« メーデー | トップページ | 宇宙基本法修正案 »

2008.05.02

恒久派兵法と憲法

明日5月3日は憲法記念日です。
日本国憲法。
その三原則「国民主権、戦争放棄、基本的人権の尊重」が、
今日ほど重みを持って感じられる事はないのではと、思う事しきりのこのごろです。

さて、戦争放棄、憲法9条をもつ平和国家日本に、
自衛隊をいつでも海外に派兵できる海外派兵恒久法をつくろうではないかという動きがあります。


この3月下旬、福田さんが、
恒久法制定を「早くしたほうがいい」と述べました。
それを受けて、早速、自民党は恒久法制定をめざすプロジェクトチームを立ち上げました。
座長も兼ねる山崎拓さんは、今後のスケジュールを発表。
それによると、今通常国会の会期末(六月十五日)までに恒久法の要綱をまとめる。
夏に法案化。
秋の臨時国会で成立というものです。
また、自民、民主、公明の「新世紀の安全保障体制を確立する若手議員の会」も総会を開きました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
週1回勉強会を開き、 インド洋に海上自衛隊を派遣するための新テロ対策特別措置法の期限が来年1月に期限切れとなることを踏まえ、 自衛隊海外派遣の要件を定める恒久法や、集団的自衛権行使の問題について議論を深める方向で一致した。
(毎日新聞 2008.4.23)
上記サイトより
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


恒久法ですかぁ〜〜〜〜
恒久法になるということは、従来のように、海外派兵のたびに特別措置法案をつくり、国会の承認を得るやり方をやめ、制定後は政府の判断でいつでもどこにでも派兵できるようにするというものです。
つまり国会の判断を仰がないということです。
これは「ねじれ国会」と言われる現国会の政治模様が衆参で勢力が違うため、
審議に時間がかかることと、国民の前にいつも明らかにされるためです。
迅速、かつ秘密(?)にコッソリと海外派兵したいと言う事でしょうか???
ねぇ、福田さん>

さてさて、
こんな恒久法。
もちろん、背景にはアメリカの要求があります。
アーミテージ元国務副長官などアメリカの超党派アジア研究グループは昨年、恒久法議論を「励まされる動き」とのべ、米軍が必要とするとき「短い予告期間で部隊を配備」するよう求めています。

アメリカの意向をくんで、出来上がる恒久法。
その内容は、ズバリ、アメリカの為の戦争への道をひた走るものなのでしょうか?
戦闘に発展しかねない治安維持や警護活動などを含み、アフガニスタン国際治安支援部隊(ISAF)への参加も検討対象にと盛り込まれる恒久法。

さらに特筆すべきは、
外国軍を受け入れている政権が外国軍の活動を治安維持活動として認めるのであれば、無差別爆撃も治安活動となり、国連憲章が禁止する武力行使にあたらないとの新見解を示していることです。自動参戦に道を開くということか???
今まで精一杯歯止めの役をしていた国連憲章さえ取っ払って、自衛隊は行く。
海外へ。
戦争のある国へ。
アメリカを守る為に。

と、いうことかぁ〜〜〜

ふっ〜〜〜〜
と、またまたため息がでます。
が、
ため息なんてついていられません。
明日5月3日は憲法記念日。
恒久平和をうたった日本国憲法の意義を今一度確認しながら、
少しでも多くの人々に伝えていきたい。
平和の尊さを。

|

« メーデー | トップページ | 宇宙基本法修正案 »

コメント

 自衛隊を海外へ派兵するという恒久法ですね。
 騙されちゃあいけませんよ。これを遣ると仰るように何時でも何処へでも派兵出来ますから、政府にとっては大変都合のいい法律です。これを通すには憲法を改正してからにして欲しいです。
 それから連休ですが、もう毎日が休日ですからゴールデンウイークもなにもあったものじゃあござんせん。京都の弟に病気中の報告をしに参ります。彼のお嫁さんがいい人で、早く顔を見せてくれと言いますので、明日の一日をそれに当てています。
 あなたはまたご主人と何処かへお出かけですか?

