« 後期高齢者医療制度廃止法案提出 | トップページ | アイヌ民族:先住民決議 »

2008.06.07

食料サミット終わる

ローマの国連食糧農業機関(FAO)本部で6月3日から開かれていた「食料安全保障サミット」が閉幕しました。
食料の高騰や不足など世界が直面する食料危機の解決をめざす政治宣言を採択。
このサミットには183カ国の代表が参加しました。

政治宣言は、
飢餓状態にある世界の8億6200万人以上の人々の数を2015年までに半減させるため、国際社会が小規模農家への支援強化などを通じて食料増産、生産性向上に取り組むことを求めています。


食料不足の原因の一つとされる輸出規制など「制限的措置」については、「(食料の)国際価格を一段と不安定化させる恐れがある」とし、「最小限に抑える必要性」を強調。

日本からも福田さんが出席して、食料支援額の増加を表明しました。
またバイオ燃料生産国として批判されているブラジルのルラ大統領は、同国が進めているのはサトウキビからの生産であると強調、食料不足をもたらす危険性があるトウモロコシなど食用、飼料用作物からの生産に否定的な考えを示しました。

しかし、このバイオ燃料については、米国やブラジルなど推進国とその他の批判国の対立が解消されず、宣言では「徹底的研究」と「国際対話の促進」の文言にとどまりました。


世界で実に8億人以上の人が飢餓に苦しんでいる実態。
多くは発展途上国の貧困地帯と言われています。
WFPによると世界で約6000万人の子どもが空腹のまま学校に通っています。WFPはアフガニスタンからソマリアまで約2000万人の子どもに学校給食を提供しているということです。
しかし、焼け石に水。
まだまだ救済には至っていません。
抜本的な対策を世界の各国が共通の問題として考えるこのサミットは、
一つの前進ではありますが、、、
まだまだ、の感も否めません。

自給率4割の日本。
自国の農業行政の在り方もふくめ、この問題を積極的に討議していただきたいものです。

|

« 後期高齢者医療制度廃止法案提出 | トップページ | アイヌ民族:先住民決議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/41451716

この記事へのトラックバック一覧です: 食料サミット終わる:

« 後期高齢者医療制度廃止法案提出 | トップページ | アイヌ民族:先住民決議 »