« 食料サミット終わる | トップページ | やった!!!!!男子バレー »

2008.06.07

アイヌ民族:先住民決議

アイヌ民族:先住民決議が昨日、参議院で採択されました。
決議採択文は以下の通り。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
昨年9月、国連において「先住民族の権利に関する国際連合宣言」が、我が国も賛成する中で採択された。これはアイヌ民族の長年の悲願を映したものであり、同時に、その趣旨を体して具体的な行動をとることが、国連人権条約監視機関から我が国に求められている。

 我が国が近代化する過程において、多数のアイヌの人々が、法的には等しく国民でありながらも差別され、貧窮を余儀なくされたという歴史的事実を、私たちは厳粛に受け止めなければならない。

 全ての先住民族が、名誉と尊厳を保持し、その文化と誇りを次世代に継承していくことは、国際社会の潮流であり、また、こうした国際的な価値観を共有することは、我が国が21世紀の国際社会をリードしていくためにも不可欠である。

 特に本年7月に、環境サミットとも言われるG8サミットが、自然との共生を根幹とするアイヌ民族先住の地、北海道で開催されることは、誠に意義深い。

 政府は、これを機に次の施策を早急に講じるべきである。

 1 政府は、「先住民族の権利に関する国際連合宣言」を踏まえ、アイヌの人々を日本列島北部周辺、とりわけ北海道に先住し、独自の言語、宗教や文化の独自性を有する先住民族として認めること。

 2 政府は、「先住民族の権利に関する国際連合宣言」が採択されたことを機に、同宣言における関連条項を参照しつつ、高いレベルで有識者の意見を聞きながら、これまでのアイヌ政策をさらに推進し、総合的な施策の確立に取り組むこと。

 右決議する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

決議文の内容が、さらに実効あるものであることを願ってやみません。

先住民をwikipediaで調べたところ、今、世界で知られている先住民は14ありました。
ーーーーー
アイヌ
ウィルタ
ニヴフ(ギリヤーク)
インディアン・インディオ
ブラジルの先住民
台湾原住民
アボリジニ(オーストラリア先住民)
イヌイット
マオリ
チベット
サーミ
バスク人
ケルト人
琉球人 - 「民族」か否かには賛否両論がある。

wikipediaまま
ーーーーーーーーーーーーー

長い歴史の中で虐げられてきた民族、失われた文明も多々あったものと思われます。
が、
昨年9月、国連において「先住民族の権利に関する国際連合宣言」でも明らかにしているように、
先住民の方々の深い知恵と(なにしろ、その土地に住まわれて長いながい歴史があるのだから、土地のことは誰よりも知っている方々です)洞察を学び、
共に栄えて行く方向が見えてきたことは、本当に喜ばしいと私は思います。

|

« 食料サミット終わる | トップページ | やった!!!!!男子バレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/41451828

この記事へのトラックバック一覧です: アイヌ民族:先住民決議:

» 高鳴らない胸 [壊れる前に…]
6日に衆参両院で「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」が全会一致で決議されたと聞く。私はと言えば、前夜に家族が救急車で病院に運ばれるという慌ただしさの中でこのニュースに接したため、何とも遠い国の出来事のような感じしかしなかった。今、新聞記事を読み返したり、決議文を読み上げたりしてみても、何か物足りなく感じてしまう。 先住民族として認め(られ)ることが一里塚であることは確かだ。しかし、この文書はアイヌの権利を保障するための何ら具体的な政策提起も含んでいないし、歴史認識に言及こそするものの、... [続きを読む]

受信: 2008.06.09 00:01

« 食料サミット終わる | トップページ | やった!!!!!男子バレー »