« 私学の行方その3 | トップページ | 甲府戦 »

2008.04.18

自衛隊イラク派兵差し止め訴訟判決

画期的な判決が出ました。
イラク空自違憲の判断 政府の理屈の矛盾突くと言うニュース。
愛知県などの住民ら1122人が自衛隊のイラク派兵は違憲だとして差し止めを求めた「自衛隊イラク派兵差止訴訟」(原告・池住義憲氏ほか)の控訴審判決が昨日17日、名古屋高裁でありました。

すごい!!!
これに関してはお玉さん津久井さんが詳しく書かれています。
それにしても、凄い!!!
私は強いられたくない。加害者としての立場をと言うサイトにこの控訴について訴訟の会が裁判日程、その他を掲載されています。
是非ご覧ください。


 「イラク特措法が合憲であったとしても、活動地域を非戦闘地域に限定した同法に違反し、憲法9条に違反する活動を含んでいる」

うううう〜〜〜ん。
もう一度。
「イラク特措法が合憲であったとしても、活動地域を非戦闘地域に限定した同法に違反し、憲法9条に違反する活動を含んでいる」

9条違反の違憲性が明確に述べられています。

そこで、憲法9条を確認!
第一項 「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」
そうです。
そうです。
非戦闘地域という言葉を聞くと、山本一太さんや小泉さんを思い出すのですが、(「自衛隊は非戦闘地域しかいきません。
自衛隊が行っているということはサマワは非戦闘地域です。」)
今、問題になっているバグダッドは非戦闘地域と言う強弁は裁判には通じないようです。

さらに詳しく判決を見るならば、
米兵などを輸送する「航空自衛隊の空輸活動は憲法違反」
「平和的生存権は、憲法上の法的権利」
とのこと。
また、
「現在のイラクでは、国際的な武力紛争が行われている」と明言。
これが重要なキーです。
さらにさらに、
現在行われている航空自衛隊の武装兵員空輸活動は、「他国による武力行使と一体化した行動」と指摘。
「武力行使を禁止したイラク特措法二条二項、活動地域を非戦闘地域に限定した同条三項に違反し、かつ憲法九条一項に違反する活動を含んでいることが認められる」とのこと。
そして、憲法へと進みます。
憲法前文の平和的生存権は
「憲法上の法的な権利と認められるべきだ」として、「九条に違反する戦争の遂行等への加担・協力を強制されるような場合には、裁判所に救済を求めることができる」と明言。

本当に画期的な裁判です。

過去に、自衛隊イラク派兵差し止め訴訟は、
札幌、仙台、宇都宮、東京、甲府、静岡、名古屋、京都、大阪、岡山、熊本の各地裁で提訴。
原告は計5700人。
最初の判決は2005年月の東京地裁で、憲法判断に踏み込まないまま、違憲確認の訴えを却下。
と言うことで今回の判決が如何に画期的かと今更ながら思います。
派兵差し止めと慰謝料請求の訴えは棄却ということもありましたが、
憲法9条がドーーンと光る素晴らしい判決だったということを記載しておきます。

 憲法第九条第一項 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

|

« 私学の行方その3 | トップページ | 甲府戦 »

コメント

 やっと出ましたか。誠にその通りで憲法第九条を読めば、兎に角戦争は何が何でも致しません。武器も兵器も持ちませんと書いてあるではありませんか。
 私は自衛隊そのものも憲法違反であり、拡大解釈してどんどんエスカレートしていってるのです。自衛隊を認めるので有れば、憲法を改正してからにして欲しいですね。
 これで今後、海外派兵の恒久法を制定するのに影響が出るものと思います。

投稿: hitoriyogari | 2008.04.18 15:42

追伸
 私の体を心配してくださり、有り難うございます。
 明日の土曜日からコーラスの練習に参加する事になりました。
 他事ながらご報告させて頂きます。

投稿: hitoriyogari | 2008.04.18 16:14

hitoriyogari さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

判決は出ましたが、行政がなにやらブツブツと言っているようですね。
しかし、この判決の意義は本当に大きいと思います。
私たちの声は、一人ひとりは小さいが、
私たちの願いの一つひとつはささやかですが、
集まればおおきな力になるんですね。
こんごの指針になるかと思います。


さて、コーラス、いかがでしたか?
今は何を歌っていらっしゃいますか?
私は金子みすずです。
また、近況お知らせくださいね。
楽しみにしています。
では、、、ね!

