« コソボ問題 | トップページ | 衝突?イージス艦 »

2008.02.19

どうなるコソボ問題 

仏・独・英・伊、国家承認の考え示す コソボ独立と言うニュース。
一夜明けたセルビア共和国南部のコソボ自治州議会がセルビアからの一方的な独立宣言採択。
その後の各国の動きが注目されています。
当然セルビアは同日、これを承認しない態度を表明。
米欧主要国は独立承認の立場。
ロシアは不承認。
は中国は拙速な動きに憂慮を表明。

いろんな思惑が交錯しているようです。
と、言うことで国際情勢をもう一度おさらい。

そもそも1999年、
コソボの人口の9割を占めるアルバニア系住民と、セルビア系住民、当時はユーゴスラビア政府(現セルビア政府です)が武力衝突。
介入した北大西洋条約機構(NATO)軍がユーゴスラビア全域を空爆しコソボを占領。
そして、国連安保理はこの戦争終結にあたり、
決議一二四四を採択。
決議の内容は、
コソボへの国際部隊の派遣や国連の国際文民派遣団の暫定統治機構設置など。
この中で、国連暫定統治のもとで「実体ある自治権と自治政府の確立」と「ユーゴスラビア(現セルビア)の主権と領土保全」を確認。

この決議に関して、
国連安保理ではこの後、コソボの最終的地位についての決議はありません。
と、言うことは、
今のところ、国際法上はこの決議がコソボの国際的地位を示しているということです。
もう一度確認。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
国連暫定統治のもとで「実体ある自治権と自治政府の確立」と「ユーゴスラビア(現セルビア)の主権と領土保全」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ところが、
この決議に対して、
コソボ側が主張するのは、
「国連特使案を基にしたコソボ独立を承認する国は百国を超えるだろう」という欧米を中心とした国際的潮流なのです。
07年2月にアハティサーリ案で、
「民族戦争の後でもとにはもどれない」
「終わりのない交渉に終止符を打つべきだ」との欧米の意向を受けたものが発表されました。
同案ではコソボの独立を認めると同時に、
セルビア系などの少数民族の権利を保障。
国連コソボ暫定統治機構(UNMIK)に代わって欧州連合(EU)代表が国際文民代表(ICR)となってしばらく、コソボの政治的な最終決定権をもつというものです。

ううう〜〜〜ん。
双方に言い分が会って、
それぞれの思惑と背景が微妙に絡まり、厄介です。
国際社会も相手の出方を見ながらカードを切っているようです。
いずれにしても、この問題は民族の問題を抱えている多くの国にとっても関心の的です。
今後の成り行きに注目していきましょう。

|

« コソボ問題 | トップページ | 衝突?イージス艦 »

コメント

せとともこさん、こんにちは。お元気ですか。コソボのことは私も「そうか、やっときたか」と思って読んでいました。虐殺が続いて国がぼろぼろになって、最近はようやく落ち着いてきていたというのに、またこれで荒廃するのかと思うと悲しいですけど。コソボは現住のアルバニア人にとってはすでに先祖からずっと自分たちが住んできた土地だし、セルビア人にとってはエルサレムとも比べるべき一種の聖地です。ちょっとイスラエルの問題に似ているなと思います。かなり破壊されてはいますが、もともとはゆたかなキリスト教美術が栄えたところでした。

私は行ったことないですけど、セルビア人のコミュニティーともお付き合いがあるし、コソボの知人もいるので、どちらの言い分も「そうよねえ」と思ってためいきをついてしまいます。

政治的な詳しい駆け引きは私には分かりません。ただ、人間はときどき本当に悪魔がついたような行動をしてしまう動物だなということを思います。平和な状況にいたら自分のなかのそういう弱さに気づかないけれど。

知人のコソボの人は難民です。何千人という人が殺されたとき、たまたまいた場所がよかったのか、ほんの数人の生き残りの中に自分と父親と兄弟が入っていたそうです。でもずっと死んだふりをしていろとお父さんに言われて、長い時間死体のまねをしていたそうです。その人の奥さんは逆に目の前で父親と男兄弟全部を殺されたそうです。それ以来正気が戻らないので大変だそうです。

異常な状況に置かれても理性を保っていわゆる人間らしい行動に徹することができるでしょうか。チェチェンのことでも思うのですが、「自分のものだ」と何かに執着すると弱みにはまるような気がします。外国のことばかりではありません。

投稿: 葉子 | 2008.02.24 02:00

葉子さん。
お元気ですか?
コメントありがとうございます。
此方はまだまだ寒いですがカナダは如何でしょう???
どうかお体、くれぐれもくれぐれもお大切に。

さて、頂いたコメントの内容。
きついですねぇ、、、なんというかこうした現実が知らないところでいっぱいあるんだと今更ながら思いました。
そして言われるように、これって他人事ではないようにわたしも思います。
異常な状況って、いきなりやってくるんじゃないですよね。
ジワリジワリとゆっくりやってくるんでしょうね、、、

やっぱり、声を出すことが出来るときに出そうと、、、新たに思いを強くしています!

また、ご当地の様子や近況などお知らせくださいね。
楽しみです(*^_^*)
では、、、ねぇ。

投稿: せとともこ | 2008.02.24 15:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/40180880

この記事へのトラックバック一覧です: どうなるコソボ問題 :

« コソボ問題 | トップページ | 衝突?イージス艦 »