« 今、やることは? | トップページ | 水着問題決着 »

2008.06.10

「時」について思ったこと

花無心招蝶    花 無心にして蝶を招き
蝶無心尋花    蝶 無心にして花を尋ぬ
花開時蝶来    花 開く時、蝶来り
蝶来時花開    蝶 来る時、花開く
吾亦不知人    吾れも亦人を知らず
人亦不知吾    人も亦吾れを知らず
不知従帝則    知らずして帝の則に従う

良寛の有名な詩です。
自然のはからいは無心であり「時」がくれば、
すべては、そのはからい通りになる。人はそんな自然のなすがままをただ受け入れ、
そして従いながら、己を見いだそう、、、

そんな良寛の思いが伝わります。

この思想はコヘレトの言葉に相通じるものがあるのでしょうか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

何事にも時があり
天の下の出来事にはすべて定められた時がある。
生まれる時、死ぬ時
植える時、植えたものを抜く時
殺す時、癒す時
破壊する時、建てる時
泣く時、笑う時
嘆く時、踊る時
石を放つ時、石を集める時
抱擁の時、抱擁を遠ざける時
求める時、失う時
保つ時、放つ時
裂く時、縫う時
黙する時、語る時
愛する時、憎む時
戦いの時、平和の時。(3:1~3:8)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

何事にも時があり
天の下の出来事にはすべて定められた時がある。と言うコヘレトの言葉。

一方、同じ自然の生業を認め受け入れながらも積極的に「今」に関わった人、と言えば、
やはり道元禅師、その人です。
〜〜〜而今の山水は、古佛の道現成なり。ともに法位に住して、究盡の功徳を成ぜり。〜〜
山水経にある有名な言葉です。
私は道元が好きで「正法眼蔵」となぜか「菜根譚」がすぐ手元にある日常です。
道元の「而今」は「今」であり「只今、ここ」です。
ただただ、感じる今を大切にと詠いながらも、
良寛と相通じるところがあり、コヘレトにも通じます。
「ただわが身をも心をもはなちわすれて、仏のいえになげいれて、仏のかたよりおこなわれて、これにしたがいゆくとき、ちからをもいれず、心をもついやさずして、生死をはなれて仏となる」と。

あるがままに、、、
ひたすらに、、、

そんな達観はまだまだ望めそうにはありませんが、
それでも、
そんな境地を目指すことが出来れば、、、
と、願っています。

|

« 今、やることは? | トップページ | 水着問題決着 »

コメント

 瀬戸サン、こんにちは。
 過去、現在、未来に関するエントリー、難しいながら慎重に読ませて頂きました。結果、「あるがままに生きよ」と言うことでしょうか。
 私のハンドルネームの経緯を言いますと、血液型がBの典型であり、余り他人の言うことを聴かず、自分がこうだと思ったら真面目に突き進む、よく言えば「信念の人」であり、悪く言えば「ひとりよがり」です。
 過去を冷静に見つめ、確信を持ったものを実行する(今は発言する)、などなど少しでも世界の未来に貢献出来れば本望です。
 それから今唄っているのは先ほど何曲か申し上げた通りの曲目です。変わっていません。

投稿: hitoriyogari | 2008.06.10 17:34

hitoriyogari さん。
こんにちは。
今日はお名前の由来をお教えいただきありがとうございました(^.^)

そうだったのですか、、、
私は「信念の人」に一票(^.^)

〜〜〜過去を冷静に見つめ、確信を持ったものを実行する(今は発言する)、などなど少しでも世界の未来に貢献出来れば本望です。〜〜〜〜

御意。
私もそうありたいと願っています(^.^)
お互いに頑張りましょう。
これからも末永く宜しくお願いいたします。

投稿: せとともこ | 2008.06.12 14:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/41491486

この記事へのトラックバック一覧です: 「時」について思ったこと:

« 今、やることは? | トップページ | 水着問題決着 »