« 草木染め | トップページ | ジョー・オダネル »

2008.08.07

最低賃金15円アップって?

最低賃金引き上げ、目安15円にと言うニュースをみました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最低賃金の引き上げ目安を決める中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)は6日、現在全国平均で時給687円の最低賃金について、引き上げ額の目安を時給15円にするとの答申をまとめた。昨年の14円を上回り、2年連続で2ケタの引き上げになった。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ううううう〜〜〜〜ん。

もう少し中身を検討。
上げ幅は4段階に分かれ、東京など5都府県がAの15円、
埼玉など10府県がBの11円、
北海道など16道県がCの10円、
青森など16県がDの7円。
また生活保護基準との逆転現象も考量とのこと。
つまり改正最低賃金法を受けて、最低賃金が生活保護費を下回る「逆転現象」がある12都道府県については上積みを求め、2〜5年以内に解消するよう指摘。
最低賃金と生活保護水準との差額は、神奈川が89円、東京80円、北海道53円、埼玉41円。
ただここで問題なのは、指標としている生活保護基準の取り方が自治体によって違う事です。
支給額が高い県庁所在地を外して県平均値を使ったうえ勤労控除を除くなど、生活保護水準を低く抑え込んでいるのが実態です。
いわば、現実には、すべての地域が生活保護を下回っているのです。
この点をしっかりと見ていく必要があります。

なにしろこの6月には、
「成長力底上げ戦略推進円卓会議」(政府と労使代表で構成)が、最低賃金2012年度までに小規模事業所の「高卒初任給の最も低い賃金」を目安に引き上げることで合意しているのです。
昨年11月に成立した改定最低賃金法は「生活保護との整合性に配慮する」との規定が盛り込まれ、今年の7月から施行。

そして賃金は上がらないのに税金や保険料の負担が増え、諸物価は高騰という現実にぶちあたっています。
野田聖子・消費者行政推進担当大臣は「賃金が上がっていないということが一番問題」と指摘しています。
また、与謝野馨・経済財政大臣は「正規雇用と非正規の賃金格差も考えないといけない」と言います。
政府も賃金を上げる事の急務を認識しながらも、
実際にという段になると、いろんな口実で渋ります。
が、
が、、、
もう、渋っていられる段階ではありません。
国民はもうスレスレのところ、ぎりぎりの線で頑張っています。
せめて最低賃金時給1000円の線まであげる事は国の責務と考えます。
 

|

« 草木染め | トップページ | ジョー・オダネル »

コメント

うれしい!もっと言うてちょうだい!

投稿: やっさん | 2008.08.07 18:22

やっさん。
初めまして。

本当に、もっともっと書きたいし、書くことができるうちに書きたいです。
やっさんも、またコメント書いてくださると嬉しく思います。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2008.08.08 12:39

厚生労働省 貧困率 最低賃金 民主党の対応は
◆厚生労働省が貧困率を発表
 この度、厚生労働省が初めて「相対的貧困率」※を発表(10/20)しました。当該数値は金融不況前の時点(07年)の為、現在はもう少し悪化していると思われます。これで厚生労働省の「日本に貧困は無い」と言ってきた主張はウソであると数値で明確に立証された訳です。従って、厚生労働省はこれまでの政策ミスを認め、新しい対策を立てるべきです。最低賃金が生活保護より安い地域の人々や、一生懸命働いていても貧困に陥ってしまう人々に対して、次の戦略を立てて実施すべきと考えます。日本の労働行政の間違いで拡大した“貧困率”に対してどう対応するのか、今、行政の責任が問われるべきです。
◆新政権が即実施検討すべきことは
 民主党の新政権はマニフェストに則り、即時“最低賃金の見直し”を実施検討すべきです。働けば貧困にはならない賃金、働いている人間が生活保護者より安い賃金、この二つの問題に対しては、即時検討と実施を望むものです。
詳細は下記をご覧下さい
◆人事総務部ブログ http://www.xn--3kq4dp1l5y0dq7t.jp/ もどうぞご覧ください。

投稿: 人事総務部 | 2009.11.01 10:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/42096561

この記事へのトラックバック一覧です: 最低賃金15円アップって?:

» 続、タミフル服用患者異常行動5割高率 [逝きし世の面影]
『今日の怒』 毎日新聞8月7日(社会部・関野正) インフルエンザ治療薬「タミフル』と異常行動との因果関係の調査で、厚生労働省研究班の解析過程の一部にミスがあったことが判りました。 同省は最終的な結論を出す安全対策調査会の開催を延期しています。 この調査では、此れまでも医師らから解析の誤りを指摘する声が上がっていました。 薬は命を守るもの。 調査結果を見誤り、万一、薬によって害が及ぶような事があっては本末転倒。 慎重な解析を望みます。 『タミフル疑惑』 タミフルは発病後の丁度良い... [続きを読む]

受信: 2008.08.08 07:24

« 草木染め | トップページ | ジョー・オダネル »