« 2月です | トップページ | 雨の節分 »

2008.02.01

進路を決めるのは塾?

私立中、塾にセールス 中堅校が志願者増狙うなんてニュースは頭が痛くなります。
うううう〜〜〜〜ん。
なんともはやはや。
塾の指導者も学校側も、この在り方が正常とは思っていないのだろうが、、、
だがしかし生き残りをかけて、こうするしかないのだろうが。
そして結局、一番可哀想なのは子どもたちなのでしょうね。

今の子どもたちは  塾について
今の子どもたちは  塾について その2というエントリーを挙げて塾の歴史を考察したことがあります。
3年半前の記事です。
つらつら読むと、三年間でさらに事態は厳しくなっていると感じました。
公教育はますます「学力」という格差に輪切りにされていくのでしょうか???

学ぶとは何か?
学力とは何か???
改めて考え込んでしまいます。
先に紹介させていただいた2004年の記事前後に、ゆとり教育も含め、ザザザと書きましたので、
お時間がありましたらご覧ください。

|

« 2月です | トップページ | 雨の節分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/17919453

この記事へのトラックバック一覧です: 進路を決めるのは塾?:

» ええ加減にせえ! 警察・検察・裁判所 連続シンポジウムⅡ [アッテンボローの雑記帳]
これで法治国家といえるのか! 分断・差別をあおり、くりかえされてきた弾圧に団結と [続きを読む]

受信: 2008.02.02 10:51

« 2月です | トップページ | 雨の節分 »