« 国会空転の責任は? | トップページ | 山宣の日 続き »

2008.03.05

山宣の日

山宣から学ぶと言う記事を書いてもう一年。
今年も山宣の日がやってきました。
私も墓前祭に行ってきました。
山宣がこよなく愛した宇治の町のちょっと上がったところにお墓はあります。
寒くて、時々雪もちらつく中、大勢の方が山宣を偲んでやってこられました。
歌を歌って、
お参りして、
山宣を思いながら過した一時です。

今、用事が出来たので、追記として後ほど書きます。

|

« 国会空転の責任は? | トップページ | 山宣の日 続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/40382471

この記事へのトラックバック一覧です: 山宣の日:

» 重ねて新自由主義批判。「反米大陸」を読んで。 [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
昨日の新自由主義批判(http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/88245236.html)に続くエントリーである。 その前の書評(http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/88113960.html)と合わせて、一連の新自由主義批判の連載記事としている。 今回、旅行の合間に、多く..... [続きを読む]

受信: 2008.03.05 14:57

« 国会空転の責任は? | トップページ | 山宣の日 続き »