« かわいそうなのは誰でしょう? | トップページ | 今日から天引き »

2008.04.14

OWNゴールを超えて

久しぶりにスカッとする試合を観ました。
昨日ビッグアーチで行われたC大阪戦。
4-1でセレッソに快勝。
ストヤンが戻ってきて、DFも落ち着きを取り戻したのか、
前半のセレッソの猛攻に耐えに耐えました。
その後、広島は22分。
こぼれ球を拾った森崎浩がドリブル→高萩がダイレクトでこのボールをゴールにめがけて叩き込み、
先制点!!!
おおおお〜〜〜〜〜
今日はやるぞ。
と予感。
が、前半終了ちかくに槙野がOWNゴールで1−1になりました。
うううう、、、ん。
どうなるか広島。
岐阜戦が頭によぎります。
責任を感じたのか槙野がその後、八面六臂、あちこちに顔を出します。
槙野の必死さがテレビからも伝わります。
OWNゴールした選手って、皆同じ思いなのでしょうね。

そんな中で後半に突入。
キャプテンの佐藤は、責任あるプレーを攻撃に、守りにとみせます。
いつでも佐藤がいます。
ボールのそばに。
その佐藤のそばに広島の選手がみないます。
そして、後半早々。
高萩が相手ボールをカット→服部がクロス→佐藤寿が頭で決めてゴール!!!
2−1。
その後、森脇君。佐藤選手の2点目と入り、
4−1で広島は勝ちました。

携帯サイトの情報によると、
槙野選手のOWNゴールの後、選手自らが、声を掛け合い、はげましあって、
落ちかけた流れを変えたそうです。
選手たちは昨年、十分に気持の大切さを学びました。
どんなに技術があっても、能力が高くても、
全員の気持が一つになり勝利にむかわなければ、女神は微笑まないことを身をもって、
キリキリの思いで体験しました。
今年、J2で戦うことになり、
選手たちにとって一番の「壁」は己の気持であることを認識している筈です。
彼らは難局に出会い、如何にそれを乗り越えるかを全員ひとつになって、
ことにあたったのです。
そして、昨日の勝利があったのです!!!
この勝利の意味するところは実に大きい。
大きい。

本当によかった。

今後もいろんなことにあうと思います。
だがしかし、
一つひとつの試合に全力で向かって下さい。

応援しています!!!

なお、雨の中、スタジアムに行かれたサポーター、ファンの皆さん。
お疲れさまでした。
テレビで観ている私にも歓声は伝わりましたよ!!!

|

« かわいそうなのは誰でしょう? | トップページ | 今日から天引き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/40877498

この記事へのトラックバック一覧です: OWNゴールを超えて:

» 日本近代の右翼の思想 [逝きし世の面影]
近代日本の右翼思想 (講談社選書メチエ) (単行本) 片山 杜秀 (著) 価格: ¥ 1,575 (税込) 躓きの石としての天皇 超克されざる「近代――近代日本のパラドクス 革命への赤き心は、なにゆえ脱臼され、無限の現状肯定へと転化されなければならないのか。躓きの石としての天皇、超克されざる「近代」――北一輝から蓑田胸喜まで、西田幾多郎から長谷川如是閑まで、大正・昭和前期の思想家たちを巻き込み、総無責任化、無思想化へと雪崩を打って向かってゆく、近代日本思想極北への歩みを描く。 [本書... [続きを読む]

受信: 2008.04.14 17:56

« かわいそうなのは誰でしょう? | トップページ | 今日から天引き »