投稿: hitoriyogari | 2008.05.02 16:58

 明日は大阪で開催される改憲阻止の集会に参加してきます。

 自衛隊の恒久派兵など可決させては次々と侵略派兵が行われ戦争が拡大していく道以外あり得ません。何としてでも阻止したいと思います。

投稿: アッテンボロー | 2008.05.02 23:23

hitoriyogari さん。
アッテンボローさん。
こんにちは。
コメントを頂きながら、連休で出掛けていたので、お返事遅くなり失礼をいたしました。

さて、この連休があけるといよいよ悪法がドンドン出てくるというお決まりのパターンが今年も始まります。
福田政権。
支持率急落にもかかわらず、なりふりかまわず、国民に痛みを押しつけるものと思います。
しかし、私たちの声が届かないはずはない、
と、信じてこれからも書いていこうと思います。
どうぞ、またご意見やアドバイスをお願いいたします。


hitoriyogari さん。
そうですか、、、
弟さんのところにお出かけでしたか?
それは良かったですね(^.^)
ゆっくり、じっくりとお話が出来たものと思います。
私は家族と九州やら四国やらを慌ただしく駆け抜けた連休でした。
人が大勢で疲れました。
でも楽しく時間を過すことができ、ハッピーでした。


アッテンボローさん。
改憲への危惧は日々増し、多くの国民にもその深刻さが伝わってきたと思いますが、しかし、手を抜くことはできませんよね。
千葉で開かれた九条の世界会議も大盛況だったということですが、
草の根の大切さを改めて思います。
アッテンボローさんちの可愛い子どもたち、その友達、そして、子どもたち全てが戦に巻き込まれることのない時代を作っていきたい、、、
と、強く思っています。
また、近況などお知らせくださいね(^.^)

投稿: せとともこ | 2008.05.06 12:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/41065655

この記事へのトラックバック一覧です: 恒久派兵法と憲法:

» 米国の食肉産業とBSEと牛丼 [逝きし世の面影]
4月24日、牛丼チェーン大手吉野家向けの米国産輸入牛肉に、BSE(狂牛病)の危険部位である脊柱(せきちゅう)が混入していた事が発覚する。 牛丼の24時間販売を復活させたばかりの吉野家は冷や水を浴びせられた格好だ。 混入が見つかったのは、米食肉処理業者ナショナルビーフ社のカリフォルニア工場が出荷した冷凍ばら肉700箱(約17トン)のうちの1箱。 吉野家は、危険部位の脊柱は牛丼の具材となるばら肉とは異なり、「外見上明らかに分かった」と説明している。 ★『農林水産省と厚生労働省』は同工場からの輸入... [続きを読む]

受信: 2008.05.03 18:01

» 『逝きし世の面影』の世界と、『最後の神としての憲法9条』 [逝きし世の面影]
渡辺京二著『逝きし世の面影』という本がある。 これは幕末から明治にかけて日本を訪れた異人(欧米人)が、当時の日本および日本人をどのように見ていたのかということを、それらの異人が残した膨大な証言録の中から拾い出し、当時の日本の姿を浮かび上がらせようとした本である。 この本の中で浮かび上がってくるかつての日本の姿は驚くべきもので、 この本に登場してくる異人たちは、皆ではないが、ほとんどの者が当時の日本の「優しい文明」に惹かれている。 異人たちは、自分たちが惹かれたものの本質まで見極め切れてはいない。... [続きを読む]

受信: 2008.05.03 18:03

» 9条改憲阻止! 戦争と格差・貧困を押し付けるG8サミット反対! 5・3共同行動 [アッテンボローの雑記帳]
 妻の入院によって4月は3日の郵政ユニオンスト支援集会以来、運動関係で外出するこ [続きを読む]

受信: 2008.05.04 19:08

» 続、米国の食肉産業とBSE(日本とアメリカの関係) [逝きし世の面影]
日本の多くの消費者は、『アメリカ農務省は米国産食肉を日本に売りたがっている』と考えている。 確かに、アメリカ大使館や、米国農務省スポークスマンは何時も同じように、米国産食肉の安全を宣伝をしているし、日本側の20ヶ月規制等の輸入規制を非難して、撤廃させようとしている。 公式発表だけを読めば、当然『日本に売りたがっている』という結論になる。 『この常識は、本当だろうか。?』 しかし、アメリカ産輸入牛肉の消費が伸びない理由は、アメリカが言うような日本側の規制処置に有るのではない。 その反対の『... [続きを読む]

受信: 2008.05.05 15:59

» 「9条世界会議」でアレコレ考えた [喜八ログ]
「9条世界会議」参加を通じていろいろと考えたこと思ったことなどを備忘録的にまとめておくことにします(3項目あります)。 [続きを読む]

受信: 2008.05.09 12:36

» 合唱 [そいつは帽子だ!]
「(明治憲法下の)あのころは特高がわたしたちを呼ぶときは『オイ、コラ』だった。『われわれは奴隷じゃない』と反発した。憲法が改正されれば『オイ、コラ』時代が必ずまたやってくる」 嘉陽のおじい http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-23500-storytopic-1.html あん..... [続きを読む]

受信: 2008.05.09 16:29

« メーデー | トップページ | 宇宙基本法修正案 »