« つなぎ法案が通るのか??? | トップページ | フジテレビからBPOへの回答 »

2008.04.01

後期高齢者医療制度

今日から4月。
卯月です。
意味や語源は以前の記事で、さらに季語についても亀鳴く春として過去に書きました。
また年度が変わるため、次々と悪政ラッシュも今日からということで、
年金制度が今日から変わりますを2005年の4月1日に、
新制度スタートを2006年に書いています。
いずれも辛い苦しみを庶民に押しつける政治の始まりの年度始めの記事ばかり。
うづきではなくうずきだね、、、

そして今年の極めつけはコレ。
「後期高齢者医療制度」。
そもそもこのネーミングからして腹立たしい。
後期高齢者????
なんやね?
それ???
って感じ。
失礼しちゃうわ。

で、その後期高齢者とは75歳以上の方だそうです。
後期ねぇ。

で、その高齢者を強制加入させる後期高齢者医療制度が今日から始まります。
対象者は約1300万人。
この制度は、二年前の2006年に自民、公明両党が強行した法律で導入が決まったもの。
中身は75歳以上は、全員が健康保険や国保(国民健康保険)などから追い出され、別枠の制度に囲い込まれます。
また65〜7歳で一定の障害がある人も新制度の対象です。
この新制度では、保険料は原則、年金から天引きされます。
天引きです。
とりっぱぐれなし、と言う事でしょうが、
冷たい発想ですね。
さらに、これに便乗して、65〜74歳の国保料(税)も、年金からの天引きが始まります。

年金額が月1万5000円より少ない人は、天引きではなく保険料を直接払い。
一年以上保険料を払えず「悪質滞納者」とみなされると、保険証を取り上げられます。
そして、そのかわりに「資格証明書」が発行され、窓口での10割負担を強いられます。
言葉もありません。

さらにさらに冷たいこの国の政府はこの4月から七十五歳以上だけを区別した診療報酬(医療の値段)を導入。
75歳以上の人を
(1)治療が長引き複数の病気にかかっている
(2)認知症が多い
(3)いずれ死を迎える―と定義。

また新しい健康診査制度では、対象年齢を40〜74歳に限定。
つまり75歳以上は「努力義務」として、法律の上では対象からはずしました。
国保や健保などで、加入者が死亡したときに支払われる「葬祭費」が、75歳以上になると減らされる問題も浮上。
信じられません。
こんな制度。
もちろん、みんな承知はしていないので、実施を目前にして、厚労省や自治体の担当窓口には、問い合わせや苦情が殺到していました。
また制度に反対する 署名は党派の違いを超えて広がり、中止・撤回などを求める意見書や決議をあげた地方議会は530以上に達しています。

調べれば調べるほど、言葉もありません。
一体、誰がこんな法律を通したのか?
あっ。
自民党と公明党でした。
ううううう〜〜〜ん。
この方達はご自分がいずれ「後期高齢者」と呼ばれる日がくることをご存知ないのか?
あるいはご自分のご家族にご高齢の方はいらっしゃらないのか?

いずれにしても、
お年寄りに優しくない政治は、若者にも女性にも子どもたちにも優しくないものです。
一刻も早くこんな法律は撤回して、
お年寄りが安心して医療を受ける事ができるあたたかい国であってほしいと心から願い、
また声を大にして呼びかけます。


過去記事です。お時間がございましたらご覧下さい。
医療制度改革の意味すること その2

|

« つなぎ法案が通るのか??? | トップページ | フジテレビからBPOへの回答 »

コメント

 よく書いてくれました。私も今年72歳になりますからもう3年後、「地デジ」が否応なく始まる年ですね。
 政府はこんな大きな変革をやるにはもっと周知徹底してからにすべきです。小泉サンから後は悪政だと知っていながら、何も手を打たないから、暫定税率然り一部政治に関心のある人以外は、何も知らされずに「その時」が来るのです。
 悪政をやれば政治に関心を持つようになると思っていましたが、どうも日本国民は民度が低いようですね。

投稿: hitoriyogari | 2008.04.03 17:16

小さい政府まざすんでしたよねえ。組織統廃合でしたよねえ。

なんで組織わけるんでしょう???謎です。

投稿: あゆ | 2008.04.03 19:40

hitoriyogari さん。
あゆさん。
こんにちは。
お元気ですか?

