« 「時」について思ったこと | トップページ | 福田ビジョンに化石賞 »

2008.06.11

水着問題決着

スピード社製容認を正式決定 日本水泳連盟と言うことで、
注目を浴びていた水着問題にいっていの決着がついたようです。
これ自体は当然と言うか良いことです。
つまり、
選手の水着選択の自由を認めたことと言う意味で。

ただ気になるのは、
スピード社の「レーザー・レーサー」(LZR)について、「浮く感じ」がすると言う選手たちの印象と、記録の量産についてです。

8日まで行われた水泳のジャパンオープンでは、この水着で16個の日本記録が作られました。
その性能は「100メートルで0・5秒、200メートルで1秒ほど短縮できる」といわれていましたが、それ以上とも思える優位性があるのでは、、、ということです。
 
ルール上、国際水連(FINA)は、「浮力を与える用具」を禁止しています。
尤も、FINAは、世界記録が続出したのを受け、4月に再調査し、「浮力の優位性における科学的根拠はない」との短いコメントを発表しています。
なんら問題はないはずです。
が、
「技術のドーピングだ」や「着る薬物」と言う評価がいまだついて回っているとしたら、
それは選手たちにとって気の毒なことです。

実際、過去にも水着問題がありました。
それは、2000年のシドニー五輪の直前。
水着に溝をつけ抵抗を減らす「さめ肌水着」が開発され、それが一気に広がりました。
私もテレビでこの「さめ肌水着」を見ながら、なんとなく見た目の違和感を感じていたのです。
が、この水着によって同五輪では15個の世界新記録が生まれ、うち13個がこれを着用した選手たちでした。
ふぅ〜〜〜〜ん。
そうか、、、さめ肌水着っていいんだぁ、、、と漠然と思っていたことがあります。
ところが、五輪が終わって間もなく、その水着はあえなく使用禁止となりました。水着の表面の加工はよくない、との理由で。

その時は、そうだったのか、、、
と、これまた何も考えずに受け流したニュースだったのですが、
ここへきて、また「水着問題」が浮上。

ううううう〜〜〜〜ん。

と、唸ります。
一番、悩んでいるのは選手だろうとは思うのですが、、、

いずれにしても、
選手たちの努力と力が最高の形で実を結ぶためにも、
今後は、誰でもが分かり、納得するルールをしっかりと決めていただきたいものです。

|

« 「時」について思ったこと | トップページ | 福田ビジョンに化石賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/41500670

この記事へのトラックバック一覧です: 水着問題決着:

« 「時」について思ったこと | トップページ | 福田ビジョンに化石賞 »