« だれが源氏物語絵巻を描いたか | トップページ | 消費税玉虫発言 »

2008.06.25

六月  茨木のり子

六月

どこかに美しい村はないか
一日の仕事の終わりには一杯の黒麦酒
鍬を立てかけ 籠を置き
男も女も大きなジョッキをかたむける


どこかに美しい街はないか
食べられる実をつけた街路樹が
どこまでも続き すみれいろした夕暮は
若者のやさしいさざめきで満ち満ちる

どこかに美しい人と人との力はないか
同じ時代をともに生きる
鋭い力となって たちあらわれる

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
茨木のり子さんの「六月」です。

茨木さんが好きだから、
「わたしが一番きれいだったとき」
ぎらりと光るダイヤのような日
倚りかからず
と、エントリーで取り上げたことがあります。

もう一度(何度でも)読んでも、やはり「いい」。
これだけの感想しか出てきません。
「いい」


最後に「大人になるということは何か」、、、
考えさせられる、茨木風の詩を載せておきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
汲む —Y・Yに—    

大人になるというのは
すれっからしになることだと
思い込んでいた少女の頃
立居振舞の美しい
発音の正確な
素敵な女のひとと会いました
そのひとは私の背のびを見すかしたように
なにげない話に言いました

初々しさが大切なの
人に対しても世の中に対しても
人を人とも思わなくなったとき
堕落が始るのね 堕ちてゆくのを
隠そうとしても 隠せなくなった人を何人も見ました

私はどきんとして
そして深く悟りました

大人になってもどぎまぎしたっていいんだな
ぎこちない挨拶 醜く赤くなる
失語症 なめらかでないしぐさ
子供の悪態にさえ傷ついてしまう
頼りない生牡蠣のような感受性
それらを鍛える必要は少しもなかったのだな
年老いても咲きたての薔薇 柔らかく
外にむかってひらかれるのこそ難しい
あらゆる仕事
すべてのいい仕事の核には
震える弱いアンテナが隠されている きっと……
わたくしもかつてのあの人と同じくらいの年になりました

たちかえり
今もときどきその意味を
ひっそりと汲むことがあるのです

|

« だれが源氏物語絵巻を描いたか | トップページ | 消費税玉虫発言 »

コメント

瀬戸さま こんばんは。

どこかに美しい村はないか・・・

いいです、ホントに。茨城さん。
どの詩を観ても・・・
透明な光が頭に降り注いでくるようで
ゾクゾクッと震えてきます。

ではまた。

投稿: こば☆ふみ | 2008.06.25 21:33

「汲む —Y・Yに—」
突き刺さります。で、わたしはだいたいにおいてポップミュージックに引き寄せて考えるんですが、

初々しさが大切なの
人に対しても世の中に対しても
人を人とも思わなくなったとき
堕落が始るのね 堕ちてゆくのを

佐野元春の、歌詞だけじゃないシャウトの深さでも表されてる
♪つまらない大人にはなりたくない だな。

一方で、忌野清志郎の、
♪おとなだろ 勇気をだせよ
 おとなだろ 知ってることが
 誰にも言えないことばかりじゃ
 空がまた暗くなる
 悲しいときも 涙だけじゃ
 この空がまた暗くなる

山崎ハコの、
♪いろんなことをわかりたいよ
 君になることはできないけど
 感じていたい
 人の痛みを想像して
 気持ちを想う大きさがほしくて
 さりげなくね がんばるから
 優しく強く豊かになり
 決して孤独を感じさせないよう
 さりげなくね がんばるから

うん、どっちも同じことを言ってるのだな。
そんな大人になることが永遠のテーマです。

投稿: なめぴょん | 2008.06.25 23:58

こば☆ふみさん。
なめぴょんさん。
こんばんは。
コメントありがとうございました。


こば☆ふみさん。
お久しぶりです(^.^)
実は、茨木さんを書いていたとき、思い出していたのですよ、こば☆ふみさんを。
石垣さんがお好きで茨木さんがお好きなこば☆ふみさんを。
そうしたらコメントを頂けてとても嬉しく思っています(^.^)

