« 桃の節句 | トップページ | 山宣の日 »

2008.03.04

国会空転の責任は?

参院予算委、野党欠席で開会できずと言うニュース。
国会は空転です。
ふうぅううう〜〜〜

先の衆院予算委員会で予算案可決にあたり、自公両与党が、「徹底した審議」を求めた衆参両院議長のあっせんを踏みにじり強行可決したことへの野党の反発が参議院欠席という形で空転を招いているのです。
が、
が、
が、、、、

やっぱり、本質は政府与党の強行採決や
高速道路を造り続ける道路特定財源、
イージス艦衝突事故、
派遣法などなどの問題を本格審議もせず審議を打ち切ったことへの抗議ですから、
政府与党のあり方が問われるべきと考えます。


額賀さんは、「予算の年度内成立を図ることが経済の安定につながる」と主張。
経済の安定ねぇ〜〜〜〜
高速道路や軍事費にはガポガポと予算をつけ、
大企業・大資産家からは税金をとらず、
庶民からは「なかさずに毛をむしる」がごとくガンガンと税金をとります。
福祉は切り捨てます。
これが、経済の安定ということかぁ〜〜〜

特定財源と暫定税率に固執するは、
75歳以上の高齢者に負担増や保険医療の制限を迫る後期高齢者医療制度を導入するは、
生活保護の母子加算をカットするは、、、
と、なかなか「夢のある暮らし」が待っているようですね。福田さん。

数というものはあるときは暴力にもなるのでは、と危惧するくらいおぞましい政府与党の凶行採決。強行採決、強硬採決、、、
国会は空転しているが、
国民は七転八倒しています。
福田さん。
国民の声をもっと聞いてください。
願いをわかってください。

|

« 桃の節句 | トップページ | 山宣の日 »

コメント

強行採決と審議拒否のくりかえし・・・。強行採決だ!と抗議する党が与党になるところっとかわりますねえ・・・。

アメリカみたいにがんじがらめの党議拘束やめたら審議拒否も強行採決も無意味になるのに・・・。
議員の方にも都合があるんでしょうねえ・・・。

投稿: あゆ | 2008.03.06 22:07

こんにちは、せとさん。私のさらに別な顔を話してみましょうかね。それは「決断者・調整者」の顔です。

 7年ほど前に私の仕事場は移転したんですね。でもってだいたい10年くらい前に私は、移転先の建物(つまり今仕事をしている建物ですが)の設計・建築のとりまとめ担当者だったわけです。研究所の建物なんて「特殊性」の固まりだからね。大学の営繕の人だったと思うけど「先生方の要求を全部聞いたら、建物が四角くなりませんよ」なんていう世界です。まあ、その中で四角い建物を建築士が設計できる様に要求の調整ということをしたわけです(笑)。4年ほど研究を止めて、そういう調整にかかり切りに成っていたのですけどね、身体をずいぶん悪くしましてね、半分死にましたよ。

 でもって、その頃に言っていたのが「全体の51%にとって都合が良ければ49%が反対しても設計方針はそうする。でも、それをやると、おそらく数%は『どうしようもなく困る』部分がでるだろうから、その部分は個別に対応する」なんですね。例えば、いろんな装置を冷却するための冷却水配管を、単にクーリングタワーで冷やすだけなら、夏には30度くらいの冷却水になってしまう。でも、ランニングコストとか考えるとその方が全体にとっては都合が良いからそうする。全体の装置の9割方はそれでも問題は無いけど1割くらいそれでは夏に「冷却水温度異常」で動かない物ができてしまう。じゃあ、それらには個別にチラーを付けて対応する」なんてね。別に苦労も何もないみたいでしょ。ところがなかなかその見極めが付かないわけですよ。なにせ、そういう装置を使う研究者は「万が一」なんて考えて「自分の所の装置もチラーを付けろ」と五月蠅いのでね(笑)。最初の調査では1割くらいしか無いはずの「冷却水温度異常」を出す装置がなぜだか4割くらい出てくる訳です(笑)。それらが全て本当に『困る』なら、最初から冷却水系に大型のチラーを入れて置く方が良いけど、大半が杞憂の要求だから、そんなのに従うと将来のランニングコストが研究者たちの研究費を食いつぶす事になるからね。丹念に過剰要求を潰していくストレスで私の身体は衰弱して行った訳です。まあ、冷却水を例に挙げたけど、こんなのが建物のあらゆる部分に有ったわけだからね。今生きているのが奇跡と思えるくらい身体は(たぶん精神も)悪くなりましたね。