私は、今、新学期を前にして子どもたちと悪戦苦闘の毎日です。
春休みは宿題がないので、前の学年の復習をさせたいのですが、子どもたちにとっては、一番ハッピーは休み故、
勉強はしません(^^;
困ったものだ。
と、言うことで、いつもコメント頂きながらお返事遅くなりごめんなさい。


さてさて、後期高齢者ねぇ、、、
なんだか冷たい言葉に冷たい政治。
hitoriyogari さんではありませんが、本当にみんな政治に関心がないと言うか、知らされていないのか?
あるいは食べることで精一杯、先のことが見えないのでしょうか????
あゆさん言われるように衣食住が充実すれば、おのずと愛国心も湧きますよね。
こんなに冷たい国を愛せよと言われてもね、、、、

今、ネットの話題は映画「YASUKUNI」ですね。
これも目が離せません。
と、言うことで、これからもまたアドバイスやご意見宜しくお願いいたします。
じゃ〜〜〜〜またね。

投稿: せとともこ | 2008.04.05 17:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/40720244

この記事へのトラックバック一覧です: 後期高齢者医療制度:

» 特定財源問題の陰で恐ろしい制度が開始:後期高齢者医療制度 [自分なりの判断のご紹介]
高齢者って定義は65歳から。 後期高齢者って言葉が あるのはご存知? 75歳からのご老人(失礼m(_ _ )m) のことを言うんです。  65と75なんてたった十歳の 違... [続きを読む]

受信: 2008.04.01 23:11

» 橋下徹知事の無責任暴言と、おもねるマスコミ [逝きし世の面影]
4月1日大阪府入庁式。 大阪府は1日午前、府庁新別館で入庁式を行い、橋下徹知事が新職員に辞令を交付した。今年2月に就任し、初めての入庁式を迎えた橋下知事は202人の新職員を前に、「私は行政の世界では、みなさんと同じ1年生。僕ができることが、みなさんにできないわけがない。期待している」とあいさつした。 ただし真ともなのは、このあたりまで。この後がいけない・ 202人の新人職員に改革推進への覚悟を求めましたのは良いが、例によって何時もの『生きるも、死ぬも』とか、『地獄』とか、何やら怪しげカルト団体か... [続きを読む]

受信: 2008.04.03 09:17

» 自治体が造ったサラ金新東京銀行 [逝きし世の面影]
経営コンサルタント 大前研一さんのコラムによると。 「実はこの銀行の設立を最初に提案したのはわたし自身」 「メトロポリタン銀行」という名称で計画を進めていた」 提案したのは「石原都知事との食事での会話だった」 「『東京都が銀行を作ってはどうか』と手元資料を見ながら提案した」 ところ、翌日の新聞には 「石原メトロポリタン銀行構想」の文字が躍ったという。  石原都知事は、 「大銀行にもできない中小企業の支援」と「ベンチャーへの支援」この二つを推進していくと言い出したのだ」。 「だが、それは政治家として... [続きを読む]

受信: 2008.04.03 13:47

» 33年ぶりのストライキ 郵政ユニオンが一時間の時限ストを貫徹 [アッテンボローの雑記帳]
 本日4月3日、午前8時から郵政ユニオンの全国10支部において、44名の組合員が [続きを読む]

受信: 2008.04.03 15:43

» 「長寿阻止医療制度」スタート [医療制度改革批判と社会保障と憲法]
老人保健法が廃止され、高齢者医療確保法に代わり、2008年4月1日から、この法に基づく後期高齢者医療制度がスタートしました。  小泉政権の「置き土産である」すさまじい負担増が、高齢者・国民に実感されるという事態により、昨年の参議院選挙では自民党が大敗を喫しました。  こうしたことから、政府・与党プロジェクトチームで制度の「凍結」「見直し」が協議されていました。その結果は、総選挙対策としての「一時しのぎ」としか言いようのない「姑息な手立て」がとられることとなりました。  そうした経過から、厚生労... [続きを読む]

受信: 2008.04.10 15:28

» 高齢者医療のあるべき姿 [神戸市東灘区医師会]
神戸市東灘区医師会医政研究委員会答申 2008.3 高齢者医療のあるべき姿 PD [続きを読む]

受信: 2008.04.14 23:33

« つなぎ法案が通るのか??? | トップページ | フジテレビからBPOへの回答 »