« 米国産牛肉に特定危険部位 | トップページ | あれから三年 »

2008.04.24

寒の戻り日

今日は寒の戻りの特異日です。
4月6日もそうです。
特異日と言うのは、その日に「そのような気候」になることが統計的に多いという日なので、
同じ気候(雨とか晴れとか、台風とか)の特異日が一年に何度かあります。

そのせいか、私の住んでいるところでは、今日は心なしか肌寒い気がします。
花冷えという美しい言葉が当てはまる時期は、どちらかと言うと4月6日ごろ。
今は、季節の花は紫や緑。
それでも、肌に触れる風がひんやりと感じるならば、
大好きな佐保姫は、未だ、まだかと錯覚しそうです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
佐保姫

ねむれる春ようらわかき
かたちをかくすことなかれ
たれこめてのみけふの日を
なべてのひとのすぐすうち
さめての春のすがたこそ
まだ夢のまの風情なれ
 

ねむげの春よさめよ春
さかしきひとのみざるまに
若紫の朝霞
かすみの袖をみにまとへ
はつねうれしきうぐひすの
鳥のしらべをうたへかし
 
(若菜集 島崎藤村)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


季節は行きつ戻りつ、
戻りついきつ、、、、
そんな繰り返しの中で、
ゆっくりと慌てる事なく、やってくるのでしょうか?

人もまた同じなのではと思ったりします。
喜んだり、怒ったり、
失敗したり、成功したり、、、
そんな繰り返しの中で時は移ろうのでしょうか?
以前、法演について記事を書いた事があります。
その折、結びで書いたまとめが、
「繰り返す季節」を思いながら、なんとなく浮かびました。


法演の四戒より
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1,福を受け尽くすべからず、
   すなわち必ず禍殃をいたす。
2,勢いを使い尽くすべからず、
   勢い尽くすときは、すなわち定めて欺侮に遭う。
3,語言は説き尽くすべからず、
   説き尽くせば、すなわち機密ならず。
4,規矩は行い尽くすべからず、
   行い尽くすときは、衆とどまりがたし。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中国宋時代の高名な禅の僧、五祖法演の言葉で、
「法演の四戒」と、世には知られています。
4つの順番は、書物によって違うようですが、
意味は、
幸福を求めすぎること、
勢いがありすぎること、
言葉で説き尽くしすぎること、
行いが厳格すぎることを戒めているものです。
「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」
という意味でしょうか。
自分の「幸福、損得」を求めすぎない。
自分の価値観を振り回しすぎない。
他人に対して、
「及ばないこと」ばかりに目をやり、
キリキリと相手を追い詰め、
析伏させようとしない。
自分への厳格さを通り越して、
他人にも忠誠を求めすぎない。
「つい、やりすぎになる態度」への戒めです。
含蓄溢れる言葉。
自分自身への自戒をこめて、
「人がひとを判断すること」の難しさを考えてしまいました。

(以前の記事より)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

|

« 米国産牛肉に特定危険部位 | トップページ | あれから三年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/40980463

この記事へのトラックバック一覧です: 寒の戻り日:

» オリンピック開催地の持ち回りは止める時期にきている [逝きし世の面影]
何やらオリンピックの聖火で揉めていると、世界のマスコミが報道している。 昨今、チベット独立や中国国内の人権問題が此処にきて大きくとりあげられ、日本でも長野県の聖火リレーが色々取りざたされている。 スポーツの祭典のオリンピックと、開催国の人権問題や少数民族の独立問題が関係有るのか、無いのか。 スポーツに政治を持ち込むべきでないとする意見と、そもそも中国にはオリンピックを開催する権利が無いとする意見。 二つの意見の間の妥協点は見つかるのか。? 今のままでは、この両者の間には、接点が見つからないだろう... [続きを読む]

受信: 2008.04.25 11:16

« 米国産牛肉に特定危険部位 | トップページ | あれから三年 »