« EUフィルムデーズを終えて | トップページ | 不可能図形 »

2008.06.15

岩手・宮城地震

岩手・宮城地震の被害が明らかになってきています。
亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。
また、被災に遭われた方のお見舞いも重ねて申し上げます。

さて、
今回の地震の震源域北東部までのびている活断層の活動度は、政府の地震調査委員会で「地震が30年以内に発生する確率をほぼ0%」と評価されていたところです。

昨日の地震は深さ約8キロでマグニチュード7・2。
「この周辺では過去にも浅い震源の地震が起きている。1896年にマグニチュード7・2の陸羽(りくう)地震が発生している」と専門家は話します。
この時、200人を超える死者と5000戸以上の建物全壊被害が今回の地域で既にあったのです。
この地は、同じ1896年に明治三陸地震(津波)も発生しているのです。

政府の地震調査委員会。
うううう〜〜〜〜ん。
唸りますねぇえええ。

阪神・淡路大震災後に「北上低地西縁断層帯」の地震活動を調査し、2001年6月に、「今後30年以内に断層全体が動くマグニチュード7・8の地震発生確率を0%と評価したのは一体なんだったのか。
また、岩手県が、政府の交付金でおこなった活断層調査でも、北上低地西縁断層帯の南側の「出店(でたな)断層帯」(長さ24キロ)で、今回とほぼ同じ規模の地震(マグニチュード7・3)がなんと、なんと300年以内に発生する確率を0%と評価。
あらあらあら、、、
ですね。
 
いずれにしても、
今回の地震で、活断層が動いたという事実をしっかりと踏まえて、
更なる調査、しかも綿密な調査をすることが求められます。

|

« EUフィルムデーズを終えて | トップページ | 不可能図形 »

コメント

 今回の地震は活断層ではなく、「逆断層」が動いたと言うことです。これは滅多にない事だそうで、津波の来るような海底を震源とするものとは全く異なっています。
 私の知り合いで、京大地震研究所の教授が近所に住んで居られ、こんな「花折れ断層」の真上には厭だと京都市内に引っ越しされました。
 そして、日本国中何処でも地震は起きるから、もう予知の研究より、防災に力を入れた方が予算の使い道の効率が良いと仰っていました。
 ことほど左様に、気象庁の地震速報が全く用をなしていないことでもお解りと思います。

投稿: hitoriyogari | 2008.06.16 16:16

hitoriyogari さん。
こんにちは。

そうですか。
京都も心配ですね。
「日本国中何処でも地震は起きるから、もう予知の研究より、防災に力を入れた方が予算の使い道の効率が良いと仰っていました。
 ことほど左様に、気象庁の地震速報が全く用をなしていない」

本当に仰るとおりですね。
防災も手薄です。
ハザードマップを一度、つくったことがあるのですが、
暗澹たる思いで作っていました。
どこもここも危険。
そして批難所がまたまた問題大あり。
本当に「神と仏」に祈るしかないのでしょうかね???

やれやれ。
です。

では、、、またね(^.^)


投稿: せとともこ | 2008.06.17 17:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/41540286

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手・宮城地震:

« EUフィルムデーズを終えて | トップページ | 不可能図形 »