« 仙台戦 | トップページ | ミャンマーのサイクロン »

2008.05.08

日中首脳会談

昨日7日、福田総理と中国の胡錦濤国家主席の会談が首相官邸で行われました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
両国は00年1月以来中断している「日中人権対話」を約8年ぶりに再開することで合意した。チベット問題などをめぐり日中間に常設対話ルートが確保される。懸案の東シナ海ガス田の開発問題についても「解決のめどが立った」(福田首相)ことが確認され、7月の北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)の日中首脳会談の機会にも合意を目指す。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
両首脳は、
日中両国が「歴史を直視」し、「戦略的互恵関係」を包括的に推進するとした共同声明を発表。
中身を見ると、
(1)首脳相互訪問の定期化など政治的相互信頼の増進
(2)人的交流と国民の友好感情の増進
(3)互恵協力の強化
(4)アジア太平洋への貢献
(5)世界的課題への貢献
この分野での協力を謳っています。


会談後の共同記者会見で福田さんは、
中国が4日にチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ十四世側との話し合いを行ったことを「本格的対話に向けた第一歩」と評価。
胡主席はダライ・ラマ側が暴力扇動の停止など「次のステップの話し合いの条件をつくりあげることを望む」と述べました。

また、
東シナ海ガス田共同開発問題については
「長年の懸案に解決のめどが立った」と表明。
胡主席も「突っ込んだ協議で重要な進展を遂げた」と語りました。

微妙でデリケートな問題をいっぱい抱えている両国ゆえに、
これからオリンピックやサミットを控え、
両国が協力をして、国際社会に貢献していくことを祈っています。
今後の成り行きに注目です。

|

« 仙台戦 | トップページ | ミャンマーのサイクロン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/41131983

この記事へのトラックバック一覧です: 日中首脳会談:

« 仙台戦 | トップページ | ミャンマーのサイクロン »