« 北京オリンピック前にテロ? | トップページ | 草木染め »

2008.08.06

オリンピックの影で

先の記事では、オリンピック開催にさいしてのテロの許しまじき野蛮な行動について書きました。

で、今度は、
そもそもの北京オリンピックについて。

昨日(8月5日)放送の報道ステーション“すべて北京に運べ”水を奪われる農民たち“水と緑豊かな五輪”の影で”を見て、考えてしまいました。
「こんなことならオリンピックなんて無くてもいいんじゃないか?」と。
一体、なんのためのオリンピックなんだろう???

そういえば、いつもの内田さん。
北京オリンピックに思うことと言う事で書いちゃってくれています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「中国人が北京オリンピックで失うものは、日本人が東京オリンピックで失ったものの10倍規模になるだろう」と予測している。私の実感もそれに近い。
中国の人々が北京オリンピックで失うものは私たちの想像を超えて巨大なものになるだろう。
こういう国家的イベントによって失われるものは「かたちのあるもの」ではない。むしろ、「かたちのないことが手柄であるようなもの」である。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
と述べ、これより内田さんは精神論へと進むのですが、
私は、先の報道を見て、「いえいえ形あるものでも十分失っていくと思います」と見えない内田さんに語りかけました。
内田さんは、オリンピックを機に北京から中国の前近代性をはしなくも露呈するような要素は一掃されるのであろうと書いていますが、
はしなくも露呈された要素とからみあって、さらに別の貧困や格差が出てくるのではないかと私は思います。

「中国の前近代性をはしなくも露呈するような要素」に対する哀惜と懐旧の気分もまた一掃されるのだとしたら、私は中国人に対して、その拙速を咎めたいと内田さんは、日本の軌跡を振り返り、
得たもの、失ったものの哀惜と懐旧から危惧しています。
が、
哀惜や懐旧さえも飲み込むくらい大きな亀裂がうまれるのではと私は心配です。
そして、これは、中国だけの問題ではなくオリンピック開催国が抱え込む問題、矛盾ではないかとテレビを見ながら考えました。

日本も東京オリンピック構想なんかで石原さんは地面に有害物質がたっぷり溶け込んでいると言われる豊洲に築地市場を移転する計画をたてています。
ここでも大きなものを犠牲にしようとしています。

華やかなオリンピックの成功のために、
なんと多くのものが目に見えて犠牲になっていくのだろう???
そんなハリボテのような華やかさを求めて私たちはオリンピックを見ているのではない。

菜根譚は教える。
「衰颯的景象、就在盛満中、発生的機緘、則在零落内」
読みは「衰颯(すいさつ)の景象(けいしょう)は、すなわち盛満のうちにあり、
発生の機緘(きかん)は、すなわち零落(れいらく)のうちにあり」です。
意味は〜〜〜ものごとが下り坂となる兆候は、隆々たる発展の絶頂において早くも現れてくる。
新しい成長への芽生えは、逆境のどん底の中から生じてくる。〜〜〜

華やかさの影にあるもの、
影から芽生えてくるもの、それは強烈なプラスのエネルギーでもあり負の遺産でもあるかもしれない、、、

と、言う事で、
今一度考える時かもしれない。
「オリンピックとは何か?」と。

|

« 北京オリンピック前にテロ? | トップページ | 草木染め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/42086342

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックの影で:

» 続、アポロ14号飛行士『アメリカは宇宙人を隠ぺいしている』(メモ) [逝きし世の面影]
[米国政府は宇宙人存在隠ぺい」 元宇宙飛行士「暴露」騒動拡大2008/7/28 J-CASTニュース 米航空宇宙局(NASA)の元宇宙飛行士が、ラジオ番組で「宇宙人が何度か人類に接触してきたが、政府はそれを隠蔽してきた」などと発言、タブロイド紙などで報じられた。さらに、ロイター通信などの「主流メディア」も「後追い」し、騒動が広がってきた。 「私たちのうち何人かは、一部の情報について説明を受けることができた」 「宇宙人発言」の主は、1971年に打ち上げられた「アポロ14号」に搭乗し... [続きを読む]

受信: 2008.08.06 19:59

« 北京オリンピック前にテロ? | トップページ | 草木染め »