていく不安はあります。

経済系
会社がだめになる http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-12-29
会社はだれのもの?http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-09-01
経営の理念http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-08-20-4
 http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-07-26-1日本製の信頼の崩壊

世論
羊水発言http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2008-02-14-1
http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2008-01-29
うちなりにさまざまな点から問題をみてみました。

投稿: あゆ | 2008.02.14 21:28

あゆさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

昨日、あゆさんのご紹介エントリーを拝見して関心していました。
あゆさんのピンクのような柔らかい感性とまっすぐな思いが伝わりました。
経済系は多様な角度から斬り込む必要があるので、
私もまたあゆさんに教えていただきたいと思います。
宜しくね(^.^)

羊水発言。
これは本当のところ、偽科学と関連しているようで、
掘り下げたいと私も考えています。
その折はまたご意見お聞かせくださいね。

では、、、またね。
お風邪ひかれませんように。

投稿: せとともこ | 2008.02.15 18:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/40099969

この記事へのトラックバック一覧です: 人はこうして美味の食を手に入れた:

» 米軍を擁護する、産経新聞の「愛国」とは [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
(★もしよろしければ、昨日のつのエントリーも先にお読みください。) 産経新聞で、花岡という論説委員が、今回の米兵による暴行事件は、安易にバイクに乗った中学生の「しつけ」の問題だという記事を載せた。 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080212/plc08021..... [続きを読む]

受信: 2008.02.13 01:36

» ホントは日本を守らない、米軍基地を抱えることの問題 [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
(貴重な情報ですので、ひとつ前の記事もご覧ください。) 昨日、今日の朝の記事は、私としては珍しく感情を爆発させた記事となった。ある意味、事件自体に対する怒りは当然として、その問題のすり替えを図る、産経新聞の愚挙には、さらに怒りを爆発させた形となった。 し..... [続きを読む]

受信: 2008.02.14 01:55

« 大阪と岩国 | トップページ | バレンタインの日 »