« あれから三年 | トップページ | 熊本戦 »

2008.04.25

新学習指導要領 移行措置案

文部科学省は昨日24日、小中学校の新学習指導要領の一部を来年度から先行実施するための移行措置案を公表しました。
ちょっと重いのですが、興味のある方は文科省のホームページでご覧下さい。
文科省は1カ月間の意見募集をへて、5月末か6月上旬に移行措置を公示する方針です。

本来ならば、新指導要領は小学校は2011年度から、中学校は12年度から施行されるのですが、
今回の移行措置はそれ以前に特例として実施する内容を示すもの、つまり「前倒し」という事です。
中身をザッとさらってみると、
「総則」「道徳」などの項目を09年度(来年です)から直ちに適用するとしています。
この「総則」。
改正教育基本法の「目標」とした「愛国心」など国が定めた「徳目を「達成するよう教育を行う」と明記しています。
また、道徳教育の目的として「我が国と郷土を愛」する「日本人を育成」することを掲げ、
「道徳の時間を要として学校の教育活動全体を通じて行う」としています。
さらに各学校で「道徳教育推進教師」を配置します。


道徳。

ううう〜〜〜ん。

個人的は「道徳」は人として必要なものかも、とは思うのですが、
今回の文科省の「それ」は「人の上に国ありき」の感が強くて、
しかも半ば強制ということが非常に気になります。


また、
算数・数学と理科については教育内容の大部分を来年度から前倒しし、授業時間も増やします。
小学校低学年は体育の時間も増加。
と、言う事で小学三年は算数と理科の合計で年間45時間増になります。

このため、小学校では各学年とも現行より週1時間増。
中学校では選択教科などを減らして対応。

「ゆとり教育」導入のときもそうでしたが、
文科省が現場の声を聞かずに断行した場合、綻びはめにみえているんですよね。
なにしろ、今回も書類でのお達しですが、
事実上の教員増員などは配慮されていないのだから、現場の教師にすべて責任がかぶさってきます。

この問題も目が離せません。

|

« あれから三年 | トップページ | 熊本戦 »

コメント

こんにちは。はじめまして。
小学校か中学校の時か忘れてしまったのですが
道徳の授業が有り、テストも有りました。
私は不正解が結構多かったです。
詳細は覚えていませんが、少しショックだったのか
その事実だけは今でもよく覚えています。
道徳の授業、要るんでしょうか。私も疑問です。
当時は未だ幼かったからか、
その後はその教師を見下しました。

投稿: bando | 2008.04.25 18:09

bando さん。
おはようございます。
そして初めまして。
先日は光市の件でトラックバックいただき有り難うございました。
バタバタしていて失礼しました。
bando さんのブログを拝見しましたが、
ズバリと大切な事を書かれていると感心しました。

さて、愛国心をひたがえて道徳が学校現場にガンガンとやってくるそんな感じがするこのごろの国の方針には、
めまいがします。
もっと本質的な力を子どもたちに伝える事が大切と思います。

これを機にまたよろしくお願い致します。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2008.04.27 08:05

おかねいっぱいある人や動かせる人は税金あげると逃げ出すから優遇しないといけないといけないという声おおくみかけます。

超お金持ちや多国籍企業の上層部の人達に逃げ出さないように愛国心教育するとか(冗談です)

投稿: あゆ | 2008.04.27 09:39

あゆさん。
こんにちは。
このごろパソコンの調子絶好調ではないですか?
とても素敵な記事、連発なさっていますね。
あゆさんの、やさしい雰囲気のブログ、
はじめは「かわいい、、、」と思いながら読み進むうちに、
「本当だな、、、と」納得。
ジャカスカ、社会問題を斬っていますね。
ガンバって。応援しています。
なお、今日頂いたブラックユーモア、OKですよ(^.^)

