« 高校生の理科離れ | トップページ | 食料サミット終わる »

2008.06.06

後期高齢者医療制度廃止法案提出

民主党、共産党、社民党、国民新党の野党四党が提出した後期高齢者医療制度廃止法案が昨日、5日の参院厚生労働委員会で、全会一致で可決されました。
自民、公明両党は採決を欠席。
廃止法案は今日6日の参院本会議で可決され、衆院に送付される見込みです。

全く。
その通りと思う私。
こんな法案、廃止しかない。

誰だって歳をとります。
歳をとると体のあちこちがキィキィ、ギシギシとなり体調を崩し、
若い頃は耐えられたことが出来なくなります。
のっけ、医者通い。
医者に行って診察を受けて、適当な治療を受ける中で、
この「心のケア」が一番大切。
歳をとる毎に、一枚いちまいと失っていく自信と安心をケアする事で、
お年寄りは豊かな老後を送ることができます。
国は、
豊かな老後を保障する必要があると考えます。

お年寄りを大切にしない国は、若者をも大切にはしないと私は思うのですが、、、

|

« 高校生の理科離れ | トップページ | 食料サミット終わる »

コメント

 全く同感です。何回でも言いますが、こんな「姥捨て山」制度は即刻廃止して、もっとお年寄りを大事にする制度(老人医療制度)に戻して、社会保障費の使い方を根本から見直し、福祉大国として世界に発信して欲しいものです。
 若い人たちから、老人への負担が幾ら掛かっているかなどの要求があったなど、聞いたこともありません。この制度は若い人たちの給与明細に、どれだけ負担されたかを記載するようになっているのです。
 それを「長寿医療制度」などと言い換えて見ても、端から敬老精神などかけらもありません。
 もし、衆議院で否決すれば、もう問責決議を出して戦うしかありません。
 国民新党は、民主党が日銀委員の白川氏を承認したことに反発して、統一会派を離脱すると脅しています。これは氏が嘗て郵政民営化を主導した実績があるという理由からです。
 郵政民営化と日銀委員とは次元の違う話であって、余りにも拙速であり承伏しかねます。こんな大事な時に離脱などと言われてもねえ。共産党、民社党を見習ってほしいものです。

投稿: hitoriyogari | 2008.06.06 16:08

医療保険の赤字解消の為、多少の高齢者の我慢はしょうがないとは自民党や厚生労働省の言い分。
しかし医療保険の赤字は当たり前で、もともと儲けるものではない。
年寄りが若者より病気がちなのも当たり前で、若年層の方が病気がちなら国が消滅する。
高齢者が増えたのは、今までの日本の医療の成果で、大喜びすべきめでたい出来事ですよ。
その国が、高齢者の医療費にどれだけ金を使ったかは国家の品格、国家としての値打ちです。
此れでは、日本の医療保険は保険の体をなしていないし、自民党政府の日本国は国家の体をなしていない、言わざるおえない。

健康な人も病気の人も若い人も年寄りも入っているから健康保険と呼べる。
健康な40代限定の健康保険を組めば今の保険料の十分の一ぐらいになるし、90歳代以上限定なら十倍以上になるのは自明の理。
この制度は「姥捨て山」との見方も出来るが、75歳以上の高齢者の負担で、75歳以上の病気の高齢者の医療費を賄う制度ですから、健康な高齢者が病気の高齢者の面倒をみる『老老介護』の医療保険版ですね。
『老老介護』は、誰がやってもどんなに努力しても、そんなに遠くない、極近い将来に必ず破綻する、恐ろしい宿命を背負っています。
この高齢者医療制度も間違いなく、同じ運命が待ったいます。

投稿: 逝きし世の面影 | 2008.06.06 18:06

制度以前に高齢者というレッテルを強調するのはちょっと・・・。
それ以上にレッテル貼られた人達がお荷物だという感覚がおかしぃような・・・。


私達一人一人みんな御互い得意不得手みんな違いますよね。その輪の中にみんなはいっていること忘れてないかしら?

投稿: あゆ | 2008.06.07 09:34

hitoriyogari さん。
逝きし世の面影 さん。
あゆさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

ニュースで45の市町村が過重に徴収したとありました。
なんだか本当に国のやることの「冷たさ」がヒシヒシと感じられます。

hitoriyogari さん。
本当に「長寿制度」なんて聞いて呆れます。
後期高齢者もたいがいにしろ、って感じですが長寿制度には、もう馬鹿にすんじゃないよ、と呆れてものも言えません。
この拙速さ、破綻が見えていますね、、、
どうなることやら、、、

逝きし世の面影 さん。
「老老介護」。
本当に。
私もこの頃友人たちとの話は自分の健康と年老いた親たちの事です。
皆さん、共通して「不安」を感じています。
と言って次代の子等に担わせるにはあまりに負担が大きい。
狭間にいる私たちの世代の責任の大きさを実感しています。


あゆさん。
本当だね。
レッテル貼りですね。
「私達一人一人みんな御互い得意不得手みんな違いますよね。その輪の中にみんなはいっていること忘れてないかしら?」
まさに初心に返って考える必要を感じます。

