« 友人のブログ紹介 | トップページ | 戸坂潤の道徳と倫理 »

2008.05.14

道路財源法案通過

福田内閣・自公両党は昨日13日、ガソリン税などを今後十年にわたって道路につぎ込む道路財源法案を衆院で再議決しました。
ついこの前のガソリン税を倍加する「暫定税率」の再議決に続く数の暴挙です。

圧倒的多数の国民は、この法案の成立を望んでいませんでした。
先週末のJNN調査によると、道路財源法案の再議決を「支持する」と答えた人は21%で、「支持しない」人が実に74%。
これに先立って福田内閣は、道路特定財源を「二〇〇九年度から一般財源化する」とした「基本方針」を閣議決定しました。
これは自民党内の“造反”を抑えるための“証文”とされています。
ところがその実態は、公明党の冬柴鉄三国交相や自民党道路族らの要求通りに、際限のない高速道路建設を推進する証文となっています。
この基本方針が「着実に整備する」と明記した「必要と判断される道路」とは何かと問われれば、
参院で答弁したように10年で59兆円の道路中期計画の道路です。
しかも基本方針は、まだ閣議決定に至っていない中期計画を5年に短縮した上で「策定する」、つまり閣議決定するとのべています。

閣議決定かぁ〜〜〜

つまり国民不在。
尤も、国会で審議しても不在感が漂っているのですが、
それでも国会審議ならば国民の目は光りますが、閣議決定ではもう手が届かない。
何をどのように決められるのか???
知らないうちに道路だけがバンバン出来るということでしょうか?


そう言えば、この法案に先立ち地方の財政難を訴えていた政府ですが、
昨日の冬柴さんのコメントでは「地方に万全というわけではありませんのであしからず」(瀬戸意訳)という感じでしたね。

そもそも地方赤字の大もとは政府が押し付けてきた巨額の公共事業です。
そして地方交付税の大幅削減です。

さらに、さらに今後、出てくるのは消費税です。
冬柴さんは、税制改革がなされない場合は、一般財源化もやらないと「読むのが正確」だと解説していましたが、道路財源を突破口に消費税増税をもくろむと同時に、消費税増税ができなければ一般財源化も棚上げするという論理を国民に押しつけてくるでしょう。

国民からとれるだけとる。
これが福田さんの方針です。
間違いなく。

私たちは、
もっと、もっと声をあげなければならないのです。
鳴かずに毛がむしとられる羊のようであってはならない。
と、つくづく思いながら怒りの声を上げていく時です。

|

« 友人のブログ紹介 | トップページ | 戸坂潤の道徳と倫理 »

コメント

道路財源どっちとっても問題あるし利点もあるんでうちにはわかんないです。
でも小泉さんが果たせなかった(遣り残した)といわれる道路利権をなんで自民党が強引にまもるのかどうもわかんないです。小泉改革に批判的な民主党の方が反対なのかも。
なんで逆転するのかわかんないです。

投稿: あゆ | 2008.05.14 23:21

あゆさん。
なるほど、、、

まさに逆転の構図。
政局だけで国民不在のありようが、ここにあるのですが、
それに関しては、またエントリーで挙げますね。
その折はまたご意見、お待ちしています。
それから、可愛くて真剣なブログ、これからも楽しみにしていますよ(^.^)

投稿: せとともこ | 2008.05.15 14:22

ついでに。

日銀総裁事件?も理解不能です。
構造改革で利権壊しの自民党が財務省利権守って、なんで改革に否定的な民主党が壊すのにこだわるのかしら??

一市民にはわけわからないです。

投稿: あゆ | 2008.05.15 23:19

あゆさん。
こんにちは。
バタバタしていてコメント遅くなりました。
ごめんね。

民主党って、本当に不思議な党ですね(^^;
玉虫色の政策に、議員センセも混迷している様だけが浮き彫りにされて、、、

いずれにしても、
国民の代弁者なのか???
ちょっと疑問ですね。
今後も見ていきましょうね、、、
今度、この問題もご一緒に考えましょうね。

投稿: せとともこ | 2008.05.17 15:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/41206414

この記事へのトラックバック一覧です: 道路財源法案通過:

« 友人のブログ紹介 | トップページ | 戸坂潤の道徳と倫理 »