« 消費者庁でCHANGEできるか? | トップページ | 中国のバス爆破事件 »

2008.07.22

社会保障2200億円圧縮

社会保障2200億円圧縮 公共事業3%減も継続と言う事で、来年度予算の行方が気になります。
うううう〜〜〜〜ん。
厳しい予算ですねぇ、、、


社会保障抑制路線は実に小泉内閣以来ずっと続いています。
2002年度の予算で社会保障の自然増を3000億円減。
それ以降毎年2200億円ずつ削減。
この2200億円の出所が凄い。
06年の「骨太方針」の取りまとめ役を務めた与謝野馨・経済財政相が言うには、
「率直に申し上げて、2200億円というのは紙の上で『エイヤ!』と切ったもので、実証的に検証した数字ではない」と最近雑誌で語ったのです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
与謝野 今の前原さんの指摘には同感です。私も「骨太の方針2006」の作成に携わったんですが、歳出削減の部分は党が書いた。率直に申し上げて、二二〇〇億円というのは紙の上で「エイヤ!」と切ったもので、実証的に検証した数字ではないのです。結果的に、かなりの無理がきています。
< a href="http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20080709-01-0501.html">自民と民主は本当に違うのか(その1) 座談会 与謝野 馨 前原誠司 田原総一朗より引用
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ううう〜〜〜〜ん。
エイヤだったのかぁ、、、
国民への社会保障削減は。
思いつき、エイヤ、、、
で、一体どれだけの人々が泣いている事か????
与謝野さん。

高齢者や母子家庭、生活に困窮した中小業者や若者など、社会保障の支えをもっとも必要とする人々が深刻な被害を受けている実態を貴方はどう捉えるのでしょう?
先日、私は役所に行って、
たまたま、生活保護の相談を受けに来た年配の男性が、係に大声をあげている様子を目にしました。
興奮してついに警察が来たのですが、
心の痛む光景でした。
役所の人たちも、冷たい対応、形での対応しかしないのですが、
だからと言って心痛まないかと言えばそうではなく、心苦しく相談者と対応している感もあります。
一方、相談者はそれはそれは必死です。
生活がかかっているのだから、、、
思わず、大きな声が出たのでしょう。
役所の人も、「相談者が興奮する事はままあるんです、、、」と私に言っていました。
相談する方は勿論、行政の側も、辛い。
日本のあちこちでこんなやり取りが繰り広げられているのかもしれいません。

社会保障費削減。
エイヤ、、、
と、紙の上で一振り。
その一振りのもとに、多くのおおくの国民が困窮に追いやられているのです。

医療、それも後期高齢者については深刻です。
歳を取ればあちこちと痛くなり病気になります。
誰だってそうです。
安心して医者に診察できないような制度になってきています。

また、母子家庭の生活保護や児童扶養手当を削減。
たちまちの生活にかかってきます。

社会保障と言えば次に出てくるのは消費税。
保障は下げる、税金は大いにとる、、、

一体、こんな政治が安心の政治だと福田さんは信じているのでしょうか???

もっと、もっと現実の生活を見てください、福田さん。
政府が率先垂範して社会保障を充実する方向でいくことが、
政治の大きな使命ではと私は思います。

|

« 消費者庁でCHANGEできるか? | トップページ | 中国のバス爆破事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/41932611

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保障2200億円圧縮:

» あなたが返済したお金が返ってくる可能性があります。 [過払い金返還請求]
「過払い金」という言葉を耳にしたことはありませんか?最近よく電車やネットでよく目にするようになりました。金融業者に返済し過ぎたお金を「過払い」と言います。債務整理と言うと、借り入れた人が金融業者に返済する交渉だと考えがちですが、私どもで扱っている債務整理の1〜2割は過払い、すなわち業者から過払金の返還を受ける交渉になっています。通常とは逆のお金の流れになるのです。簡単に言ってしまえば金融業者に返済し... [続きを読む]

受信: 2008.07.22 10:43

« 消費者庁でCHANGEできるか? | トップページ | 中国のバス爆破事件 »