« 消費税玉虫発言 | トップページ | 7月、あれこれと思う事を »

2008.06.28

<ガソリン>180円台へ


<ガソリン>180円台へ 元売り各社が7月も続々値上げ 
と言うニュース。

ふっ〜〜〜〜

ため息しか出ません。
先週の土・日曜日(6月21日、22日)原油価格高騰の対策を協議する産油国と消費国の緊急閣僚級会合がサウジアラビアのジッダで開催されました。
産油国と消費国、国際エネルギー機関など36カ国と7つの国際機関、22の石油企業が参加。
そこでは原油市場での投機行為の規制強化が必要とする声明を採択しました。

異常に上昇した原油価格が世界経済、とりわけ最貧国の経済に深刻な影響を及ぼしている問題を指摘し、参加国すべてが価格高騰への懸念を共有していると宣言では書かれています。
そして対応策の一つとして、「金融市場の透明性と規制の改善」を呼びかけました。
また、インデックス・ファンドの活動情報の整備や原油取引市場の監視などを進めるとしています。
なお具体的な規制策は今後さらに協議されることになります。

原油価格の高騰が、私たちの生活に直撃することは明らかです。
さらに発展途上国の安全保障をも脅かしていると事。

産油国と消費国、それぞれの思惑はあるのでしょうが、
どちらにしても、原油を投機の対象にすることは、
世界の安全にも関わるということで一致しました。

本当に、、、
ほんとうに。
原油のように生活の根幹に関わる資源を投機の対象にされて、値段がドンドンあがっていったひには、
国民は、もうお手上げです。
もっと、安定した値段で供給してもらいたいと強く思います。

|

« 消費税玉虫発言 | トップページ | 7月、あれこれと思う事を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/41669295

この記事へのトラックバック一覧です: <ガソリン>180円台へ:

» 悲惨な分裂国家パキスタンの核兵器、北朝鮮の核実験。 [逝きし世の面影]
08年06月29日 『パキスタンの核の父カーン博士が驚くべき証言 』 拘禁から解かれた“パキスタンの核の父”A.Q.カーン氏が地元メディアの前で驚くべき証言をする。 「ムシャラフは米国が要求することは何でも承諾し、2015年までにパキスタンを分割する約束をしている。」 「IAEAは決して国際的機関などではなく、米国とユダヤ人の所有物である。だから私は決して彼らの前に出向くつもりはない。」 「パキスタンがリビアに核のハードウェアを売り渡し“核の拡散”に関与した、と言うのはリビアの悪質な嘘であっ... [続きを読む]

受信: 2008.06.29 15:47

» 北朝鮮テロ指定解除、朝鮮戦争完全終結へ。? [逝きし世の面影]
ブッシュにも見放された拉致被害者!2年前の会談は何だったのか 6月30日日刊ゲンダイ 北朝鮮の核計画申告を受け、米政府がテロ支援国家指定の解除手続きに入った。 45日後には解除が発効する。北朝鮮がテロ支援国家を解除されるのは20年ぶり。拉致被害者家族は頼みのブッシュに裏切られた格好だ。 06年4月、ブッシュはホワイトハウスで横田早紀江さんと面談し、「最も心を動かされた会談のひとつだ。国家が拉致を許しているのは信じがたい」と発言していた。 テロ支援国家指定が解除されると、世界銀行やアジア開発銀行などか... [続きを読む]

受信: 2008.06.30 16:31

» バチカン奇跡の証明、キリスト教に潜むカルト [逝きし世の面影]
『バチカン:奇跡の証明 厳正調査に5年』毎日新聞 2008年7月1日 【ローマ藤原章生】 世界各地のカトリック教徒の間には、さまざまな「奇跡」が伝わっている。 聖書の中にではなく、「病気を治した」など、地元に伝わる「現代の奇跡」だ。 信徒に「本当?」と問えば「バチカンのお墨付き」と答える。 ではバチカンは、どうやって真偽を見極めるのか。 「聖母の人形が輝き、重い病を治した」。 そんな話が伝わる中南米やアフリカの聖地では必ず「バチカンの専門家が認定した」と聞かされた。 専門家とはバチカン(ローマ法王庁... [続きを読む]

受信: 2008.07.01 14:31

» 検証「不審船」事件 ”排他的有事国家”への道 [逝きし世の面影]
前田哲夫(東京国際人学教授)/週間金曜日2002.1.11   昨年12月22日、東シナ海洋上で国籍不明の「不審船」を海上保安庁が銃撃・撃沈した。事件を検証すると、攻撃の違法性、そして昨年の米国テロ以降、日本で強まる”排他的有事国家”への道が見えてくる。   昨年12月22日、東シナ海洋上で起きた海上保安庁巡視船による「国籍不明船銃撃・撃沈事件」は、日本が初めて国外において先制的な武力行使に踏み切り、外国人死者多数をもたらす事例として記録されることになった。   ”不審船”発見から撃沈... [続きを読む]

受信: 2008.07.03 08:24

« 消費税玉虫発言 | トップページ | 7月、あれこれと思う事を »