« 自灯明 | トップページ | 表現、言論の自由と稲田議員 »

2008.04.10

女性の日

今日は女性の日です。
戦後初の総選挙が1946年の4月10日に行われ、初めて婦人参政権が行使されました。
このとき89人の女性が立候補し39人が当選したそうです。
参政権と一口に言っても、その権利を獲得するまでに長い道のりが必要とされました。

日本で普通選挙が実現したのは、1925年(大正14)です。
しかし、参政権が付与されたのは男性のみ。
平塚らいてうの青鞜社結成を機に、
平塚と市川房枝、奥むめおらによる新婦人協会(1919(大正8)年)の誕生。
ガントレット恒子、久布白落実らによる日本婦人参政権協会などが婦人参政権運動を展開。
そして、
婦人参政同盟(1923年・大正12)、婦人参政権獲得期成同盟会(1924年・大正13、後に婦選獲得同盟と改称)が結成、さらに運動は進みます。
が、事態は容易には進まず、、、
1931年には婦人参政権を条件付で認める法案が衆議院を通過するが、貴族院の猛反対で廃案に追い込まれたりと一進一退。
その後、太平洋戦争へ突入。
そして、ようやく日の目を見たのは、
第二次世界大戦後の1945年10月10日幣原内閣で婦人参政権に関する閣議決定がなされた時です。
その前後にも市川さんをはじめとして多くの先輩たちの努力により、
1946年(昭和21)4月10日の戦後初の衆議院選挙の結果、日本初の女性議員39名が誕生する運びになったのです!!!。
今日4月10日はそんな日です。
そしてこの日を「婦人の日」としましたが、1998年から「女性週間」と名称が変更されました。

婦人も参政権を要求すと力の限り訴えた与謝野晶子。
晶子が好きで、友人と何回も読書会をしました。
晶子の人生はあまりに華やかで激しくて真摯で、私は触れるたびにクラクラするのです。
が、
女性の権利を考える時、いつも思いだすのです。
晶子が求めてやまなかったもの。
山が動くこと。
なのでしょねぇ、、、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そぞろごと
山の動く日来(きた)る。
かく云えども人われを信ぜじ。
山は姑(しばら)く眠りしのみ。
その昔に於て
山は皆火に燃えて動きしものを。
されど、そは信ぜずともよし。
人よ、ああ、唯これを信ぜよ。
すべて眠りし女(おなご)今ぞ目覚めて動くなる。
一人称(いちにんしょう)にてのみ物書かばや。
われは女(おなご)ぞ。
一人称にてのみ物書かばや。
われは、われは。
額(ひたい)にも肩にも
わが髪ぞほつるる
しおたれて湯瀧(ゆだき)に打たるるこころもち、
ほとつくため息は火の如く且つ狂おし。
かかること知らぬ男。
われを褒め、やがてまた譏(そし)るらん。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一人称で物をかくこと。
参政権をえること。
そして、男性同様に社会に貢献していく権利や社会から与えられる諸々の評価を得る事、、、、
などなど、歌人は力をこめて、言葉にしました。
今、よみかえすに、
すぐれて新しい。


私たちは先輩たちの熱い思いと、努力を次代の子らに受け渡す必要があります。
まだまだ、働く女性の権利は確立していない。
さらに生む性である母性についても十分な環境にはありません。
女性が女性として、
男性が男性として、
そして人間が人間として品位が保障されるそんな社会を目指したいと新たに思う今日4月10日。
「女性の日」。


|

« 自灯明 | トップページ | 表現、言論の自由と稲田議員 »

コメント

昨日10日は女性の日、だったんですか。せとさんはホント、いろいろなことをご存知ですね。

ここのところ私も母性といったものをいろいろと考えているのですが...、難しいですね。こうした問題では、どうしても言葉の壁、とでもいいますか、表現の限界といったところを感じざるをえないです。まあ、自分の表現力不足なんですが(苦笑)。

女性の日について思うに、この日はいつまでも女性の日であってはいけないのではないか。そんな風に思います。

>女性が女性として、
>男性が男性として、
>そして人間が人間として品位が保障されるそんな社会

そんな社会が実現した暁には、女性の日は人間の日とでも改める。女性の日が人間に日に改まることが大切なんだと思います。

でも今は、まだまだ女性に日は必要でしょう。

投稿: 愚樵 | 2008.04.11 06:09

おそらく・・・まだ、それぞれの性にかかわらず
人として自らが立つ・・・自らを律する・・・ことの途上にあるのでしょうか~?

