« マルクスがブームらしい | トップページ | 言葉と辞書 »

2008.05.27

火星探査機・フェニックス

降下中の米火星探査機、別の探査機がパシャリと言うニュース。
ほぉお〜〜〜
これは凄い
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 【パサデナ(米カリフォルニア州)=勝田敏彦】米航空宇宙局(NASA)は26日、探査機フェニックスが火星に軟着陸する直前、パラシュートで降下している姿をとらえた画像を公表した。火星の上空310キロを周回中の米探査機マーズ・リコネサンス・オービター(MRO)の高解像度カメラで撮影した。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
探査機フェニックスかぁ、、、
どんな情報を持って来るか楽しみです。
火星探査機と言えば、やっぱり思い出すのはスピリットです。

夜空に赤く光る火星。
その色から,ギリシア神話の戦いの神「マルス(またはアレス)」の名で呼ばれてきました。
因みにさそり座の赤い星はアンタレス(アンチ・アレスです)
また、
中国や日本では古くは、螢惑(けいこく)と呼んでいました。
中国の諺に「螢惑心を犯す」とか「螢惑心に入る」という言葉があります。
「心)」というのは、中国の星座28宿のうちの「心宿」の事で、つまりさそり座のことです。
このちかくに火星が来ると、天下大乱のしるしと恐れられたそうです。

火星とさそり座、、かぁ。
ふむふむ。

そんな昔の人の夜空への思いを込めて、
今、フェニックスは科学の力で、古代のロマンへと挑戦しているのでしょうか???


|

« マルクスがブームらしい | トップページ | 言葉と辞書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/41341584

この記事へのトラックバック一覧です: 火星探査機・フェニックス:

« マルクスがブームらしい | トップページ | 言葉と辞書 »