« もう一つの安全もガラガラと崩れていくのか? | トップページ | イラク空自撤退 »

2008.09.11

7年目の9月11日

もう7年。
あれから7年なのですね。
アメリカ「同時多発テロ」。
あの時の事は今でもまざまざと思い出される方も多いと思います。

何年たっても傷は癒されない。
いや、時が経つほどに悲しみと怒りは大きくなるものかもしれない、、、

そうだろうと思います。

そして、その後繰り返される報復のテロ、テロテロ、、、の連鎖。
アフガニスタンやイラクでいまなお続いています。

ある意味、あれから世界の動きが変わりました。
「同時テロ」の翌日、ブッシュ大統領はテロを「米国への戦争行為」と呼び、この戦争で「勝利する」と明言。
勝利、、、、
7年経って、いまだ「同時テロ」の首謀者とされる人物の行方は分からない。
兵力増派に隣国パキスタンまで巻き込む越境攻撃。
アフガン国内ではアメリカの空爆が民間人に多数の犠牲者を出している現実。
 
アメリカはどうする????
もう、軍事力で解決できないことをアメリカ自らが知っている。
にも拘らずアメリカは立ち止まる事ができないのか?
アメリカ軍部のシンクタンクといえる「ランド研究所」の報告が記憶に新しい。
テロに「戦争」という観念をあてることで、戦場で問題の解決が見いだせるかのような幻想を抱かせたと、ブッシュ政権を批判したそれです。

世界も同時に変わってきました。
もう軍事力では手に負えない。
平和と対話で国際社会を構築しようという流れが大きく唸りだしています。


さてさて、そんな9月11日。
日本の政府は自民党総裁選で大忙し。
世界の動きや国民の生活。
そんなもの眼中になし、、、なのか?
マスコミも踊り、
候補者も踊り、、、
しかしテロ特措法や給油や自衛隊海外派兵や、思いやり予算は、
絶対にやりまっせ、、、という本音を隠しながらの昨日、今日です。


忘れてはならないことはなんだろう?
亡くなった方々の為にも、やるべきことはなんだろう?
伝える事は一つ。
軍事力による制裁や報復を、次代に渡さないということ。

もう、
憎しみの連鎖は断ち切ろうということ。
です。
戦争に勝利はない。
ということです。

改めて犠牲になられた方々のご冥福をお祈りしつつ、、、

|

« もう一つの安全もガラガラと崩れていくのか? | トップページ | イラク空自撤退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/42443318

この記事へのトラックバック一覧です: 7年目の9月11日:

» 1973年9月11日(火曜)チリの9・11 [逝きし世の面影]
2001年9月11日、噴煙をあげながら崩れ落ちるWTCビルの映像を見て、多くのチリ人たちが、それを28年前のモネーダ宮殿の姿に重ね合わせたと言う。 1973年9月11日は、アメリカCIAに支援されたピノチェト将軍率いる軍事クーデターで選挙で選ばれたアジェンデ左翼政権が崩壊する。 空軍機の爆撃を受けて炎上する大統領官邸(モネーダ宮殿)からアジェンデ大統領は最後のラジオ演説を行った直後に殺害される。 その時以来、チリでの「9・11」は、クーデタで行方知れずになった息子や恋人を思い起こす日であり、命を落... [続きを読む]

受信: 2008.09.12 10:54

« もう一つの安全もガラガラと崩れていくのか? | トップページ | イラク空自撤退 »