投稿: せとともこ | 2008.06.07 14:23

せとともこ さん。
必ず破綻する後期高齢者医療保険の話、可笑しいと思いませんか。?
年金も。天引きでない国民保険の納付率は破綻水準。
マスコミが口を揃えて、将来年金は必ず破綻すると報道する。可笑しすぎると思いませんか。?
日本をわざわざ破綻するように破綻するように誘導しているんですよ。

日本の長寿社会を創ったのは医療保険制度です。日本の医療保険制度は、世界に誇れる制度ですよ。
その逆で、日本の何倍も医療費負担をしているアメリカは医療保険制度が壊滅している。
日米どちらが正しくどちらが間違っているか子供でも判ります。
アメリカの猿真似は、日本を破壊するのが目的なのかと疑いたくなる。

年金でも集めた保険金を数十兆円も溜め込んでいる国は世界広しといえ日本国ただ一国です。
誰でも無駄に目の前に大金があれば無駄遣いするのは当たり前です。
しかも、本当に年金を払って欲しければ、年金が危ないなんて絶対にマスコミで流しませんよ。倒産確実な銀行や保険会社と契約する物好きがいると思いますか。?そんな人はいません。
本来なら、マスコミは逆に安全だ安全がと宣伝する筈です。しかしそうはしない。
マスコミの凶悪犯罪増加という偽情報キャンペーンは、多分警察権力の強化が目的でしょう。
年金が危ないのネガティブキャンペーンは、多分年金支払いの踏み倒しが目的でしょう。
ただ現在の自民党政府の医療保険の破壊だけは目的が判りません。
医療費の削減に一番効果が有るのは、早期医療と予防医療、地道な健康管理で、現在の自公の方針の全く反対の方向です。
今のやり方では余計金がかかる、何とも実に不思議な話です。

投稿: 逝きし世の面影 | 2008.06.07 17:00

 すみません。日銀の委員は白川氏ではなく、池尾氏でした。
 お詫びして訂正させて頂きます。

投稿: hitoriyogari | 2008.06.07 17:27

逝きし世の面影 さん。
hitoriyogari さん。
こんにちは。

逝きし世の面影さん。
はい、仰ること、よくわかります。
結局、最終的な目的は「健康保険」制度の崩壊だと思います。
今、政府が狙っているのは自由診療制度であることは明らかです。
この問題も射程にいれて、
長く広い目で見ていくことが大切なのでしょうね。
「ただ現在の自民党政府の医療保険の破壊だけは目的が判りません。
医療費の削減に一番効果が有るのは、早期医療と予防医療、地道な健康管理で、現在の自公の方針の全く反対の方向です。
今のやり方では余計金がかかる、何とも実に不思議な話です。」
面影さんの言われるとおり。
自公の矛盾がこれからますます噴出してくるものと思います。
だがしかし、
その矛盾の尻ぬぐいはは、いつも国民。
こんな構図はもう真っ平です。
面影さん。
お互いに声の出せる間、頑張って伝えていきましょうね。
これからも宜しくお願いいたします。


hitoriyogari さん。
ご丁寧にお知らせ頂き、ありがとうございました。
このところ、脚光を浴びている方々ですね。
注目していきます。
また、教えてくださいね(^.^)
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2008.06.08 13:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/41442202

この記事へのトラックバック一覧です: 後期高齢者医療制度廃止法案提出:

» 聖書で読むアメリカ(続) [逝きし世の面影]
日本では自分を「無神論者」とカミングアウト(Coming out)しても、「はあ、そうですか」で終わるけれども、キリスト教圏(例えば欧米、特にアメリカ)では無神論者というと、「悪魔の手先」と思われるか「ケダモノ以下の存在」に見られか、いずれか或いは両方と見られる。 一神教世界、キリスト教圏にせよイスラム教圏にせよ、宗教は人々の思考をがっちりと規定していて、疑問に感じる事自体がタブーになっている。 ひとたび信じて入信したら、宗教に疑問を感じて『棄教』することは、教義上の最大の犯罪とされている。 組織... [続きを読む]

受信: 2008.06.06 17:19

» 後期高齢者医療制度廃止法 [逝きし世の面影]
『野党四党が後期高齢者医療制度廃止法案提出』 民主党、共産党、社民党、国民新党の野党四党が提出した後期高齢者医療制度廃止法案が6月6日の参院本会議で全会一致で可決され、衆院に送付される。 自民、公明両党は採決を欠席。 「老人も痛みを感じろ!」厚労省の「Mr。後期高齢」 日本中の老人から「死ねということか」と怨嗟(えんさ)の声が出ている後期高齢者医療制度。 その制度設計に関わり、「ミスター後期高齢」の異名をとる厚労省国民健康保険課課長補佐の土佐和男氏(55)。 『Mr。後期高齢土佐和男氏... [続きを読む]

受信: 2008.06.11 13:21

« 高校生の理科離れ | トップページ | 食料サミット終わる »