« 夕暮れの蝉の声を聞きながら | トップページ | 北京オリンピック前にテロ? »

2008.08.06

原爆63年目の日

何年経っても8月6日は「ヒロシマの日」。

私もブログを書き始めてから折りに触れ書いています、ヒロシマのこと、ナガサキのことを。
61回目の記念日
夾竹桃のうた
薄れていく記憶)。

就任後初めて被爆地を訪れた福田総理。
挨拶は「非核三原則を堅持し、核兵器の廃絶と恒久平和の実現に向けて、国際社会の先頭に立っていく」というものでした。

広島市で14万人以上、長崎市で7万人以上(いずれも同年末までの推計)の人命を奪い、
さらに生き残った人や捜索や救援のために入市した人、胎内被爆した人、人、人、、、
いまなお多くの人々が、入院や治療を余儀なくされています。

総理は言う、国際社会の先頭に立っていくと。
確かに、そうであってほしいと強く望みます。

キッシンジャー元国務長官やシュルツ元国務長官、ペリー元国防長官、ナン元上院軍事委員会委員長が「核兵器のない世界」のために行動を起こそうという声を挙げています。

原水爆禁止世界大会でも、2010年の核不拡散条約(NPT)再検討会議を控え、世界で核兵器廃絶の運動をどう強めていくかが話し合われ、世界に発信しようとしています。

こうした流れはもはや世界の世論となりつつあるのではと私は密かに期待しています。
ぜひ日本政府が率先垂範して国際社会を牽引していってもらいたいものです。

毎年、この時期に放送される被爆者の方々の実情。
私は広島に長く住んでいたので、知人や友人に被爆された方、胎内被爆の方が多くいらっしゃいました。
原爆症の認定裁判で闘っていらっしゃる方もいます。
ヒロシマは未だ「現在」です。
過去ではありません。
が、
未来にしてはいけない。
その思いを募らせることは一度や二度ではありませんでした。
政府は裁判で敗訴を重ねながら、あくまで被爆者と争うという態度をとり続けています。

福田さんは言う。
「非核三原則を堅持し、核兵器の廃絶と恒久平和の実現に向けて、国際社会の先頭に立っていく」と。
この言葉の重みをズシリと噛み締めて、
そして実行していただきたいものです、、、

今日8月6日は原爆63年目の日。

|

« 夕暮れの蝉の声を聞きながら | トップページ | 北京オリンピック前にテロ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/42081332

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆63年目の日:

« 夕暮れの蝉の声を聞きながら | トップページ | 北京オリンピック前にテロ? »