私自身も、まだ甚だ心もとない暮らしをしておりますが
その意識だけは、忘れずにいたいと想っております。

一歩ずつと想いつつも・・・

これからの子どもたちに伝えていく言葉や
見せている自らの生きる姿を、ふと振り返っております。

……なかなか言葉にできません。

投稿: 風待人 | 2008.04.11 09:26

愚樵さん。
風待人さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。


愚樵さん。
お元気でいらっしゃいますか?
花粉症いかがでしょうか?
また今の時期は体調の崩しやすい時期故、ご自愛下さいね(^.^)

さて、そうですね、、、
まだまだ女性の権利は氷河期、です。
バックラッシュなんて言いますが、もともと薄氷のような権利だったから、いやはや。
これからも、じっくりとこの問題考えていきたいと思いますので、またお付き合いください。
そうそう。
もう一つ別のエントリー「自灯明」という記事のコメントに愚樵さんのご意見もお聞きしたいと書きましたので、
お時間があれば、コメントいただけると嬉しく思います。
相変わらず、勝手を申してごめんね!!!

風待人さん。
「これからの子どもたちに伝えていく言葉や
見せている自らの生きる姿を、ふと振り返っております。
なかなか言葉にできません。」
本当にそうですね、、、
いつも言葉との格闘をしている私です。
もどかしさばかりが先に立ち、
あれもこれもと悶え、
気がついたら、いっぱい取りこぼしている言葉達。
しかし、
本当に大切なことは言葉ではなく「思い」なのでしょうね。
思いの中に、深く広く、そして限りない優しさをこめたいと日々思いながら、ウロウロしている私です、、、
これからも、お互いに「何か探し」に奔走されながら楽しんでいきましょうね(^.^)
では、、またね!

投稿: せとともこ | 2008.04.11 16:38

ご丁寧なお返事を頂きまして、ありがとうございます!!

『本当に大切なことは言葉ではなく「思い」なのでしょうね。』
とのお言葉・・・私もそんなふうに想いつつも

なかなか言葉にならなかったり・・・読んでいる方にお伝えしきれていなかったり・・・
もどかさしさばかりが募ります。

よろしかったら、私のブログにリンクさせていただけますでしょうか~?
どうぞ、よろしくお願いいたします!!

投稿: 風待人 | 2008.04.12 12:38

風待人 さん。
こんにちは。
コメントありがとうございました。
土曜日、日曜日はバタバタしているのでお返事遅くなり失礼をいたしました。

リンク、ありがとうございます。
とても嬉しく思います。

子育て道中。
本当に大変と思います。
子どもって、親が思いもしないことをやってくれます。
あああ====
うわっ〜〜〜〜
きぃいいいいいいい
最後は、もう声も出ず。
こんな繰り返しの毎日。

でもかわいい。
限りなく愛しいですよね。
どうぞ楽しみながら子育てしてください。
また近況、のぞきに行きますね(^.^)

では、、、またね!!!

投稿: せとともこ | 2008.04.14 15:23

ありがとうございます!!

>子どもって、親が思いもしないことをやってくれます。

よく解ります~!!

未来は、解らないから面白い・・・と思えるようになりたいなぁ・・・
と日々想いつつ
やっぱりどこか「心配性」の抜けない、まだまだの母です。

どうぞ、よろしくお願いいたします!!

投稿: 風待人 | 2008.04.15 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/40838694

この記事へのトラックバック一覧です: 女性の日:

» 六カ国合意と拉致問題と対米従属 [逝きし世の面影]
『対外従属は日本の国是』 明治維新以来150年間、外交努力を放棄してその時代の最強国家(最初は大英帝国で、第二次大戦後はアメリカ合衆国)に従属して利益を得る最強の日本のコバンザメ戦略。(外交) 一時期(1930年代〜40年代)、自主外交を模索して大東亜共栄圏や八紘一宇、鬼畜米英、暴支庸懲を掲げて大失敗して以来、現在の日本は外交丸投げの対米従属を63年間国是としきました。 安倍晋三のブレーンで保守派の論客で日本会議の重要メンバー元外交官(駐タイ大使?)岡崎久彦は『アングロ・サクソンに付いて行けば... [続きを読む]

受信: 2008.04.10 17:45

» 自公政権打倒に、今動くのは貴方だ。 [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
最近は、以前と逆で、睡眠薬を飲んでも眠れなくなってきた。医者と相談しなければ。 で、ブログの更新をします。 私はこのブログを一昨年の9月から。つまり1年半以上にわたって続けてきました。力を入れて毎日2記事をアップしていたころには、アクセス数は、実閲覧者..... [続きを読む]

受信: 2008.04.11 05:00

« 自灯明 | トップページ | 表現、言論の自由と稲田議員 »