« 宇宙基本法 反対ネット署名 | トップページ | ナルニア国物語り カスピアン王子の角笛 »

2008.05.15

沖縄復帰の日

今日5月15日は沖縄復帰の日です。1972年5月15日のことです。
昨年沖縄の窓からと言うエントリーを挙げたのですが、この時は日米地位協定と教科書問題について書きました。

この一年。
沖縄ではとても悲しく、そして許しがたい事件が相次ぎました。
美しい海に囲まれ、
ひたむきに生きようとしている人々は、
戦争と不可分な基地というものを抱えて毎日を過しています、、、

沖縄の復帰。

それは本当のところ、まだまだではないか、と思うのです。
真の意味で、沖縄が帰ってくるのはいったい、いつの日か。

|

« 宇宙基本法 反対ネット署名 | トップページ | ナルニア国物語り カスピアン王子の角笛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/41214730

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄復帰の日:

» 奴隷制の負の遺産「優生学と人種隔離政策」 と公民権運動 [逝きし世の面影]
19世紀以前は宗教が主な原因で騒動が起こったが、二〇世紀は人種〈肌の色に基づく区分)問題で騒動が起こり、それが解決しない内に21世紀に入ってしまい、現在は宗教と人種の両方が問題(民族問題)で、騒動が起きている。 1960年代に起こったアメリカ黒人の公民権運動とは、アメリカという近代国家が自らの歴史と対峙し、忌まわしい奴隷制の残滓の払拭を図ったことに他ならない。 この時アメリカ人は、初めて負の遺産(奴隷制)に本格的に目を向け解決しようとした。 勿論、人種間の緊張を受けて「特有の制度」と呼ばれる奴... [続きを読む]

受信: 2008.05.15 17:42

« 宇宙基本法 反対ネット署名 | トップページ | ナルニア国物語り カスピアン王子の角笛 »