愛国心とお金持ち。
切っても切れないんでしょうね。
納得。
やれやれ、、、
です。
ふっ〜〜〜

投稿: せとともこ | 2008.04.28 15:10

読売新聞におもしろい記事がありました。

投稿: あゆ | 2008.05.01 14:23

はじめてコメント書かせていただきます。

真剣に道徳教育を考えられる、あるいは考えようとする教師がどれだけいらっしゃるのか?
それがはなはだ心もとないですね。

宗教・信仰や哲学のバックボーンのない『道徳』って何だろう?と考えてしまいます。
道徳と言うより、単に『愛国心教育を!』という意図だとしても、神道のバックボーンがなければ、どうにもならないでしょう。
国家神道の復活へ向けての布石のつもりでしょうか?
それだけはごめんこうむりたいですね。古神道の復活ならば、まだ許せますが…。

そういう宗教を抜きにした、‘まっとうな人の道’とだけ考えても、地域共同体の崩壊している現代に、たとえば『江戸しぐさ』などを導入して、共同体の復活をはかろうとでもいうのでしょうか?
それもあまりに困難な、行く手険しい話です。

「この国に、倫理観・価値観の共通認識を復活させよう!」という容易でない難問を、政治家や専門家(?)たちが、机上の空論でお茶を濁しつつ、中身空っぽの‘かたち’だけ国民に押し付けて、何が嬉しいのか…。

これでは本当に、‘道徳’は、管理教育の手段の一つに使われ、『教育工場』が、『教育収容所』に代わるだけのような気がします。

投稿: naoko | 2008.05.03 06:41

naokoさん。
はじめまして。
コメントを頂きながら、連休は出掛けていたので、お返事遅くなり、ごめんなさい。

さて、頂いたコメント、何回と読ませていただきました。
本当に言われるように、
〜〜〜〜〜‘道徳’は、管理教育の手段の一つに使われ、『教育工場』が、『教育収容所』に代わるだけ〜〜〜〜
だと私も思います。
以前はそれでも小出しに・オブラートに包んで出していたのですが、
この頃は露骨にドンドン教育の現場に口を挟むようになりました。
それだけ、焦っているのでしょうか?
戦争への道を???
と、勘ぐりたくなるような薄っぺらい愛国心です。

子どもたちには、
中身のあるもの、格調たかいものを伝えていきたいと願っています。
これからも、折りにふれ書いていきたいと思いますので、
またご意見やアドバイスを頂くことが出来たら嬉しく思います。
では。

投稿: せとともこ | 2008.05.06 12:59

http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-05-03
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-05-04
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-04-30

うちも道徳書いてみました。世界的に息苦しくなってきたのかしら??

投稿: あゆ | 2008.05.07 21:41

あゆさん。
おはようございます。

お返事遅くなりごめんなさい。
と、言うかコメントを頂くと、ずっと考えてしまうのです。
と、言う事であゆさんの記事も読ませていただき、そして考えていました。
実に多彩な切り口で道徳について、そして裁判について書かれていましたね、、、
特に伝統文化については私もあゆさんと同意見です。

結局、いつもここでも書いているのですがバランスなのでしょうね。


投稿: せとともこ | 2008.05.11 08:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/40989404

この記事へのトラックバック一覧です: 新学習指導要領 移行措置案:

» 「女性市議変死事件」担当した警察も検察も創価学会員(メモ) [逝きし世の面影]
太田述正コラム#195 (2003.11.26) <今次総選挙と日本の政治(補足1)>  コラム#184と185でいささか日本の政治を持ち上げすぎました。日本の政治 は、二つの深刻な問題点を抱えており、このままで日本の政治が世界の範例 となることはありえないでしょう。 1 キャスティングボードを握っている公明党  矢野穂積・朝木直子「東村山の闇―「女性市議転落死事件」8年目の真実」(第三書房2003年11月)を読みました。 著者のお二人はともに東村山市議であり、殺害された「女性市議」朝木明... [続きを読む]

受信: 2008.04.26 12:55

« あれから三年 | トップページ | 熊本戦 »