投稿: せとともこ | 2008.04.21 16:55

あらためて、本ページを読ませていただきました。

ほんとうに、ほんとうに、国民の願い、国民の活動を見据えた司法府の判断ですね。 三権分立、民主政治、人類史の成果・先駆的な日本国憲法に乾杯です。

それに本ページ載せられている、せとさんの懇切、分かり易い、的確な記述です。

何べんも、何べんも読ませていただいております。

ここを原点として、主権者国民の政治力を強めるために、更にエンジン全開です。


投稿: hamham | 2008.12.04 18:20

hamham さん。
コメントありがとうございます。
hamham さんにこのようなコメントを頂いて、とても嬉しく思っています。

なかなか容易には進みませんが、今が踏ん張り時と思います。
気をぬかず、ゆっくり、しかしたゆまず書いていきたいものですね。
お互いにがんばりましょうね!!!

投稿: せとともこ | 2008.12.05 16:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/40914537

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊イラク派兵差し止め訴訟判決:

» チベット動乱問題の過去と現代(メモ) [逝きし世の面影]
「お玉おばさんでもわかる政治のお話」のチベット問題の記事『チベットのこと』のコメント欄で、『反米嫌日戦線「狼」(腹破裂)』のブログ主催者の「死ぬのはやつらだ」 さんの、 他所では滅多に見られない、興味ある書き込みを発見。余りに面白いので、切り抜いて保存することにします、 『反米嫌日戦線「狼」(腹破裂)」のブログ主の『死ぬのはやつらだ」さんは、ブログ表紙で、「革命とは暗殺を以て始まり、暗殺を以て終わる人事異動だ」磯部浅一・・・・と掲げている。 政治的分類では、所謂極○に分類される政治スタンスです... [続きを読む]

受信: 2008.04.18 15:55

» イラク輸送違憲:空自幹部「士気に影響出ねばいいが」 [政治]
違憲判断を聞いて士気に影響が出ない方がおかしいと思います。 自衛隊の皆様、自分達がしている違憲行為に素直に向き合ってみませんか。 イラク輸送違憲:空自幹部「士気に影響出ねばいいが」 毎日新聞 2008年4月17日... [続きを読む]

受信: 2008.04.18 18:05

» 『インターネット上の印象操作と偽装工作』のそれから [逝きし世の面影]
当ブログの2月12日の記事『インターネット上の印象操作と偽装工作』の記事に対して、 『乱暴なくくりで、自分以外の人間の思想・信条を断定し、ネット上でのブログ間のゆるいつながりを分断するような行為には、心底あきれます。いったい目的は何なのでしょうか?』 との貴重な御意見を頂いた。 これ以外の読者の方で、同じような感想を持たれた方も、いらっしゃると思うのでブログ読者の真摯な疑問には、正直に答えるべきだろう。 先ず最初に指摘しておきたい点は、記事内容には事実を誇張したり歪曲したり、故意に隠蔽した... [続きを読む]

受信: 2008.04.19 11:53

» 水の科学騒動と『実録矢田事件』 [逝きし世の面影]
次の文章を読んでどんな感想を持つでしょうか。? 『労働時間は守られていますか。自宅研修のため午後四時頃に学校を出ることができますか。仕事においまくられて勤務時間外の仕事を押しつけられていませんか。 進学のことや、同和のことなどで、どうしても遅くなること、教育懇談会などで遅くなることはあきらめなければならないのでしょうか。また、どうしてもやりたい仕事もやめなければならないのでしょうか。』 『教育正常化に名をかりたしめつけや管理がありませんか。越境・補習・同和など、どれをとりあげてもきわめて大事なこ... [続きを読む]

受信: 2008.04.20 16:47

» 鯨保護はベトナム戦争のオレンジ作戦隠蔽工作 [逝きし世の面影]
商業捕鯨の禁止は、ベトナム戦争の枯葉作戦と因果関係があったことを知っているものは、今や少なくなった。 『ベトナム戦争における枯れ葉作戦とは、』 現在のイラク戦争と同じような、長引く勝ち目のないベトナム侵略戦争のゲリラ戦に疲弊したアメリカ軍は、対空兵器に劣るベトナム軍に対して、圧倒的空軍力による徹底的な空爆で対抗しようとした。 第二次世界大戦戦時の全爆弾投下量の4倍以上の爆弾を、南北ベトナムに投下し『ベトナムを石器時代に戻す』と公言していた。 特に地上戦の行われていた南ベトナムでは、密林地... [続きを読む]

受信: 2008.04.21 11:09

« 私学の行方その3 | トップページ | 甲府戦 »