なんか、関係ないことを書いているみたいだけど、その時考えたのも、「政治というのもこういうものなんだろうな」という事ね。全体にとって都合がよいという話を決めるのはそんなに難しくはない。でも、それによって本当に困る部分を探し出して個別に対策をするのは大変な事なんだろうなと思います。だからこそ議会における「小数意見の尊重」という事が必要になるんだろうと思っています。私の場合もなんていうか、上司たちの会議という議論のばがうまく機能していなくて、その問題が私に全部被さってきた面があるんだけどね。

投稿: 技術開発者 | 2008.03.07 09:15

あゆさん。
技術開発者さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

あゆさん。
PCの具合、いかがですか???
さて、そうですね〜〜〜
議員の方にも、都合があるんでしょうね。
アメリカや大企業やら見なきゃならないんでしょうね。
そのくせ言うことは「国民のため」です(^^;
やれやれ、、だね。
じゃ、、、またね(*^_^*)

技術開発者さん。
そうですか、、、
そのようなお顔もお持ちですか。
本当にユニークで面白くて楽しい(^.^)
そして、いろんな経験をなさっていたのですね。
奮闘なさっているお姿、彷彿とします。

「政治というのもこういうものなんだろうな」という事ね。全体にとって都合がよいという話を決めるのはそんなに難しくはない。でも、それによって本当に困る部分を探し出して個別に対策をするのは大変な事なんだろうなと思います。だからこそ議会における「小数意見の尊重」という事が必要になるんだろうと思っています。」

あああ、、、わかります。わかります。
そうですね。
だからこそ、選挙で選ぶとき、誰の立場に立つか?
どの部分の代弁者になるか、、を見極めることの必要を感じます。
残念ながら今の日本の国会は二大政党云々の流れの中で、
弱者がこぼれていっている気がしてなりません、、、

今後も政局はしっかりと見ていこうと思います。
なにしろ私たちの税金をつかい、私たちの生活の問題なんですもんね、、、
と、言うことで、またこれからも楽しいお話やアドバイス、宜しくお願いいたします。

投稿: せとともこ | 2008.03.07 14:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/40369679

この記事へのトラックバック一覧です: 国会空転の責任は?:

» 新自由主義の暴虐を批判するのに、右も左も無い [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
昨日のエントリー(http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/88113960.html)で、「ルポ 貧困大国アメリカ」を紹介したが、同じ日に、その著者の堤未果女史と、参議院議員の川田龍平氏が結婚するという報道が流れた。細かいことはわからないが、お二人の幸福を祈りたい。 ..... [続きを読む]

受信: 2008.03.04 15:40

» 「利潤なき経済社会」におけるストック・“報酬”・税 [晴耕雨読]
利潤なき経済社会」に生きる で書いた「現実の経済社会」と「利潤なき経済社会」を混同されて論議されることの危惧を少しばかり感じました。 (笑) 書いた内容に至る過程も示していないこちらの責任が大なのですが... オリジナルでは抽象的でありながら妙に具体的なことをいろいろと書きましたが、あくまでも、みなさんの思考活動にとってなんらかの触発になればというものですから、みなさんで叩いてもらって、いろいろなアイデアを出してもらえればと思っています。 人気blogランキング 「利潤なき経済社会」における... [続きを読む]

受信: 2008.03.04 18:23

« 桃の節句 | トップページ | 山宣の日 »