« ナルニア国物語り カスピアン王子の角笛 | トップページ | ことばの日 »

2008.05.17

鳥栖戦

今日17日の相手はサガン鳥栖。
結果は1−0で広島が勝ちました。
よかった!!!

それにしても今日は寿人が凄かった。それから高萩が頑張った。
ストヤンは相変わらず攻守に活躍。
そして、
そして木寺。
この頃の木寺。
凄いねぇええええ。
なんか、木寺を見ていると人はいつでも、いつだって成長するんだと、
感慨に耽るのです。
本当に凄い。
あっ、これ、掛け値なく木寺への讃歌ですから。

と、言うことで広島、勝ったのですが、
鳥栖も素晴らしいチームだと感心しました。
以前、佐賀まで応援にいったのですが、
あの時に比べて、本当に鳥栖って強くなったと思います。
素晴らしいチームでした。

さて次節は横浜。
気をぬかず、一試合いっしあい、丁寧に心を込めてプレーして下さいね。
勿論、
私も気合いをいれて応援しています。

|

« ナルニア国物語り カスピアン王子の角笛 | トップページ | ことばの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/41234266

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥栖戦:

» 山口県でみる自民党政治の終焉 [逝きし世の面影]
4月7日、新自由主義で日本国を無茶苦茶にした政界無責任男、小泉純一郎元首相は、 「そろそろ大事な『何とか風』が吹き出したなあという気がする」・・・ と、「解散」という言葉こそ、使わなかったが次期衆院選について、こう予想した。 福田内閣成立後の初めての国政選挙、衆院山口2区補欠選挙(4月27日投開票) での自民党候補の惨敗を予想していたのだろうか。? 補選は、初めての国民の審判と言う意味だけにはとどまらず、自民党にとって、山口県とは、単なる一地方の補欠選挙ではない重要な意味があった。 補選前、山... [続きを読む]

受信: 2008.05.17 19:17

« ナルニア国物語り カスピアン王子の角笛 | トップページ | ことばの日 »