本当に、言葉が放つ迫力を感じながら、、、
時代を思っています。


なめぴょんさん。
素敵な歌詞の数々、ありがとうございます。
貴方らしい優しさと気遣いを思いながら、
ご紹介の歌詞、そして歌、そのものを感じています、、、

なめぴょんさん。
大人になるとは、なんとも辛く儚く、そして地を這うようなものなのでしょうね、、、
超えることを願いながら、、、
様々な思いでいっぱいです。
さてさて、どうしたものか。

投稿: せとともこ | 2008.06.26 20:22

はじめまして。私は韓国で日本語を学んでいる学生です。
今度、うちの学校で茨木のり子様の六月を鑑賞し、朗讀しました。
ネットでいろんな所を探してみました。
参考になりました。ありがとうございます。
これからここに一杯来ます。^^

投稿: yejin | 2009.11.29 17:50

yejin さん。
こんばんは。
コメントありがとうございます。
しばらく出かけていたので、お返事おそくなりごめんなさい。

さて、とても嬉しくコメントを拝見いたしました。
そうですか、、、
韓国で日本語を勉強なさっているのですかo(*^▽^*)o
ワールドカップのおり、私も韓国に行き、観戦したのですが、あの折りは韓国の方々に本当に親切にしていただきました。
また、韓国のことなど、いろいろお教えくださいね。
これから折りにつけご意見やアドバイスなどいただけることを楽しみにしています。
では、、、またね。

投稿: せとともこ | 2009.11.30 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/41643703

この記事へのトラックバック一覧です: 六月  茨木のり子:

» 筆坂セクハラ事件に見る共産党の道徳感と弱点 [逝きし世の面影]
前回記事中での、「病的な潔癖症」の女性を共産党から追放やハードポルノの解禁は、半分ジョークですから、あまり真面目に反応しないように御願いします。 半分は本気ですが。(自爆) 2年前の筆坂セクハラ事件当時は、自民党山崎拓幹事長の変態報道や苫小牧市長や横山ノック知事の強制猥褻事件と保守政治家の性的退廃は目を覆うばかりのひどさ。 その延長線上に筆坂事件が取り上げられた。 しかも同じように『セクハラ』とマスコミでは報道されていた。 実に怪しからん話です。 山拓や苫小牧市長やノック等の保守政治家の話... [続きを読む]

受信: 2008.06.25 13:59

» 秋葉原の事件から見る宮崎勤の死刑執行 [逝きし世の面影]
『夢がワイドショーの独占だった25歳の犯人』 連日ワイドショウの報道枠で垂れ流し続けて、マスコミが犯人の夢の実現の手助けをしている。 もっと大事な沖縄県議選の結果や首相問責決議、NHKの従軍慰安婦報道を自民党が介入した問題の最高裁判決等大問題が目白押しなのに。なんとも腹が立つ。 よく似た事件が続発しています。『誰でも良かった』大量無差別殺人。 今年だけでも何件も起こっていますが、共通点は自殺をしたいが、一人では怖くて出来ない。 ネットを利用した見知らぬ他人との練炭による集団自殺事件の心理と共通... [続きを読む]

受信: 2008.06.26 18:12

» 檄文 [そいつは帽子だ!]
「泡瀬干潟を守る連絡会」 http://www.awase.net/ みなさん どうか泡瀬の干潟を守るために 手を貸してください 以下、賛同の署名のお願いです 「世界に誇れる泡瀬干潟と浅海の埋め立て中止を求める署名」 http://www.awase.net/maekawa/shomei.pdf 今 わたしらが生まれ..... [続きを読む]

受信: 2008.06.27 18:21

» 詩を選ぶ [再出発日記]
一人のひとひとりの男(ひと)を通してたくさんの異性に逢いました男のやさしさも こわさも弱々しさも 強さもだめさ加減や ずるさも育ててくれた厳しい先生もかわいい幼児も美しさも信じられないポカでさえ見せるともなく全部見せて下さいました二十五年間見るともなく全...... [続きを読む]

受信: 2008.06.27 22:50

« だれが源氏物語絵巻を描いたか | トップページ | 消費税玉虫発言 »